スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CROSS-31 サイコ・ショッカーからの挑戦状

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX DVDシリーズ DUEL BOX 14遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX DVDシリーズ DUEL BOX 14
(2008/07/16)
KENN、小林沙苗 他

商品詳細を見る

 以前に作ったオリカ・シリーズを使用します。

「WDGP予選で連戦連勝を続けているって? 凄いじゃないか、ルア。スターチップ3種類も集まっているのなら、予選突破もいけるんじゃないのか」

「5種類そろえても、バトルロワイヤルを抜けなきゃいけないけどね。太郎たちも参加すればよかったのに。《眠れる巨人 ズシン》で遊星たちを追いつめたぐらい強いのに、勿体ないよ」

「俺たちは、WRGPで限界まで全力を出しきったんだ。それに、WDGPのルールでは、手持ちのカードで勝抜くのも難しい。農業に精を注ぎながら、俺たち3人は充実した生活を送っている。どれだけ美味しい野菜を作れるか。実家の手伝いを漫然としていたけど、今では親父たちから学びながらコツコツと頑張っている。ジンも、ヨシも。デュエルよりも打ちこめるものを見つけたんだ。いや、確認したの方が正しいかな。ルアの活躍は、遠くからテレビで確認させてもらうよ」

「デュエルよりか……。アキ姉ちゃんも、医者を目指すとか言っていたな……」

「やりたいことを見つけるのは大変だけど、楽しいものさ。ルアもそういう壁に当たっていくだろうな。今はWDGPを悔いを残さないように打ちこむんだ。俺も偉そうなことを言えないけど、そうすると違ったものが見えてくると思う。応援しているよ」

「うん、頑張るよ。ありがとう、太郎」

 遊星たちと激戦を繰りひろげたチーム太陽。ひょんなことから出会って、彼らのD・ホイールを遊星に修理してもらった。こうやってテレビ電話で会話したりする仲になっている。ディスプレイに映っている太郎は、首にタオルを巻いているジャージ姿。日焼けも濃くなっている。

「なんだか、太郎って大人みたいになっているね。カッコいい」

「ルアも男らしくなってきている。いい表情に引締まってきているよ」

 嬉しそうに太郎がはにかんだ。勇気を貰えたようで、へとへとな疲れはどこかに飛んでいったみたい。吉蔵と甚兵衛も部屋にいたようで、ちょっとだけ喋った。きつい態度をとっていた甚兵衛は丸くなっており、吉蔵は相変わらず遊星の様子を訊いてくる。チーム太陽の仲間まである《キーメイス》に《手をつなぐ魔人》は大切にされているようだ。ずっと電話していると、ルカに叱られた。



 WDGP2日目も天気最高で、街はにぎやかだ。アキ姉ちゃんとも電話したけど、右手にサインのあるデュエリストに遭ったらしい。マリク・イシュタールについて教えたら、深刻な空気になった。この大会には不穏な気配が漂っているから、あなたたちも気をつけなさい。そう忠告された。もう1つ重要な話。アキ姉ちゃんは、ダルク姉ちゃんとデュエルをしたらしい。勝てたけど、かなり苦戦したようだ。オレも逢いたい。大会に参加しているということは、勝進めれば顔合わせられるだろう。

「ルア。あそこで戦っているのはスライくんじゃないかしら。行ってみよう」

 ルカと2人で走っていった。ルカは元気回復したようで、今は普通に歩いている。そんなわけで、オレは軽量D・ボードを担ぎながらの移動。8階建ての電器屋ビルディングがそびえている。ギャラリーはまばらなので、前へ出るのは簡単だ。スライが忍者みたいな決闘者とデュエルしている。

 予選ルールでは、戦う場所により、自動的にフィールド魔法が発動されるようだ。そのカードは破壊できず、新たなフィールド魔法も発動できない。ここでは《エレキャッスル》が発動されている。キラキラに輝いている玩具みたいな城が、ででーんと建っている。

「そういえば、男子たちが《エレキ》を集めていたね」

「オレには《D》がいるけど、天兵も《エレキ》を集めていたね」

 今朝に電話をしたら、天兵は元気そうにしていた。タイタンとのデュエルで受けたダメージは、思ったよりも酷くなかったようだ。合流したら応援してくれる。デュエル・ディスクを確認しているルカが息を飲みこんだ。袖を引張ってきて、心配そうに話しかけてくる。

「登録名を確認したら猪爪誠って出てきたけど、右手を見て。例のサインが刻まれている」

 本当だ。髪で片目が隠れている兄ちゃんが、ニヤリとオレを睨んできた。赤いマフラーが、強めの風に揺れている。スライもオレに気づいているけど、態度はそっけない。ずっとオレが勝ちまくっているから、苛ついているようだ。伊集院セクトやタイタンみたいな危なさは感じられないから、ちょっとだけ安心。友達を応援しながら、デュエルの様子を見ていこう。



【2ターン目:誠】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
スライ:《エレキツネザル:攻撃力800・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《平和の使者》&永続魔法《エレキュア》を発動している。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

