スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CROSS-55 旧支配者の降臨! ロイガー&ツァール

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【4】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【4】
(2009/06/17)
宮下雄也、星野貴紀 他

商品詳細を見る

 ウィン・カーウィンの使用カードは、クトゥルフ神話が元ネタです。

「罠カード《ガード・ブロック》を発動。《ローズ・トークン》からの戦闘ダメージを無効にして、デッキからカード1枚をドローする」

 目前に迫ってきた棘が、バリアにより弾かれた。暗黒が渦巻いている空。黒薔薇の咲乱れる庭園。触手が複雑に絡まったような化物が、周囲でフルートを奏でている。あまりにも異様な状況に、観客たちもパニックを起こしているようだ。ふぅっと、ウィンが嘆息した。

「そう上手くは運ばないようですね。《黄衣の王》が制約により攻撃できないのが残念ですよ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:アキ】LP200、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ウィン:《黄衣の王:攻撃力1900・Lv10・黄衣カウンター+5》&《旧支配者イタクァ:攻撃力2800→1400・Lv8》&《ローズ・トークン:攻撃力800・Lv2》が攻撃表示。永続魔法《戯曲-黄衣の王》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚がセットされている。

アキ:フィールド魔法《ブラック・ガーデン》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚がセットされている。


「私のターン、ドロー。魔法カード《トレード・イン》を発動。手札の《フェニキシアン・クラスター・アマリリス:Lv8》を捨て、デッキからカード2枚をドローする。この方法で墓地に送られても、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》は蘇生効果を発揮できるわ」

「そうはいかないよ。罠カード《ロスト》を発動。相手墓地から《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を除外します」

 《旧支配者イタクァ》の吐きだした吹雪が、墓地の《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》へと浴びせかけられる。氷漬けにされ、粉々に砕かれてしまった。

「《ローンファイア・ブロッサム:攻撃力500・Lv3》を召喚。モンスター効果を発動。このカードをリリースして、デッキから植物族モンスター《凛天使クイン・オブ・ローズ:攻撃力2400・Lv7》を特殊召喚する。《ブラック・ガーデン》により、攻撃力が1200ポイントまで落ちるけどね」

「《ブラック・ガーデン》の効果により、《ローズ・トークン:攻撃力800》2体が相手フィールドに特殊召喚される。永続罠《ローズ・フレイム》を発動していたわ。相手フィールドに植物族モンスターが召喚・特殊召喚されるたびに、相手ライフに500ポイントのダメージを与える」

 炎弾2発がウィンへと撃ちこまれた。ダメージを受けるごとに、《黄衣の王》に乗せられている黄衣カウンターが1つ減っていく。5つの黄衣カウンターを、3つへと減らした。

「《凛天使クイン・オブ・ローズ》で《旧支配者イタクァ》に攻撃する。罠カード《植物連鎖》を発動。《凛天使クイン・オブ・ローズ》に装備して、攻撃力を500ポイントアップさせる」

 紅翼全開にしての飛翔。剣を振りかざし、半透明な巨人へと迫っていく。攻撃力は1700ポイントにまで上昇し、《旧支配者イタクァ》に勝っている。横一直線に剣をなぎはらった。紅眼を最後に残して、《旧支配者イタクァ》は消滅していく。黄衣カウンターを、さらに2つにまで減らせた。

「カード1枚をセットして、ターエンド」



【5ターン目:ウィン】LP0、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《黄衣の王:攻撃力1900・Lv10・黄衣カウンター+2》&《ローズ・トークン:攻撃力800・Lv2》3体が攻撃表示。永続魔法《戯曲-黄衣の王》が発動中。

