スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A・ZEXAL-2 天空の代行者たち

遊・戯・王ZEXAL 3 (ジャンプコミックス)遊・戯・王ZEXAL 3 (ジャンプコミックス)
(2012/08/03)
三好 直人

商品詳細を見る

 《ガガガドロー》は、アニメ効果に制約プラスしてみました。とりあえず、全4話。平行世界設定ですので、本編とはいろいろと違います。

 緑地広がる公園は、見渡すかぎりの豪雲地帯に覆われた。浮遊神殿が天上にそびえている聖域。遊馬の親友たちが、ギャラリーに混ざっている。鉄男は装置片手にして、プレイ経過を記録しているようだ。決闘後に反省会をするのだろう。小鳥はメモしながら、デュエルを勉強している。遊馬はセットカードも置かずにエンド宣言をしたようだ。それゆえに、黒小鳥が警戒している。



【3ターン目:黒小鳥】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
黒小鳥:《カードガンナー:攻撃力400・Lv3》が攻撃表示。フィールド《天空の聖域》が発動中。

遊馬:無し。


「私のターン、ドロー。《カードガンナー》のモンスター効果により、デッキのカード3枚を墓地送りにします。攻撃力1500アップしたけど、《カードガンナー》を守備表示に変更しておくわ」

「《奇跡の代行者 ジュピター:攻撃力1800・Lv4》を召喚。モンスター効果を発動。手札から《力の代行者 マーズ》を捨て、除外されている《天空勇士 ネオ・パーシアス:攻撃力2300・Lv7》を特殊召喚します。墓地から《英知の代行者 マーキュリー》を除外して、《奇跡の代行者 ジュピター》の攻撃力を800ポイントアップ。そのまま、ダイレクト・アタック!」

「相手が直接攻撃してきたから、手札から《ガガガガードナー:守備力2000・Lv4》を守備表示で特殊召喚。このカードが攻撃対象にされたとき、手札1枚を捨て戦闘破壊を無効にする」

 天使翼を広げ、《奇跡の代行者 ジュピター》が衝撃波を放った。攻撃力は2600ポイントにまで上昇している。手札の《タスケナイト》を墓地に捨てることにより、《ガガガガードナー》は戦闘破壊を免れたようだ。バトルフェイズは続いている。

「《天空勇士 ネオ・パーシアス》でアタック。このカードは貫通効果モンスター。相手に戦闘ダメージを与えると、デッキから1枚ドローできます」

 剣から撃たれた閃光により、《ガガガガードナー》のシールドが砕かれた。手札を温存して、遊馬は防御効果を使わないようだ。300ポイントもの貫通ダメージを受けて、遊馬のライフは3700ポイントにまで減少した。《天空の聖域》があるかぎり、《天空勇士 ネオ・パーシアス》は攻守上昇してしまう。黒小鳥のライフは、遊馬のを300ポイント上回っている。よって、《天空勇士 ネオ・パーシアス》は攻撃力2600ポイントにアップした。

「《ガガガガードナー》が来るなんて、《カードガンナー》を守備表示にしてよかった。ターンエンド」

 《奇跡の代行者 ジュピター》のパワーが元通りになる。《カードガンナー》を攻撃モードにしていても、このターンでの決着はつけられない。彼女の様子から、《カードガンナー》への攻撃は防げないようだ。慎重にプレイをしている。さぁ、遊馬はどうするだろうか?



