スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第20話「Demination;支配」

ラジオCD「アクセル・ワールド ~加速するラジオ~」Vol.2ラジオCD「アクセル・ワールド ~加速するラジオ~」Vol.2
(2012/08/29)
鷲崎健/三澤紗千香

商品詳細を見る

 別話が途中で割りこんできましたので、能美とのバトルが久々に感じられてしまいます。ダスク・テイカーを敗北寸前まで追いつめるも、ライム・ベルがヒットポイント回復をしてしまい、立場は逆転してしまいました。彼女を奪われただけあり、拓武がマジ切れしますよね。跳びかかるも、悲惨なぐらいにバラバラにされてしまいました。アバターが機械的なデザインでもグロかったです。千百合はなぜ能美に従っているのか。頑なにも打明けようとはしません。単に脅迫されているだけではないのでしょうか? 3人仲良かった頃に戻りたいからゲームをしたのに、バラバラに。気まずい状態が続いていますね。能美にしても、適度なところでライム・ベルのアビリティを強奪して殺しそうです。

 能美はリアルでもハルユキに仕掛けてきました。盗撮事件をバラしているようですね。教師からは尋問され、暴行までをも受けました。荒谷のような不良でなく、傷ついた恋人のために動いているようです。それでも、こんなリンチはやってはいけないのですが。ぎっと睨みかえすハルユキの両目に、成長の証しを感じられました。ハルユキが犯人でないと証明されたら殴ってもいいと言っていましたが、ハルユキはそうしないでしょう。学生食堂ではあからさまに避けられてしまいます。この状態に慣れっこというのが悲しいですね。以前より酷い状況に置くことで、ハルユキの成長を表そうとしているかな。友人や恋人までいますので、何とか踏んばれているようです。

 災禍の鎧がシルバー・クロウに憑いて、効果を発揮しているようです。力暴走で危機を乗越えるというパターンに入りました。ハルユキの心理も暴走しているようで、ハードな夢を見たようですね。怪物化した豚さんが、何とも怖かったです。これからも、しばらく悩まされそうです。原作未読で、よく分かりませんが。夢とはいえ、黒雪姫にあんなことをするとは……あんな願望が自分にあるかなと考えこめば、罪悪感やらで苦しくなりそうで。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/82420-9bd2.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。