スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類は衰退しました 第10話「妖精さんたちの、ちきゅう」

ユメのなかノわたしのユメユメのなかノわたしのユメ
(2012/08/08)
伊藤真澄

商品詳細を見る

 時系列がシャッフルされていますけど、このタイミングで最初の物語です。私さんと妖精さんの出会いが描かれていました。前任者はバイオハザード風味に贅沢されたようで。外見こそは可愛らしいのですけど、旧人類と異なった生物と対話していきます。話せているようで、あいかわらず会話はどこかずれていました。妖精さんを拉致した私さん。オヤツで餌付けしましたが、楽しい漫才をしながら仲良くなっていきました。いや、実は主人公こそが妖精さんに遊ばれている可能性もあるかも。妖精さんは一夜にしてメトロポリスを造りあげるほどの科学力を有しているようです。個性概念もあまり持っていないようで、破裂音で丸まってしまう。不思議な存在です。科学文明が速攻で崩れてしまうのは、前回とかぶっているかな。妖精さんの不思議っぷりに目を回してしまいそうな楽回でした。

テーマ : 人類は衰退しました - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。