【4ターン目:遊馬】LP3700、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
黒小鳥:《奇跡の代行者 ジュピター:攻撃力1800・Lv4》&《天空勇士 ネオ・パーシアス:攻撃力2300→2600・Lv7》が攻撃表示。《カードガンナー:守備力400・Lv3》が守備表示。フィールド《天空の聖域》が発動中。

遊馬:無し。


「WDCでも見なかったデッキだな。すげーっ、面白くなってきたぜ。オレのターン、ドロー。装備魔法《ガガガリベンジ》を発動。墓地から《ガガガマジシャン:攻撃力1500・Lv4》を特殊召喚して、このカードを装備する。モンスター効果を発動。《ガガガマジシャン》をレベル5にチェンジ!」

「《ガガガガール:攻撃1000・Lv3》を召喚。モンスター効果を発動。このカードを、《ガガガマジシャン》と同じだけのレベル5にチェンジ!」

「2体のレベル5マジシャンでオーバーレイ・ネットワークを構築。《No.61 ヴォルカザウルス:攻撃力2500・R5・O×2》を攻撃表示でエクシーズ召喚。《ガガガリベンジ》の装備モンスターがエクシーズ素材になったから、攻撃力は2800ポイントまでアップするよ」

 《ガガガガール》のモンスター効果により、相手モンスターの攻撃力を0ポイントにできる。攻撃表示のモンスターは天使族。《天空の聖域》により、大ダメージを期待できないだろう。肩膝から大爪を伸ばしている恐獣が吠えあがった。このナンバーズを使えば、逆転できるチャンスだ。

「オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《No.61 ヴォルカザウルス》のモンスター効果を発動。《天空勇士 ネオ・パーシアス》を破壊して、元々の攻撃力分だけダメージを与える。さらに、《奇跡の代行者 ジュピター》に攻撃だっ! マグマックス!」

 《No.61 ヴォルカザウルス》が咆哮し、マグマのような熱波を放った。《天空勇士 ネオ・パーシアス》を焼きつくし、2300ポイントのダメージを与えた。《奇跡の代行者 ジュピター》も灼熱に飲みこまれ、戦闘破壊される。《天空の聖域》の効果により、黒小鳥に戦闘ダメージは与えられない。《カードガンナー》が攻撃表示であれば勝利していたが、彼女は慎重さに救われる結果となったようだ。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:黒小鳥】LP1700、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
黒小鳥:《カードガンナー:守備力400・Lv3》が守備表示。フィールド《天空の聖域》が発動中。

遊馬:《No.61 ヴォルカザウルス:攻撃力2500・R5・O×1》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「やりますね。さすがは、生遊馬さんですよ。私のターン、ドロー。《カードガンナー》により、デッキのカード3枚を墓地に送ります。魔法カード《トレード・イン》を発動。魔法カード《トレード・イン》を発動。手札のレベル8《光神機-轟龍》を捨て、デッキからカード2枚をドローします」

「《神秘の代行者 アース:攻撃力1000・Lv2・チューナー》を召喚し、《天空の聖域》がフィールドにあるゆえ、デッキから《マスター・ヒュぺリオン:攻撃力2700・Lv8》をサーチ。墓地から《創造の代行者 ヴィーナス》を除外して、手札から特殊召喚します」

 太陽のように、メラメラと燃えさかっている天使長だ。《No.61 ヴォルカザウルス》とは異なった聖炎を噴きあげている。これが彼女のエースモンスターであろうか。《神秘の代行者 アース》についても気になる。チューナーとは、どのような効果を有しているのだろうか?

「《マスター・ヒュぺリオン》のモンスター効果を発動。墓地から光属性・天使族である《ジェルエンデュオ》を除外して、《No.61 ヴォルカザウルス》を破壊します」

 マグマ熱では太陽には勝てない。《No.61 ヴォルカザウルス》は消炭にされた。ARヴィジョンで再現された太陽爆風に、遊馬が顔を覆っている。《マスター・ヒュぺリオン》は墓地天使を大量に使用する。それゆえに、《カードガンナー》を使っていたのか。《裁きの代行者 サターン》も確認できた。注意しないとライフを一気に失うだろう。

「レベル3《カードガンナー》に、レベル2《神秘の代行者 アース》をチューニング!」

「侵略者ワームを払うため造られし破壊兵器よ。敵を殲滅すべく、我が陣営に降臨したまえ。シンクロ召喚! 《A・O・J カタストル:攻撃力2200・Lv5》!」

 ギャラリーたちが、ざわめき始めた。知らないモンスターがエクストラ・デッキに入っているのかと思えば、未知なるシンクロ・モンスター。エクシーズと異なった召喚方法。カードも白い。むしろ遊馬は、新たなるモンスターに対して好奇心を募らせている。

