スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第18話「連峰は晴れているか」

君にまつわるミステリー君にまつわるミステリー
(2012/08/22)
伊原摩耶花(茅野愛衣) 千反田える(佐藤聡美)、千反田える(佐藤聡美) 他

商品詳細を見る

 長い学園祭が終って、のほほんとした部活生活が続いています。日常会話から、珍しく奉太郎が好奇心を抱きだしました。部員達の反応が、これまた大仰ですねぇ。里志は感情表現がオーバーなところありでいつも通りかな。古くからの友人である摩耶花が、本気で心配しとりました。いくら省エネ主義が自ら動いたからって、反応が大きすぎますぜ。エルの好奇心に火が点いたようで、可愛らしく迫ってきました。顔近すぎます。終盤でのセリフといい、奉太郎も変わってきているのだ。成長とも言えるかな。部員達とのつきあい、特にエルから影響を受けているのでしょう。殺人事件どころか犯罪もないところでの推理劇。米澤穂信先生の作品を読んでいっていますが、この面白さがにはまってきています。

 小木先生はヘリコプターが好きだったようですけど、里志&摩耶花はよく覚えていません。自衛隊のヘリを目にしても反応しませんでした。雷に3度打たれても生残りました。これらの情報が、奉太郎を図書館へと運んだようです。小木先生は登山家でもありました。山岳となると雷の危険も大きくなります。連想して救助ヘリから、登山家の気持ちを察してきました。自衛隊のヘリに反応しなくて、救助ヘリに反応した理由が判明しましたね。過去に死人が出ていたようで、後味暗い部分もありました。綺麗に纏まった日常推理劇。過去自体は変化しませんけど、推理で解釈が変わるですね。そして、それが今の自分に影響を与えると。

 大きめの市民図書館が綺麗に描かれていました。実在の図書館をモデルにしたものですよね? 広くて、揃いも良さそうで。過去新聞が出てくるまでの間、図書館デート状態でありました。実に学生らしくて、健全に楽しそうです。真夏の間はクールスポットとしても機能する場所でありますね。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/81918-915d.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65703207.html
http://twodimension.net/archives/2012/0822_235512.shtml



テーマ : 氷菓 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。