スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第18話「Invitation;挑戦」

アクセル・ワールド〈4〉蒼空への飛翔 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈4〉蒼空への飛翔 (電撃文庫)
(2010/02/10)
川原 礫

商品詳細を見る

 能美 征二との戦いは置いておいて、沖縄での物語が進行します。時系列順で話が進んでいくのですね。若宮 恵と仲がよさそうで、百合要素も入れられる感じかな。あくまでも親友という範囲内でのことですけど。文学部に入っているようで、恵は話しっぷりからしてバースト・リンカーに関係がありそうです。というか、「アクセル・ワールド」のキャラは基本的にバーストリンカーの関係者でしょう。どうも精神的な不安定さを感じてしまいました。黒雪姫とプレゼントの交換をするものの、加速世界での話で黒雪姫が約束を忘れてしまったようです。意識的でなく泣いてしまいました。ガツンと責めてくるよりもきついかもしれません。後半では、いきなり態度を変えたりもしています。彼女にも何かがありそうですね。

 2人のバースト・リンカーが挑んできました。ブラック・ロータスの最強度を抜いて考えても、驚異的な強さとは感じられませんでした。ルカのは格闘タイプ。マナのは特殊能力タイプかな。むしろ、ユタの血から発する不思議能力に期待です。ルカ&マナはリアルで会いにきましたが、小学生と勘違いしてしまいました。外見の幼さに加えて、仕草などが子供っぽかったです。黒雪姫とは、そこまで年は違わないのですね。師匠のせいで、まったりとしたバースト・リンカーになっております。その師匠は完全にオッサン。でも、高校1年生だといいます。「シュタインズ・ゲート」のオカリンみたいな容姿を想像しておきます。いい加減でしょうけど、性格は悪くなさそう。外見からして弟子よりも弱そうですけど、予告に登場したスパロボみたいのに期待。強力な魔物退治に苦戦しているようです。

 ハルユキ主役じゃない回。モノローグで、僕よりも主役らしいというセリフがありました。個人的には、ハルユキよりもタクムが主人公らしいなと感じたりもしました。外伝ぽい話が続きますけど、チユリの敵対行為が気になるところであります。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/81018-ac65.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。