スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマイルプリキュア! 第19話「パパ、ありがとう! やよいのたからもの」

スマイルプリキュア!  DVD Vol.1スマイルプリキュア! DVD Vol.1
(2012/06/22)
福圓美里、田野アサミ 他

商品詳細を見る

「スマイルプリキュア!」はシリアス展開を避けているイメージがありましたが、それは見事に払拭されました。パパの日にちなんで、ヤヨイと父親の絆が強調されていましたね。もちろん、家族ですので、母親との繋がりも描かれています。ヤヨイが思い出そうと必死になりながら、ついには表層意識へと浮かびあがらせました。その時の光景が、素直に綺麗だなと魅入りました。辞書で調べてみた結果を発表して気まずい思い。そんな過程があったからこそ、パパとの約束をするシーンが輝いていたのでしょう。名前の由来を調べるというクラス課題があり、他のメンバーも父親に当たっていきます。ミユキたちの明るい調子が、逆にシリアスなイメージを盛りあげてくれています。砂糖に塩を少々加えると甘さが引きだされるといいますが、そんな感じかな。たまには、こういう雰囲気の回もいいなぁと思いました。

 ナオのパパに関する感想を。うほっ、いい男! ママさんは普通におばちゃんでしたけど、パパさんはカッコええなぁ。レイカさんところは、父親が祖父に頭上がらないイメージが濃いです。アカネさんところの会話を見て思ったのですが、具材の前で大声を出さぬ方がよいかと……。ツバが入ると、うっさいお客さんもおられますし。全員の名前がちゃんと考えられていて、へぇとボタンを押したくなるものでした。基本的に全員が後付けっぽいですけど。リアルにキャラ・ネーミングを考えたのは……子供の夢を壊すことは書かないでおきましょう。

 敵側は分かりやすいネーミングですね。アカオーニなんて、まんまですし。ウルフルンは姓名占いで怒っていたかな。孤独を愛する一匹狼って、他幹部と仲がいいですよね? 今回は、そつなく悪役仕事をこなしていた感じでした。折り紙のアカンベェは格闘タイプで、バトルもいつもよりも激しかったです。シリアスなシナリオに合ったバトル・シーンでした。ピース・サンダー時に吃驚しなくなったヤヨイに成長を感じました。

 次週はお休みです。透明人間になる話ですね。「夏色キセキ」では全裸でうろついていた透明少女。プリキュアではそんなハレンチ展開はないっすよ。剣道着を着てギャグ調だ。どたばたで面白そうですね。視えなくなっても悪戯はしないでしょう。ミユキちゃんはいい子ですから。わっと、驚かすぐらいならやりそうですけど。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/61019-8494.html




テーマ : スマイルプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。