スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長門有希ちゃんの消失」(感想)

長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)
(2010/02/04)
ぷよ

商品詳細を見る

 「涼宮ハルヒの消失」を元にしたスピンオフ作品かと思いきや、ある意味で別物でした。換骨奪胎されていて、普通にラブコメ・モード。そういう前提で読むと楽しめる(萌えられる?)かと思います。恋する乙女に、にやにやっと。長門有希は、ゲーム好きで大食い属性を得ています。ちょっとドジっ娘にチェンジ! デフォルメされたイラストは可愛いものがあります。キョンもセリフがクドくもなく、普通な感じになっています。朝倉さんは世話焼きの姉さんですが、元キャラを知っている分だけに、ぞっとする怖さを感じてしまいます。長髪ハルヒ&小泉は他校から遊びにくるようで。長門有希のキャラは変わっていますが、4巻で原作的なキャラに近づきます。一時的にですけど。

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。