スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI 第13話「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」(最終回)

TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~TVアニメ TARI TARI ミュージックアルバム~歌ったり、奏でたり~
(2012/09/26)
TVサントラ

商品詳細を見る

ついに、理事長と合唱部が衝突だ。悪役というか、嫌なオーナーというイメージでラスボス役をやっていた理事長でした。もっと狡猾な人ならば、柔らかい態度も見せながら丸めこむのでしょうね。合唱部メンバーの訴えや、教頭の計らいで、退いてしまいました。校長先生は勇気を出して思いをぶつけましたが、後々が心配だったりします。自分の眼鏡を割ってしまったうえに、理事長に恥をかかせてしまいましたので。誰得と訊きたくなるほどのパンチラ・モロでした。理事長嫌いな人には、ざまぁ見ろとなるでしょうか。声楽部や教頭とも上手くいったようで、Aパートは演劇と綺麗にまとめられました。学園自体は無くなってしまいますが、思い出は残せたようです。

 沖田 紗羽は騎手を諦めて、馬を育てる職業を目指しているのかと思っていました。海外留学してしまいましたね。そういう事情により、お別れも早いです。そこまでしても騎手になりたいと、夢は強いものです。海外にまで行くと聞かされれば、お坊さんも不安になるでしょう。娘に悔いのないよう頑張ってほしいという気持ちもあるかな。認められました。田中 大智は告白しちゃいました。口ぱくでセリフを出しませんでしたので、想像の余地を残してくれています。お前が帰ってくるまで待っているとでも言ったのでしょうか。彼はバトミントンを本格的に頑張っているようです。宮本 来夏は大学生になって、もしかすると合唱部に誘われたのかもしれませぬ。ウィーンはヤンと再会して嬉しそう。全員のちょい未来を描けて、物語は綺麗にまとまりました。

 教頭の眉間から皺もとれて、すっかりと丸まりました。過去からの憑きモノが落ちた感じです。最終回での彼女は、落ちつかされる雰囲気です。坂井 和奏の夢に協力することになりました。親友の娘を通じて、友情はつながっているという感じかな。予想以上にグッドなアニメで、観てよかったと思います。





http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65709901.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/tari-taritoky-3.html
http://twodimension.net/archives/2012/0927_072133.shtml




テーマ : TARI TARI - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。