スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI 第11話「満ちたり 欠けたり」

潮風のハーモニー潮風のハーモニー
(2012/08/08)
未定

商品詳細を見る

 学園祭に向けて準備活動が始まりました。それぞれが分担された役割をこなしていきます。来夏の熱い説得を受けて、大智は絵描き仕事をすることに。この熱血説得がウィーンにも火をつけたようです。ヒートウェーブが来夏に帰ってきたという感じかな。描くのを禁止されるレベルに、大智って絵下手なようです。ちょっと見てみたい気分になってしまいます。美術部に依頼しようとするも駄目でした。美術部の部長さんが、口調的にも良いキャラでした。まっ、あれじゃ断られても仕方がないですや。紗羽の写真を交換条件に、手伝ってくれる美術部の友人が現れました。こそりと撮影を見つかるかと思えば、スカートの中を目撃してしまいましたか。それ以前に頑張る紗羽に惹かれていて、青春ですねぇ。

 教頭先生が落ちこんで、声楽部自体がだらけている感じがしました。頑張っている部員はきちんとしているのですけど。何と、学園祭どころか学校自体が危ないことに。学園祭が潰れてしまって、盛りあがりは下降坂に。教育的に悪いことですなぁ。教頭先生が悩んでいたのも分かります。希望が潰えたかと思えば、和奏が曲を持ってきてくれました。ここに明かりが灯ったように感じられます。母親の意思を継いだかのように、楽しげに作曲活動を続けていましたからね。学生だけで上の計画を何とかできませんが、合唱活動は貫きそうです。最終回への盛りあがりに期待です。対立していた声楽部の女子生徒とも和解しあえそう。

 最終回はEDが特別仕様になると見ました。





http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65707498.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/tari-taritoky-1.html




テーマ : TARI TARI - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。