スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネクログ」感想

ネクログ(4) <完> (アフタヌーンKC)ネクログ(4) <完> (アフタヌーンKC)
(2012/12/21)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る

 熊倉隆敏さんは、【もっけ】の作者として知られている漫画家さんです。きちんと勉強したうえで、妖怪が視える姉妹の物語を描かれていました。妖怪をテーマとした民俗学本で知って、読みこんだものです。衒学的な知識欲も満たせながら愉しんでいました。今度は中国魔術を調べたうえで、【ネクログ】を描かれたようです。死者を蘇らせる話であります。中国の民俗学には詳しくないですので、未知なる世界観に感心しながら読んでいました。仙術バトルがつかみどころもない不思議な雰囲気でしたね。幼少から慕っていた女性が亡くなり、主人公が生返らせようとします。死者との別れについて考えてみるのもいいですね。4巻はとても分厚かったです。次どの分野で切りこんでくるか楽しみですね。

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。