スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第23話「Consolidation;絆」

アクセル・ワールド 03 (電撃コミックス)アクセル・ワールド 03 (電撃コミックス)
(2012/08/27)
川原 礫

商品詳細を見る

 能美 征二のトラウマが明かされました。本当にこの世界はDQNなヤツが多いですね。加速世界を兄から教えられたものの、あくまでも道具として利用されたようです。ポイントを貢がされて、あげくの果てには彼女までをも奪われた。暴力も振るわれたようです。サドンデスルールで兄貴を倒して、加速世界から永久追放したとか。その兄貴さんがどうしているのかが気になります。相変わらず弟に威張っているのか、自信を失っていきヒッキーに陥っているのか。こういう出来事により、能美は歪みきっています。顔芸も激しかったですね。チユリを人質にとったりと、戦略も卑怯極まりないものでした。能弁すぎてブラック・バイスから注意を受けたのが、敗北フラグにも感じられました。

 それでも竹刀を捨てなかったんだ! タクムの方が主人公ぽく動いていました。パイルからブレードにウェポン・チェンジ。いわゆるサンライズ立ちというやつかな。決まっていましたよ。剣の方が、主人公側としてはイケていますよね。見た目的にも。自分のトラウマと向かいながら、剣を振るっていきます。圧していくも、チユリを人質にとられてしまっては手が出せませぬ。シルバー・クロウが覚醒して、キャストオフでの追加加速でちょっと助かった。でも、こけはった。ブラック・ロータスが駆けつけてくるとは、予想を外してしまいました。黒雪姫は未参加で終るかと思っていましたもので。奪ったアイテムを駆使して、15時間かけて沖縄から駆けつけてきたと。どこかで目にした記憶があるような騎乗姿でした。次回から反撃っすね。

 ブラック・バイスの存在そのものが、次章への伏線に感じられました。次章の強敵を、脇役っぽく出すのも定番ですから。唯一の減速能力者とやらの理屈はよく分かりませんでしたけど、手強いやつというのは伝わってきました。黒板が集合したような異形をしており、拘束能力が半端ないです。どこか見下したような余裕な喋りをします。脳奥にまでチップを届かせているとか、寿命が短そうなキャラですね。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/91423-546c.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。