スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」

氷菓 通常版 第3巻 [DVD]氷菓 通常版 第3巻 [DVD]
(2012/08/31)
中村悠一、佐藤聡美 他

商品詳細を見る

 型にはめただけでは手作りチョコではない。何という言草だと思いましたが、中学生時代だとありえそうな。摩耶花は当然に頑張りますよね。ヤンデレがちょっとだけ入っていましたけど。やっと手作りチョコができたのに盗難事件が発生してしまいました。チョコを盗むってなぁ。勝手に食べてしまうヤツなら、まだありえそうですけど。それか、怨恨による嫌がらせ? 表情からして、里志がいかにも怪しかったです。エル以外は犯人を分かっていました。巻きこまれた天文部の方々が悲惨なことで。冤罪を着せられるのは、かなり苛つきますからね。エルは直球で犯人扱いしていて吃驚しました。友人たちを信じると、そういう推理になってしまうものですが。けいおん部はお茶会をしていませんし。

 ゲーセンにて、里志の勝負態度が変わっていました。昔は勝利にかじりついていましたのに、今では余裕満々。成長したのかなと思えば、価値観が変わっていたようです。拘らないことに拘るとか。摩耶花に拘るのがどうのこうのと言っていましたが、モヤモヤした気分になってしまうぜ。ちょっと、めんどくさい青春思考だなぁ。これで女性陣が傷つきましたし、天文部もとばっちりを食らいました。犯行のために手作りチョコを割ったのは、さすがに酷いっす。摩耶花への好意はあったようです。ノロケぽかった。呼びだして告白するっぽいですけど(?)、謝罪もするのでしょう。

 変わったといえば、奉太郎もですよね。省エネ主義者とは思えないほどの活躍ぶりでした。ホワイトコート姿だけにカッコよかったぜ。推理はちょっとありましたが、それよりも周囲への気遣いが目立ちました。のほほんキャラなエルがあんな表情をするとは珍しい。それだけに、奉太郎がエルを止めるシーンは印象的でした。エルたちが傷ついたのは、奉太郎に火を点けたようです。どこかずれていましたエルの発言でしたけど、素直な好意の表れと受けとっていいでしょうか。彼女からチョコレートは貰えませんでしたね。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/90921-ff11.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65707675.html




テーマ : 氷菓 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。