スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるゆり 第2話「ゆるゆりなる日々なるなり」

ゆるゆり コミックアンソロジー  VOL.5 (DNAメディアコミックス)ゆるゆり コミックアンソロジー  VOL.5 (DNAメディアコミックス)
(2012/06/25)
アンソロジー

商品詳細を見る

 アッカリーンの出番が1話のみという悲劇は免れましたけど、アバンでの挨拶が中断されてしまいましたね。脇役としては、けっこう出番があったように思います。あかりはババヌキが苦手。ポーカーフェイスができない子のようです。オロオロ顔は可愛らしかったですが、ニマニマ顔がきもかった。大仰に泣きさけぶ声は、仄かな萌え感じるものであります。この子は喋りぶりが良いんだよ。Eカードをプレイすれば、あっけなく敗北してしまいそうですね。対照的に、結衣は笑えるほどに無表情を保っていました。友達同士のニックネームを提案しますが、本人はアッカリーンは受けいれていなさそう。それがベストだと思いますけど。赤ちゃんと愛称つけられた時の反応もよしっ! バブーッ!

 京子は勉強に集中できないタイプだなぁ。目前に親友がいれば、仕方がないですか。結衣が読んでいたのは「百合姫」ですか。今度、半額になるらしいですので試しに買ってみますか。いつも通りに騒がしい子でした。独り漫才は、どこかシュールでした。某仮想大会にて、1人で小者芸を続けているオッサンのようだ。風邪予防では無駄に燃えていましたが、無謀なる寒風摩擦で風邪を引いてしまいました。野外での上半身裸は、覗きさんに気をつけましょう。リアルでは夏ですので、真冬の寒さが想像しにくいです。ストーブやマフラーを見ると、うへぇとなりそう。

 生徒会では、蛇を捕まえていました。紛らわしいネタは、速攻で分かります。本気でしたら、「ゆるゆり」じゃなくなっちゃいますし。「まじゆり」とか、薄い本がありそうな予感。蛇は見たことありますけど、積極的に触りたくはないですね。女子校ですので、女子が蛇に対処しなければなりませぬ。毒蛇だと危ないなぁ。ごらく部ではGが飛んでいました。個人的には、昆虫族モンスターの方が苦手なんだ。おでこに止まるのは、きつすぎますわ。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/70902-8848.html




テーマ : ゆるゆり - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。