「闇属性以外の表側モンスターと戦闘を行う場合、ダメージ計算を行なわずに破壊できる。《A・O・J カタストル》で、ダイレクト・アタック!」

「手札は0枚。相手モンスターの攻撃宣言により、墓地から《タスケナイト:攻撃力1700・Lv4》を攻撃表示で特殊召喚し、バトルフェイズを終了する」

「墓地から《コーリング・ノヴァ》を除外して、《マスター・ヒュぺリオン》のモンスター効果を発動。《タスケナイト》を破壊します。《天空の聖域》があるかぎり、この効果は2度まで使用できるの。《タスケナイト》は1度しか使えないのでしょ? もう、後がないですね」

 《タスケナイト》が劫火に包まれるのを見届け、黒小鳥はエンド宣言をした。カード1枚をセットして。



【6ターン目:遊馬】LP3700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
黒小鳥:《マスター・ヒュぺリオン:攻撃力2700・Lv8》&《A・O・J カタストル:攻撃力2200・Lv5》が攻撃表示。フィールド《天空の聖域》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

遊馬:魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「シンクロ・モンスターって何なんだよっ。オレのターン、ドロー。伏せていた魔法カード《ガガガドロー》を発動。墓地の《ガガガ》3種類を除外して、デッキからカード2枚をドローする」

「魔法カード《死者蘇生》を発動。相手墓地から《裁きの代行者 サターン:攻撃力2400・Lv6》を攻撃表示で特殊召喚する。このモンスター効果を使えば……」

 《天空の聖域》がある場合、《裁きの代行者 サターン》をリリースすれば、ライフ差だけダメージを与えることができる。遊馬は3700ポイントで、黒小鳥は1700ポイント。2000ポイントのダメージを与えれば、勝負は決する。しかしだ。黒小鳥は動揺していない。口元をニヤリとさせ、手札カードを確認した。相手の表情を読みとるプレイを、遊馬はできるようになっている。相手の油断を逃さなかった。《裁きの代行者 サターン》の効果発動を失敗すれば、バトルすらも行なえずに、遊馬の敗北は必至となるであろう。

「手札から速攻魔法《サイコロン》を発動。サイコロを振るよ」

 巨大サイコロが転がり、竜巻を描いていく。1か6が出れば、自分自身が1000ポイントのダメージを受けてしまう。勝利への方程式を導くために、賭けに出たか。すべての者が、息を飲みこむ。カラカラと回ったあげくに、5が真上を向いた。デュエルの女神に称えられたようだ。これで、フィールドの魔法・罠カード2枚を破壊できる。対象になったのはフィールド魔法《天空の聖域》と、セットされていた《聖なるバリアーミラーフォース》。雲島が吹きとばされて、緑地公園が現れる。

「《ドドドウォリアー:攻撃力1800・Lv6》を召喚。このカードはリリース無しで召喚すると、攻撃力が1800ポイントになる。今は問題ないけどな」

「2体のレベル6モンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築。《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース:攻撃力2800・R6・O×2》をエクシーズ召喚! 《マスター・ヒュぺリオン》に攻撃する。《天空の聖域》がないから、戦闘ダメージも通るぜっ!」

 巨大レンズから光線砲撃が発射された。《マスター・ヒュぺリオン》を蒸発させて、黒小鳥に100ポイントの戦闘ダメージを与える。ライフを1600ポイントにまで圧していく。そのまま、遊馬はエンド宣言をした。《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》はレベル5以上のモンスター効果を無効にする。《A・O・J カタストル》の無敵効果も封じられるだろう。



【7ターン目:黒小鳥】LP1600、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
黒小鳥:《A・O・J カタストル:攻撃力2200・Lv5》が攻撃表示。

