スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第21話「Insurrection;反逆」

Accel World Original Soundtrack feat.ONOKENAccel World Original Soundtrack feat.ONOKEN
(2012/08/29)
ONOKEN

商品詳細を見る

 悪人を征伐してやるという気持ちが入ると、リンチも際限がなくなっていきますね。あだ名投票とか陰湿なことをしでかしていますが、正義感で塗りつぶされているかも。噂も広がり、女子生徒もささーっと逃げていきます。拓武が懸命に助けてくれて、そこが救いに感じます。一度はぎくしゃくしましたけど、すっかり元通りに収まっています。千百合についても訊かない紳士さ。男子同士で手を握りあうという熱さで、他校の女子がドキドキしていました。BLが好きそうな種はありますね。由仁子という心強い味方もいて、ブレイン・バーストに関して頼りになります。やはり小学生という猫かぶりで、黒可愛い本性を隠していました。じゃれあうあたり、ハルユキとは仲良いようです。

 心意システムをシアン・パイルにも使いこなせるように修行することになりました。スカーレット・レインも使えるようで、べギラマといった感じの必殺技を放てます。シルバー・クロウのも初歩というわけで、パワーアップが見込めます。必殺技ゲージも使用せずに便利そうですけど、心の闇に向かいあわなければいけません。できるわけ使用しない方がいいスキルなようです。拓武が虐めに遭っていたとは。小学生を虐待するとは、最悪な剣道部の先輩達ですね。それがトラウマとなって、近接型なのに遠距離方型の技が使えるようです。心意システムを覚えるために、拓武は修行開始。リスク設定もありますので、これまでに使われなかった説明にもなりますね。

 ハルユキは、メイドさんに連れられて秋葉原に。この街ならメイド衣装でも目立ちませんね。バイクに乗っていたら目を引いてしまうものですが。ハルユキを子供扱いしていましたが、年はそこまで変わらないはず。黒雪姫が目にすれば激昂してしまうほどの密着ぶりでした。本当に年上女性に恵まれた主人公ですね。能美 征二を追跡です。獣人カフェにいたドワーフっぽい爺さんも、中身は少年か少女なのですね。ゲーセンのゲームが、やけにリアルでした。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/83121-1aec.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。