スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレツ宇宙海賊 第26話「そして、海賊は行く」(最終回)

モーレツ宇宙海賊 1(通常版) [Blu-ray]モーレツ宇宙海賊 1(通常版) [Blu-ray]
(2012/03/07)
小松未可子、花澤香菜 他

商品詳細を見る

 ちょっと古い感じのアニメだなぁという第一印象を受けたものの、毎週のように視聴しているうちに、じわじわとはまってきました。2クール終って、物語をここまで味わったとすっきりしている気分です。元気な娘さんが活躍する話でしたね。活発な少女が多くて、楽しそうなこと。ヨット部の面々は、萌えよりも個性を意識した感じかな。海賊とはいっても、ショーサービスみたいな活動を繰りかえしているようでした。ゆえに、予想以上に平和的な展開が続いていました。最後は派手なバトルになっちゃいましたが。ロボット兵との戦闘シーンが、どこかスターウォーズのようだ。劇場版があるようですね? テレビアニメであそこまでやるなら、映画館ではどこまでいくでしょうか?

 加藤 茉莉香も前向きで、どんどん進んでいくタイプ。作風全体に広がっていますね。個人的には、チアキ・クリハラの方が印象に残りました。黒髪のロングヘアー。色白の眼鏡っ子。中身はといえば、父親譲りのじゃじゃ馬さんです。予想するに、容姿は母親似でしょうか。喋りに荒い部分がありますね。茉莉香に対して、ツンデレ属性も持っているようです。観ていて面白い娘さんです。意外に可愛らしいところもあり。他に印象に残ったキャラは、クーリエさん。お洒落モードよりも、ぐるぐる眼鏡モードの方が好みですな。オタクっぽい技術屋さんたちの気持ちが分かります。足でキーボードを叩いている姿が、起用すぎる。

 原作は、朝日ノベルズから出ていますか。SFライトノベル。「ミニスカ宇宙海賊」というタイトルから変更しているようです。「モーレツ宇宙海賊」の方がパワフル爆発な雰囲気がしますね。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/tokyomx63026-c5.html




テーマ : モーレツ宇宙海賊 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。