遊馬:《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース:攻撃力2800・R6・O×2》が攻撃表示。


「困ったな。私のターン、ドロー。《A・O・J カタストル》を守備表示に変更します。モンスター1体をセットして、ターンエンド」



【8ターン目:遊馬】LP3700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
黒小鳥:《A・O・J カタストル:守備力1200・Lv5》が守備表示。モンスター1体が裏側守備表示でセットされている。

遊馬:《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース:攻撃力2800・R6・O×2》が攻撃表示。


「オレのターン、ドロー。オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》のモンスター効果を発動。《A・O・J カタストル》のモンスター効果を無効にする。 装備魔法《メテオ・ストライク》を《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》に装備する。貫通効果を得るぜ。《A・O・J カタストル》に攻撃!」

 《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》からのフラッシュを浴びて、《A・O・J カタストル》は機能を発揮できない。そこに光砲撃を直撃される。紫電をぱちぱちと弾かせ、大爆発した。1600ポイントもの貫通ダメージを受け、黒小鳥のライフは0ポイントへとマッサカサマ。

「やったーっ! オレの勝ちだ!」

『よくやったな、遊馬。君の成長を一段と感じることができた』

 遊馬は大きく頷いた。鉄男と小鳥が駆けつけ、手を叩きあう。黒小鳥は嘆息して、すっきりとした表情を浮かべていた。手札に残っているカードは、《ハネワタ》か。このカードを手札から捨て、効果ダメージを防ぐことができるようだ。《裁きの使者 サターン》に頼っていれば、遊馬は危ないところだった。セット・モンスターは、戦闘破壊耐性を有する《マシュマロン》か。

「負けちゃいました。さすがは、九十九遊馬さんです」

「黒小鳥さんも強かった。楽しいデュエルだったぜ!」

 楽しそうに笑いあう2人。しっかりと、握手をしあった。デュエルした者同士は分かりあえる。遊馬の持論だ。復讐心を抱いたまま、異次元へと堕ちていったトロン。野心に燃えつきてしまい、意識不明のままであるフェイカー。分かりあえないデュエリストに傷ついた遊馬だったが、その心配も必要ないだろう。私としては訊きたいことが多いのだが、遊馬たちは気にしていない。

「すっかり堪能しましたので、元の世界に帰ります。記念に、このカードをプレゼントします」

「あ、ありがとう。本当にいいの?」

 黒小鳥は頷きながら、《マジマジ☆マジシャンギャル》を遊馬に託した。遊馬の成長していく姿に、胸が躍るような気分になる。いずれは彼とも戦いたいものだ。





【A・ZEXAL-2】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

なんかおかしい。
黒小鳥ガチだね。そういえばガガガマジシャンの効果ってアニメじゃ一度も高ランクに使われたことないよね。いったい何のための効果なのやら。
出た当初はその効果に注目されたけど、今じゃ高ランク出すなら専用テーマ使ったほうが手っ取り早いし効率もいいから微妙と。
こうしてみると遊馬の使うカードってエクストラ除いて全部中途半端に劣化しているんだよね。
最近再放送見てたらダークシンクロのカッコよさを思い出す。演出的もシステム的に結構凝っているし、ランクの概念が出せるならなんで出さなかったと本当に思う。SSで敵キャラに使わせるといい味出す気もする。

No title

 majesticさん、感想ありがとうございます。声優さんネタをやってしまいました。割とガチデッキを使うキャラです。SSでは、ある程度に代行天使に絞りました。

 《ガガガマジシャン》を使いこなせれば、高ランク・エクシーズも呼べるのですけど、ホープばかり。せっかくの性能を活かせずに、ワンパターン化している気もします。そこも不満に思っていたり。

 その頃は、ランクのアイデアもなかったかな。ダークシンクロは演出も凝っていましたね。モンスターが苦しんでいたりと、闇の力が感じられます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。