フィールド魔法《エレキャッスル》が強制発動中。



「永続魔法《平和の使者》か。攻撃力1500以上のモンスターは攻撃できねぇ。《エレキツネザル》を戦闘破壊すると、次のバトルフェイズをスキップされてしまう。《エレキャッスル》の効果で、攻撃モンスターのパワーも1000ポイント下がる。こいつは厄介だな。俺のターン、ドロー」

「《人造人間-サイコ・リターナー:攻撃力600・Lv3》を召喚。手札から速攻魔法《サイキック・ウェーブ》を発動。デッキから《人造人間-サイコ・ショッカー》を墓地に送り、相手ライフに600ポイントのダメージを与える。さらに、《人造人間-サイコ・リターナー》でダイレクト・アタック!」

 《人造人間-サイコ・ショッカー》をちっちゃくしたようなモンスターが、跳びあがり、どす黒いエネルギー弾を連発した。スライを殴りつけ、そのライフを2800ポイントにまで減らしていく。

「カード2枚をセットして、ターンエンドだ」



【3ターン目:スライ】LP2800、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
スライ:《エレキツネザル:攻撃力800・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《平和の使者》&永続魔法《エレキュア》を発動している。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

誠:《人造人間-サイコ・リターナー:攻撃力600・Lv3》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

フィールド魔法《エレキャッスル》が強制発動中。


「俺のターン、ドロー。《平和の使者》の維持コストとして、ライフを100ポイント払う。《エレキングコブラ:攻撃力1000・Lv4》を召喚。さらに、永続罠《エレキャノン》を発動する。レベル4以下の雷族モンスターの召喚により、相手ライフに600ポイントのダメージを与える」

「相手が罠カードを発動したことにより、手札の魔法カード《トラップ・リクエスト》を捨て、罠カード《サイキック・ショックウェーブ》を発動するぜ。デッキから《人造人間-サイコ・ショッカー:攻撃力2400・Lv6・闇・機械族》を攻撃表示で特殊召喚する」

 伝説級のモンスター《人造人間-サイコ・ショッカー》。そのモンスター効果により、罠カードである《エレキャノン》が無効にされてしまう。スライが歯を鳴らして、前へと乗りだした。

「《エレキツネザル》で《人造人間-サイコ・リターナー》を攻撃する。さらに、《エレキングコブラ》でダイレクト・アタック。自分フィールドの雷族モンスターが戦闘ダメージを与えたとき、《エレキュア》の効果で、その数値分だけ自分ライフを回復する」

 《エレキツネザル》が《人造人間-サイコ・リターナー》に跳びかかり、引っかきたおした。200ポイントの戦闘ダメージだ。《エレキングコブラ》が稲妻のごとき勢いでダッシュ。猪爪誠に体当たりして、1000ポイントの戦闘ダメージを与えた。《エレキュア》により、ライフが1200ポイント回復。これで、スライのライフは3900ポイントにまで戻ったはずだ。《エレキングコブラ》が戦闘ダメージを与えたことにより、デッキから《エレキ》1枚もサーチできる。スライは自信ありげにエンド宣言をした。



【4ターン目:誠】LP2800、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
スライ:《エレキングコブラ:攻撃力1000・Lv4》&《エレキツネザル:攻撃力800・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《平和の使者》&永続魔法《エレキュア》&永続罠《エレキャノン》を発動している。

誠:《人造人間-サイコ・ショッカー:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

フィールド魔法《エレキャッスル》が強制発動中。


「俺のターン、ドロー。《平和の使者》に守られて安心しているんだろう。ボクちゃん? そうはいかないって教えてやるよ。《人造人間-サイコ・ショッカー》を選択して、魔法カード《サイコ・クラッシャー》を発動。相手の手札&フィールドの魔法カード全てを破壊し、破壊したカード1枚につき300ポイントのダメージを与える。このターン、選択したモンスターは攻撃できなくなるがな」

 《人造人間-サイコ・ショッカー》が高速回転。オーラを輝かせながら、スライのフィールドへと頭から突っこんだ。竜巻が伸びあがって、スライを食べようとしている蛇のようだ。爆発するかのように、《平和の使者》&《エレキュア》が吹きとぶ。手札にあった魔法カード《エレキー》も破壊されたみたいだ。合計900ポイントのダメージが、スライに襲いかかる。

「《人造人間-サイコ・ショッカー》を墓地に送り、手札から《人造人間-サイコ・ロード:攻撃力2600・Lv8》を特殊召喚する。《人造人間-サイコ・ロード》のモンスター効果を発動。《エレキャノン》を破壊し、300ポイントのダメージを与える」

 《人造人間-サイコ・ロード》の三眼から光線が発射された。地を走りぬけ、《エレキャノン》を焼きつくす。スライのライフは2700ポイントにまで減らされた。

「罠カード《電脳回復機》を発動。墓地から《人造人間-サイコ・ショッカー:攻撃力2400・Lv6》を特殊召喚する。このカードはモンスター効果により無効にされない。《人造人間-サイコ・ショッカー》と《人造人間-サイコ・ロード》で攻撃。《エレキャッスル》の効果でパワーダウンは免れないだろうが、このターンで勝負はつく。サイバー・エナジー・インパクト!」

