スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI 第9話「白くなったり 赤くなったり」

TARI TARI 2 [DVD]TARI TARI 2 [DVD]
(2012/10/03)
高垣彩陽、瀬戸麻沙美 他

商品詳細を見る

 ご当地ヒーローは、妙にださいのがイイ! 西之端商店街でも、ご当地ヒーローでアピールという意見が出ました。オジサン&オバサンたちは、さすがにヒーロー役はやりたがりません。いい年をしていますし、何よりも恥ずかしいでしょう。ユルキャラよりも羞恥度が上かな? 合唱時々バドミントン部にバイト話が持ちあがりました。提案元であるのは志保さん。その娘という立場な紗羽は、強制参加で大変そうです。ウィーンは乗気になりまくりです。何しろ、 「熱闘ヒーロー・ガンバライジャー」の熱烈なファンですから。スィッチが入って、ノリノリになっていました。私も「海賊戦隊・ゴーカイジャー」に熱中しましたので、気持ちが分からないこともないのですが。劇場版も観ましたし。

 観ていて恥ずかしかったです。この場にいたら、逃出したくなるムズムズさが胸中にあふれそうでした。セリフを叫びながら、決めポーズをとる。高校生には辛いかも。来夏はまだ良しとして、和奏になると真赤ですね。やけに真剣なウィーンに対して、悩みを訊くメンバーがええやつらです。序盤から悩んでいたようですが、ずっと気になっていました。手紙を送っていた相手がいなくなったのですね。7歳の少年と仲良くしていたのですが、手紙も届かなくなりました。背景を知ると、ウィーンへの見方も変わります。ちょっと痛いかもと思っていたのが、なるほどという感じで。大智も積極的になってくれました。スポーツしているだけあって、立派な肉体が浮きあがっていますね。うほっ! 戦隊アピールは次回も続きます。専用音楽もあり、恥ずかしく盛りあがるのを期待しますよ。

 和奏は母親への軌跡を追っていました。どうやって作曲していたのか。私は素人で分かりませんが、眉にしわを寄せているうちは難しいかと思います。こういうのはリラックスした状態で、自然と湧きだしてきそうなイメージがあります。教頭はどうしたのでしょうね? 背後で動きもあるようです。





http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65704791.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/tari-taritoky-3.html



テーマ : TARI TARI - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。