アキ:通常罠《植物連鎖》を装備した《凛天使クイン・オブ・ローズ:攻撃力2400→1700・Lv7》が攻撃表示。フィールド魔法《ブラック・ガーデン》&永続罠《ローズ・フレイム》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「うぐぅっ! モンスターの苦しみが伝わってきます。焼けるような激痛ですね。あぁっ! せっかく縫った糸がほつれちゃいましたよ。後で直さないと。頑張ってアキさんを描いたのに。私のターン、ドロー。《戯曲-黄衣の王》により、黄衣カウンター1つを《黄衣の王》に乗せます」

 うっとりとした表情のままに、ウィンが左腕の赤糸を引張った。皮膚が裂かれて、血がぽたぽたと流れていく。そして、精神を汚染されるような唄が再来した。いくら両耳を塞いでも、脳味噌が侵食されるようだ。観客席から悲鳴が漏れてくる。

「フィールド魔法《古代都市アザオザル》を発動。風属性モンスターは攻撃力が500ポイントアップ」

 黒空一面から何かが降りてきた。湖に囲まれた島だろうか。蜃気楼のような幻想さを感じてしまう。緑石で構成された建物が、びっしりと張っている。逆さになっており、アーククレイドルを思いだす光景だ。黒薔薇は枯れていき、《ブラック・ガーデン》は消滅した。

「《古代都市アザオザル》がフィールドにあるので、手札から《チョー=チョー人の長老 エポォ:攻撃力1900・Lv5》を特殊召喚します。自分ライフが0ポイントですので、このカードをリリースしてモンスター効果を発動。デッキから《旧支配者ロイガー》を手札に加え、デッキから1枚ドロー」

「《ローズ・トークン》2体をリリースして、《旧支配者ロイガー:攻撃力3700・Lv10》を攻撃表示でアドバンス召喚。自分ライフが0ポイントなら、リリースなしで召喚できるモンスターですけどね。モンスター効果を発動します。黄衣カウンター1つを取りのぞいて、デッキから《旧支配者ツァール:攻撃力3700・Lv10》を特殊召喚します」

 巨大な肉隗2体が浮かんでいる。無数の触手を波打たせながら、不気味な悲鳴を奏でている。巨大な眼球がある。目があってしまった。旧支配者。何という邪神だろうか。この場所から逃出したくなり、足がすくんで動けくなる。手にしたカードを落としてしまった。

「怖がらなくていいですよ。永続魔法《シナトの慈悲》を発動。このカードが存在するかぎり、相手カードによる効果ダメージは受けません。アキさんから痛みを貰えないのは残念ですが、黄衣カウンターを減らすわけにはいきませんので」

 精神がみしみしと圧されていく。正気が削られていきそうだ。ライフレス・コンボに旧支配者。この恐怖にシェリーは敗北してしまったのだろう。観客席を救護班が駆けまわっている。私も世話になりそうだ。がくりと片足を着いてしまった。

「天馬夜行さんが創造したカードだそうです。まだまだ未完成で、ハスターのパワーを引きだせていないのですね。でも、これで充分ですよ。そうやって震えているアキさんも可愛いですねぇ。あははっ。安心してくださいよ。デュエルが終れば、私たちは親友なんですよ。たっぷりと傷つけあおう。《旧支配者ロイガー》で《凛天使クイン・オブ・ローズ》を攻撃!」

 巨大肉隗から無数の触手が放たれた。シグナー・サインが輝く。シェリーのためにも、旧支配者なんかに負けてはいけない。どんなに威圧感があろうとも、デュエル・モンスターのルールに支配された存在なんだ。恐怖心を踏みしめるように、しっかりと立ちあがった。

「手札の《ギガプラント》を捨て、罠カード《ホーリーライフバリア》を発動。このターン、あらゆるダメージを無効にする。《凛天使クイン・オブ・ローズ》は戦闘破壊されない」

 聖なる護封壁が、禍々しい触手を跳ねかえした。

「あらあら。ターンを終了しますが、アキさんの手札は0枚。どうしようもない状況ですよ。《古代都市アザオザル》の効果を教えてあげます。《旧支配者ロイガー》と《旧支配者ツァール》がカード効果で破壊された場合、次の私スタンバイフェイズで復活します。そして、相手カード1枚を破壊。あははっ! アキさんにチャンスはないのですよ」



