スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

這いよれ!ニャル子さん 第12話「夢見るままに待ちいたり」(最終回)

這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 9 (GA文庫)
(2012/04/16)
逢空 万太

商品詳細を見る

 音速丸+ドラキーみたいのがラスボスでしたか。ガチ怪獣さんで、石化攻撃をしかけたようです。ウルトラマン・ティガもネタに入っていたようで(未視聴ですので、よく分からないところであります)。このアニメらしくて、敵さんの行動目的はエロゲーだという。ニャル子たちがドッキリを仕掛けたかなとも考えていましたけど、予想は外れちゃいましたか。独裁スィッチ+閉鎖空間で迷う主人公。ビューティフル・ドリーマーのパロという意見もありましたが、その辺はよく分かりませぬ。回想シーンが多くて、Aパートは総集編ぽさも感じられました。ナイトゴーントに襲われるシーンも、1話冒頭の使い回しかな?

 全体的な感想ですけど、連続してパロをつめこんでいますねぇ。特に平成ライダーというか、仮面ライダー電王。ちょっと昔にこういうパロアニメが流行りました。主人公クラスの女子がオタクキャラで、あちらこちらにパロが入っている感じの。クトゥルフよりも、そっち向きアニメです。クトゥルフ・ネタもあちらこちらに入っていますけど、ディープなところまでは突っこんでいまいかな。クトゥルフ系ガイドブックにも取りあげられたりもしますけど、超純粋クトゥルフ・マニアの方には期待せぬ方が吉です。ある意味では、フェイト・ゼロの方がクトゥルフ色が一部で濃かったりします。デモンベインのパロありましたけど、ニャルの敵なんですねぇ。

 軽いノリで楽しむべきアニメ。原作も、そんな感じでしょうか。同性愛ネタが妙に生々しいです。同性同士では、赤ちゃんはできないでしょう。後番組である「ゆるゆり」では、ライトな百合+空気ネタを楽しめます。主人公に好感がもてず、個人的には残念なところであります。助けてもらって、態度でかくDVなのがよくないっす。男女を逆にしても、それでもアウトでしょう。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/62512-f4f8.html




テーマ : 這いよれ!ニャル子さん - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

原作は知らないが、こういうのがアニメに向かない作品というのはよくわかった。
パロが多すぎてストーリー性が薄っぺらい。
なんだかんだで日常系よりストーリーがしっかりした作品のほうがアニメには向いている。
いつかちゃんとしたクトゥルフ作品のアニメが出て欲しいね。まあ、規制が問題だが。というかラノベでクトゥルフネタ扱ったストーリー作品あった?
ヒロインが萌えない作品も珍しい。性格がウザキャラなやつばかり。

ヘタにシリアスだったら見る人がいなくなるだろうと思いますけど…。しかし、ヘルシングの「諸君、私は戦争が好きだ」ネタが出てきたとは…。

No title

 majesticさん、レスありがとうございます。

 原作を読んだとはいっても2巻だけですが、アニメでは原作よりもパロづめになっていますね。個人的には、もう少し抑えた方がいいかと思います。

 「うちのメイドは不定形」(スマッシュ文庫)がありますね。最終回でもパロられていました。ショゴス+メイドさん萌えだといいます。持っていますけど、読んでいない状態。

No title

 ラヂオランチさん、レスありがとうございます。

 好みによりますね。ギャグっぽいアニメなら、9話までギャグ展開にして、10~11話でシリアスやって、最終回でギャグ着陸するのが定番かな。ヘルシングもありましたね。懐かしネタも多いですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。