スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第15話「Destruction;崩壊」

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)
(2009/10/10)
川原 礫

商品詳細を見る

 強奪系の能力とは、こりゃまた厄介ですね。遊戯王ZEXALでも、そんなモンスターが登場したばかりでした。相手モンスターの効果を奪って、攻撃してくるモンスター・エクシーズ。ダスク・テイカーの方は永続的に能力を得ますので、やられてしまった方はたまったもんじゃないです。ストック制限があるとはいえ、複数のアビリティーを組みあわせたりもできるようです。中ボスとしては強敵ですね。起用貧乏になりがちで、大ボスには向かない能力者かと思います。プレイヤーも下衆そのものですし。墓場フィールドと触手がグロテスクさを備えてくれます。ハルユキも威勢良くボッコにしましたが、デモニック・コマンディアを喰らって徹底的な敗北。パンチ押しを続けていたら良かったのに。

 文庫本2巻分に相当する冒険をこなして、ハルユキは成長したかと思っていました。根っこに広がっている卑屈さは簡単に消滅しないですね。ウィングを失うという絶望で、感情が爆発してしまいました。脅迫されてしまい、タクムに相談できない状態。チユも黙っていましたか。タクムも気がつくはずですので、手を差しのべます。そこでの、ハルユキの態度がウツモノでした。八つ当たりにも見えてしまいますが。黒雪姫先輩に惚れたからとか、言っていることが酷かったです。泣きながら殴ってしまったタクムが可哀想でした。荒谷に虐められていたときも、チユの助けを拒絶しましたね。似たようなことを繰り返しているようにも感じられてしまいます。

 じめじめした展開が続いていた中、アッシュの兄貴ぶりに癒されました。こんな良い性格をしていましたっけ? 対戦相手とはいえ、人間関係が結ばれると情を感じるのでしょう。シルバー・クロウの勇姿に対して、敬意を感じた雰囲気もあります。中の人を見てみたいです。リーゼントを決めた兄貴ではないでしょう。意外に大人しい優少年だったりして。勝負をドローにして、師匠の所にまで連れていってくれました。ハルユキが立ちあがれるキッカケを得られるでしょうか?





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/72015-5636.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。