スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼・黎明録 第7話「草颯の誓い」

キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 弐巻(斎藤一 編 &藤堂平助 編)キャラクタードラマCDBOOK 薄桜鬼 弐巻(斎藤一 編 &藤堂平助 編)
(2012/08/24)
一二三書房、 他

商品詳細を見る

 史実通りに、大阪にて力士集団と衝突してしまいました。丸腰を斬ったということですが、力士ですから無抵抗の民というわけでもないでしょう。まともに殴られれば、骨折してしまいそう。それでも、新選組クラスの剣客からすれば敵でない。ノリノリだったのは芹沢や沖田ぐらいで、他の隊士は辛そうにしていました。力士から喧嘩を売ってきたとはいえ、不逞浪士と変わらないと。土方は芹沢を責めますが、逆にやりこめられてしまいました。鬼になれですか。土方歳三は鬼の異名をとり、羅刹にまでなってしまいます。今後の運命を感じてしまいました。沖田は挑発的に切腹を申出たりして、土方を怒らせてしまいました。予告では何かありそうですが、沖田が闇から立ちなおる切っ掛けが得られるでしょうか。

 井吹龍之介&藤堂平助が仲良くなっていました。平助は少年ぽくって、とっつきやすいところがありますからね。新見錦が勝手な人体実験を行なったせいで、浪士さんが羅刹化してしまいました。土方達に責められて芹沢の背後に隠れてしまうとは、ずいぶんと小者として描かれているものです。平助が羅刹浪士を追いつめるも、情により躊躇してしまいました。それで、より多くの犠牲者を出してしまう。土方さんは正論できつく言い放ちます。現在でも、テロリストに関する言論などで耳にしたりするかな。平助は覚悟を決めて、羅刹の心臓を刺してしまいました。彼の成長が確認できました。戦闘で無力な龍之介も鍛えられて、彼の覚醒に期待したいところであります。

 監察役も創設され、山﨑の活躍も増えてきます。龍之介への説得もたんたんとしていましたね。この喋り方がいい感じ。




テーマ : 薄桜鬼 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

いつの時代もデブには厳しい。いくら鍛えても刀には勝てない。

羅刹なんか強くなってない?建物が半壊したぞ。
新見がイケメン度ゼロなのに未だに生き残っている。乙女向けアニメでは珍しいね。

最近、百合にはまっているようだね。BL系もそうだけどぶっちゃけ作品としてストーリーがいいものは何でも楽しめるよね。
いかにキャラやテーマを流行りにしようと作者の技量から生まれるストーリーには差がつくからね。

No title

 majesticさん、レスありがとうございます。

 何かの小説か漫画では、力士達が丸太などを武器にしていましたような。それでも、新撰組には敵いませんね。

 羅刹の制御ができていなく、パワーが過剰に出てしまうと推測してみます。ジョジョ1部の吸血鬼登場シーンを髣髴とさせるシーンでした。

 百合にどっぷりです。萌えているというよりは、女性が描かれた未知の世界に惹かれているという感じかな。「ゆるゆり」には萌えている部分がありますけど。いろいろ作品を見ていると、玉石混合な部分があります。上手い漫画家は、ストーリー&表現がマジでいい感じです。

No title

新撰組と力士達のイザコザは?実際あったようですね。
池田屋事件の時に、沖田総司は倒れた様ですけど
熱中症だったらしいです。
仁ーJINの話しによると,結核が感染症と分かったのは
明治以降らしいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。