スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 第24話「Reincarnation;再生」(最終回)

アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)
(2012/08/10)
川原礫

商品詳細を見る

 最終回だけあって、熱血バトルで締められました。ちょこまかと出てくるハルユキ・ヌードには、勘弁してほしい気分になりましたよ。ガンダムとかでも見られる演出ですが、主人公の体型だけに……。ライム・ベルは回復能力じゃなく、時間を巻戻せるアビリティを有していたようです。ハルユキを救うためのレベルアップ目的で、能美に従っているふりをしていたようで。実は黒雪姫に情報を伝えていたと。彼女に手柄を立てさせて、裏切りキャラという疑惑を晴らしていました。ダスク・テイカーは上半身のみとなり、ブラック・バイスからも逃げられました。最期の悪あがきぶりに、ガンツの少年キャラを思いだしました。加速世界の記憶をなくした能美は、ちょっと足りない子ぽくなっていましたけど、大丈夫なのかな?

< いかにも、2期のありそうな終り方でした。次期に登場すると思われるキャラもちらっと出ていましたし。ここまで観ましたので、2期も視聴続行しようかと思います。女性キャラが、さらに増えそうな予感。第1話には作りこみの細かさに感心するも、ハルユキのキャラに納得できない状態でありました。けっこう痛かった。虐められているのには気の毒に思っても、チユリへの態度が酷かったですので。観るの止めようかなとも迷いましたが、最終回まで観ることに。予想以上に熱血展開になりましたね。聞いた話によれば、SAOで突っこまれた部分を訂正して生まれた作品だという噂。2年も寝たきりだと体が危ないだろうと思いましたが、加速世界だと解消されるわけですね。今度は、脳が加速に耐えられるのかという疑問が湧いてしまいます。

 このプッシュぶり。そのうち、劇場版までやりかねない。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/92124-3570.html




テーマ : アクセルワールド - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

>今度は、脳が加速に耐えられるのかという疑問が湧いてしまいます

逆にSAOの方で出てきた情報から脳のクロックアップがブラフ情報の可能性が出てきていますね

No title

 レスありがとうございます。

 SAOとつながっているようですね。ハルユキがキリトの息子という噂も。また凄い設定が出てきそうで。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。