 2体の人造人間が、闇球を大きくしていった。ぱちぱちと紫電が散る。同時タイミングで発射されて、2体の《エレキ・モンスター》は消滅させられた。ライフは0ポイントになり、スライは倒れこんだ。目が合ったけど、舌打ちをして逸らされた。投げおろした拳が力んでいる。



「はっ! 雑魚を相手にして、ネオ・サイコ流のデッキ調整は終えたぜ。このデッキならばサイバー流への復讐も易い。その前に、スフィンクスの命だ。シグナーを倒さなければな」

 ぎらりとオレを睨んできた。右手のサインが、鈍く輝いている。

「友達のことを雑魚って言ったな!? 謝れ!」

「俺に勝てれば、そうしてやるよ。子供相手でも容赦はしない。闇のデュエルを覚悟するんだな。せっかくだから、ライディング・デュエルで勝負をしてもらう。こちらの方が趣があるものだ」

「いいよ。ライディング・デュエルで受けてやるよ。そして、お前を倒す!」

 何を企んでいるのかは知らないけど、どんなデッキが相手でも勝つからね。デッキをライディング用に変更だ。《Sp-アクセル・パイル》に、そのパワーアップ・ヴァージョンを投入していく。ルカが心配そうにしていたけど、進むんだ。横を通りすぎるときに、スライがぼそっと声をかけてきた。

「勝てよ。ルア……」



『デュエル!』



 てっきりD・ホィールに乗るのかなと思えば、向こうもD・ボードを使用している。真黒なサーフボートみたいな感じだ。スピードも、オレのよりも圧倒的に速い。ファーストコーナーは見事に奪われてしまった。強風が吹きこんできて、操作にプレッシャーがかかってしまう。それ以上に、猪爪誠から不気味なオーラが流れこんでくる。全身が震えてしまうけど、ここは気合だっ!



【1ターン目:誠】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「俺の先攻、ドロー。モンスター1体をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:ルア】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
誠:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。

スピード・カウンター:誠&ルア+1


「オレのターン、ドロー。《アーマード・ホワイトベアー:攻撃力1800・Lv4》を召喚。伏せモンスターに攻撃するよ」

 《アーマード・ホワイトベアー》が太腕を振りかざして、《人造人間-サイコ・キューブ:守備力1000・Lv2・チューナー》を砕いた。立方体の不思議金属に、《人造人間-サイコ・ショッカー》の顔がくっついている。不気味なモンスターだ。ホラー映画に出てきそう。

「《人造人間-サイコ・キューブ》が戦闘破壊されたことにより、デッキからレベル4以下の《人造人間-サイコ・レイザー:攻撃力1800・Lv4》を攻撃表示で特殊召喚する。このカードは場に存在するかぎり、互いのプレイヤーは相手ターンに罠カードを発動できない」

 《人造人間-サイコ・ショッカー》が痩せたようなモンスターで、黒皮服を着ている。

「せっかく倒したのに……。ターンエンド」



【3ターン目:誠】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
誠:《人造人間-サイコ・レイザー:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。

ルア:《アーマード・ホワイトベアー:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。

スピード・カウンター:誠&ルア+2


「俺のターン、ドロー。《人造人間-サイコ・レイザー》は、フィールドと墓地では《人造人間-サイコ・ショッカー》として扱う。このカードを墓地に送り、手札から《人造人間-サイコ・ロード:攻撃力2600・Lv8》を攻撃表示で特殊召喚」

「《人造人間-サイコ・キューブ:攻撃力1000・Lv2・チューナー》を召喚。墓地の《人造人間-サイコ・キューブ》を除外して、モンスター効果を発動する。手札から《人造人間ーサイコ・ショッカー:攻撃力2400・Lv6》を特殊召喚する。見せてやるよ。サイコ流、至高のモンスターを!」

「レベル6《サイコ・ショッカー》に、レベル2《サイコ・キューブ》をチューニング!」

 まさか、さらに上のシンクロ・モンスターが出てくるのか。





【エピソード3-WDGP予選編・その15】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

サイコ・ショッカーが戦闘破壊されたって書いてある。サイコ・キューブの間違いじゃない。
サイコ・ショッカーは今だと全く使われないね。効果は強力だが同じ条件なら除去が可能な帝や場持ちのいいマテリアルドラゴンが優先されるという。

デュエリストエディション3、4のリスト見た?キングのカードが大量にハブられている!なんか悲しい・。クセがあって使い辛いのが多いけど使えるカードも多いのに。

No title

 majesticさん、ご指摘ありがとうございます。早速、訂正しました。

 《人造人間-サイコ・ショッカー》は初期で強力なカードでしたけど(デッキに入れる上級モンスターの筆頭)、今では姿を見せる機会が減りましたね。当初から、攻撃される場合に罠カードで防げなくなるという弱点は見抜かれていました。《サイコ・ロード》が出ましたけど、物足りませんので過去に製作したオリカシリーズを大量投入しました。

 再収録で絞られたようですね。ジャックにはアニメオリカの突然の収録に期待してみたり。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。