【6ターン目:アキ】LP200、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ウィン:《黄衣の王:攻撃力1900→2400・Lv10・黄衣カウンター+2》&《旧支配者ロイガー:攻撃力3700→4200・Lv10》&《旧支配者ツァール:攻撃力3700→4200・Lv10》&《ローズ・トークン:攻撃力800・Lv2》が攻撃表示。フィールド魔法《古代都市アザオザル》&永続魔法《戯曲-黄衣の王》&永続魔法《シナトの慈悲》が発動中。

アキ:通常罠《植物連鎖》を装備した《凛天使クイン・オブ・ローズ:攻撃力2400→1700・Lv7》が攻撃表示。永続罠《ローズ・フレイム》が発動中。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズ。《凛天使クイン・オブ・ローズ》のモンスター効果により、攻撃力の一番低い《ローズ・トークン》を破壊する」

 《凛天使クイン・オブ・ローズ》が《ローズ・トークン》を縦斬りにした。

「魔法カード《マジック・プランター》を発動。《ローズ・フレイム》を墓地に送り、デッキからカード2枚をドローする」

「手札から速攻魔法《サイクロン》を発動。《植物連鎖》を破壊。このカードが破壊されたことにより、墓地から《ローンファイア・ブロッサム:攻撃力500・Lv3》を特殊召喚してリリース。デッキから《椿姫ティタニアル:攻撃力2800・Lv8》を特殊召喚する」

 花女神がフィールドに上がっていった。攻撃力は《黄衣の王》を超えている。しかし、黄衣カウンターを減らせても敗北するであろう。このターンで決着をつけなければ。見下ろしてくる旧支配者たちに、恐気が暴走しそうになる。闇のデュエルで《旧支配者ロイガー》から戦闘ダメージを受ければ、命すら落としかねない。冷汗が垂れてくる。このカードに賭けてみよう。

「魔法カード《フレグランス・ストーム》を発動。植物族モンスターである《凛天使クイン・オブ・ローズ》を破壊して、デッキからカードをドローする」

 1枚目は《ローズ・ウィッチ:攻撃力1600・Lv4》だ。もう1枚だけドローできる。あまりのプレッシャーに吐気がこみあげてくる。引いたカードは……。

「魔法カード《ワンダー・クローバー》を発動。手札の《ローズ・ウィッチ》を墓地に送り、《椿姫ティタニアル》の連続攻撃を可能とする。《黄衣の王》に2回攻撃!」

「えっ!? そ、そんな……」

 《椿姫ティタニアル》が蔦を伸ばした。白仮面の怪人を連打する。名状しがたき悲鳴が響き、黄衣が引裂かれる。触手に満ちた肉体が露わとなった。黄衣カウンター2つを減らして、ウィン・カーウィンを敗北させられた。青空が晴れあがり、天空に浮かぶ《古代都市アザオラル》が薄っすらと消えていく。《黄衣の王》たちも、いなくなっていた。

「ここはどこなの? いったい、私は……」

 ウィンがキョロキョロと辺りを見渡している。毒気の抜けきった眼差しだ。額から眼が消えている。闇のデュエルに敗北した代償せいなのか。ひざを着いて、彼女はうつむけに倒れこんだ。あまりにもダメージを受けすぎたのは、私も同じだ。地面が斜めに近づいてくる。



「……アキさん!」

「……大丈夫ですか、アキさん!」

 おぼろげな意識。水中深くに沈んでいるようだ。水面上から声が注いでくる。がやがやとしたMCよりも、優しい声がくっきりとしている。手を伸ばすと、アルマに握りかえされた。全身の痛みが消えていくようだ。温かくて眠くなってきた。





【エピソード4-WDGP決勝戦編・その13】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。