スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第14話「Arrestation;策略」

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)
(2009/10/10)
川原 礫

商品詳細を見る

 OPがカッコよく変わりましたね。新たなる敵は、能美のようです。大人しそうな少年ですが、中身は下衆であります。小知恵が回る分だけに、荒谷よりタチの悪い敵でした。リアルでの中学生事件が酷すぎて、能美がマシに見えてしまいます。写真にウイルスを仕込んで、ハルユキを覗き犯罪者に仕立てようと画策。これが上手くいかなかったとしても、もっと巧みなトラップを仕掛けているようで。ハルユキも、ホイホイと誘いに乗っている印象を受けました。迂闊な部分があったかもしれませんけど、この世界のウイルスは怖いとも感じました。ネットが生活密着している分だけ、被害もダイレクトになっていそうです。弱みを握られてしまい、脅迫されていく危機。どうすれば抜けられるところでしょうか。

 黒雪姫が見せてくれた、レベル9のみに許された特殊コマンド。その下位互換があったようです。飛散する青汁ぽい液体を、コップでキャッチ。タクムが披露してくれました。生身の動きを加速する反則技。バースト・ポイントを5ポイント使用するそうです。能美はこれを使用していたのですね。タクムも過去に頼りすぎて、剣道で勝っていたようです。だから、バースト・ポイントが足りなくなって、黒雪姫を襲撃していたのですか。落ちこむタクムでしたが、チユに精神治癒されました。あの言い方が正しいのかはさておいて、何とか励ませましたね。バースト・ポイントの消費量よりも、筋肉への過剰負担が気にかかるところです。

 加速世界でのバトルもありました。これを使えば、荒谷にも勝てたかもしれませぬ。プレイヤー同士では、能美が上手なようです。ハルユキは殴られてしまいました。監視カメラに撮られていないか考えましたけど、何とか誤魔化しているのでしょう。ハルユキ&チユだけでは、どうにもならない状況。何だ、タクムか……と言われていたタクムの出番です。

 アンラッキースケベ・シーンが、また凄かった……。




http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/71314-3ea3.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。