スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第15話「十文字事件」

氷菓 通常版 第1巻 [DVD]氷菓 通常版 第1巻 [DVD]
(2012/06/29)
中村悠一、佐藤聡美 他

商品詳細を見る

 学園祭が始まってから、ちょくちょくと発生する盗難事件。十文字事件を解決するために、折木 奉太郎は動きだしました。というか、えるの好奇心に圧されてしまいました。「ABC殺人事件」を元にしたようですね。古典原作は読んでいませんけど、名前の頭文字を基準に盗みを働いているのが分かりました。「あ」から始まり、「こ」で終る。古典部が最後の標的となるようです。里志が現行犯逮捕を狙って奇術部に張りこむも、最初から盗まれていたようです。既にキャンドルが失くなっていた。こんな暇なことをやらかした犯人は、どういった人物でしょうか? 学園祭の準備期間中に、うろちょろと盗難活動をしていたのでしょうか。奉太郎は探偵役として、彼に対抗心を抱いている里志は刑事役として動くようです。

 伊原 摩耶花は「ひみつのあっこちゃん」のコスプレをしていたようですね。コスプレというと、物を投げつけられてしまいます。漫画は好きですけど、ヲタと一緒にされるのは嫌という感じかな。漫画研究会では、ボーカロイド組と険悪なようです。ボーカロイドのイメージが悪くなりそうな迫るシーンでした。庇ってくれる人がいなければ、退部してもおかしくない状況ですね。古典部の方が居心地よくなってきそう。奉太郎も認めていっているようですしね。こちらも背後で何かあり、漫画研究会の展開も面白くなってきました。

 入須 冬実の教えを、えるが実戦。奉太郎にではなく、壁新聞部の人相手でした。一歩間違えれば気があるのかなと勘違いされかねないか心配なところ。入須の教えを消化せずに、そのまま不器用に使っている感じでした。相手も意味が分からずに困惑していました。そりゃそうですね。可愛いけど、よく分からない子扱いされてしまいますね。十文字事件について情報提供し、壁新聞に小さく古典部の名称を載せられましたが、成功と言えるのかな? あれじゃ、目立たないですから。

 学園祭の1日が終了して、みなさん疲れたようですね。米澤 穂信氏つながりで、小市民シリーズを読んでみましたけど、こちらも日常に潜む推理物で面白かったです。主人公&ヒロインが古典部と違い新鮮でした。こちらのヒロインは外見が幼いですが、なかなか企む娘です。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/72215-463f.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65697957.html
http://twodimension.net/archives/2012/0803_070009.shtml




テーマ : 氷菓 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。