スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏色キセキ 第12話「終わらないナツヤスミ」(最終回)

夏色キセキ(1) (ヤングガンガンコミックス)夏色キセキ(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/05/25)
たつひこ

商品詳細を見る

 終ってほしくないという願望は、いざ叶ってしまうと……。オーディションの日が、延々と繰りかえされていきます。オーディションに向かわずに、予想通りに遊びだしました。友達と一緒にいつづけたいという願いは聞きいれられましたが、このままじゃ停滞してしまいます。そのうちに、遊ぶ気力もなくなっていくかも。それではいけないと、奇跡を置いていく決心をしました。奇跡に頼った生活は思い出に残して、みんなで前へと向かっていく。そんな感じがしました。保護者組も御石様のお世話になっていた? 彼女たちに、逢沢たちの将来が垣間見えます。御石様により引きおこされたドタバタも少女時代のメモリーになっていくのでしょう。この回を観ていれば、【エンドレス・エイト】は2話でやれただろうと感じられます。

 ほのぼのとしたドタバタ物語だなぁ。全体視聴して、そういう印象を受けました。少女たちの日常ドラマに、御石様の力が加わることにより、非日常物語と化します。空想が実現してしまうけど、思いもよらぬ方向へと願いが叶ってしまう時もあり。ドタバタに拍車がかかるわけですね。まるで夢を見ているかのような生活です。「目を覚まして、日常へ帰ってきなさい」とも、母様は言いたかったのかな。水越 紗季の引越しについても整理がついて、物語はソフトに着地していきました。4人ずっと仲良くは、できれば十分に奇跡ですよ。

 キャラとしては、花木 優香が印象に残ります。ムードメーカーで、実際にいればウザイと感じてしまうかも。まぁ、手がかかりそうな我がまま娘さんですねぇ。親しくなれれば、憎めない感じ? 主人公たちには、プリキュアっぽいという第一印象を受けました。スフィアのプッシュ・アニメとか言われていましたけど、そちらは気になりませんでした。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/tbs62912-316c.html




テーマ : 夏色キセキ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。