スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 第12話「ユイの心」

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る

 子供たちが予想以上に多くて吃驚しました。こんな数の子供がネトゲーやっているのですか? 幼子が2年間も寝たきりなんて、成長的にも危ないでしょう。運動もできていないから、大人になるための体力もつかないでしょうし。勉強の方は、眼鏡さんが教えていると思いますけど。この世界じゃ、子供にネトゲーをやらせない親も増えていると思われ。新婚生活を楽しんでいたキリト&アスナへ依頼がきます。キバオウが台頭してしまい、アインクラッド解放軍が暴走しているようです。あのDQNの現れっぷりは、こいつが原因ですか。リーダーであったシンカーをダンジョンに置去りにするという悪さをしました。ここまで調子に乗ったら、叩かれても仕方がないでしょう。キリトはダンジョンに向かいました。

 シンカーは温厚そうな人物でした。人もよさそうで、警戒心も薄いようで、キバオウに騙されるわけですね。ダンジョンに置去りにされてしまい、死んでしまうかなと思っていました。助かって何よりです。副官さんの慕いっぷりからして、善人なのでしょう。キバオウは追いつめられていきそうですね。ユイは、プレイヤーの精神的ケアを司るカウンセリング用人工知能だそうで。手強い死神モンスターを権限で倒して、ルール違反により消滅。キリトは「ユイの心」とやらアイテムだけを手に入れました。これは伏線だと感じられました。後々で復活すると思われます。というわけで、ユイが消えていく感動イベントを遠い目で眺めていました。キリト&アスナの擬似娘が消滅してしまう悲しいイベントでしたかな。

 ネット掲示板でネタにされているキバオウですが、その理由が分かりました。




テーマ : ソードアート・オンライン - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。