スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CROSS-94 激突! バーニングソウルVS破滅の光

【遊戯王シングルカード】 《スターストライク・ブラスト》 スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン ウルトラレア stbl-jp042【遊戯王シングルカード】 《スターストライク・ブラスト》 スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン ウルトラレア stbl-jp042
()
コナミ

商品詳細を見る

 ライトニングとの決着がつきます。

 ライトニングは侮れない決闘者だ。運頼りであるはずの《アルカナフォース》を、掌中にしてるがごとく使いこなしている。だが、ジャック・アトラスは運命力などに屈しない。俺のバーニングソウルに呼応するかのように、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が咆哮した。ヤツを倒すためにも、ホィール・オブ・フォーチュンで夕闇を切っていく。



【6ターン目:ライトニング】LP3000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ライトニング:《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:守備力4000・Lv10》が守備表示。モンスター1体が裏側守備表示でセットされている。永続罠《光の波動結界》&永続罠《ラッキー・チャンス!》を発動中。

ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《ウィキッド・リボーン》が残っている。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

スピード・カウンター:ライトニング+2 ジャック+5


「《光の波動結界》を逆手にとりダメージを与えてくるとは、さすがはジャック・アトラスだ。私のターン、ドロー。《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR:攻撃力1400・Lv4》を攻撃表示で召喚。《ラッキー・チャンス!》により正位置を宣言する」

 直角単位でカードが回転していく。当然のように正位置に収まる。大量の触腕を蠢かしながら、金属天使が降臨してきた。《ラッキー・チャンス!》の効果で、ライトニングはカード1枚をドロー。《アルカナフォース》を出せば、必然的にカードを引けるようなものだ。クロウならば、こう叫ぶであろう。インチキ効果も大概にしろと。

「《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR》の正位置効果により、《アルカナフォース》のパワーは500ポイントアップする。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【7ターン目:ジャック】LP1500、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ライトニング:《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:守備力4000・Lv10》が守備表示。モンスター1体が裏側守備表示でセットされている。永続罠《光の波動結界》&永続罠《ラッキー・チャンス!》を発動中。

ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《ウィキッド・リボーン》が残っている。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

スピード・カウンター:ライトニング+3 ジャック+6


「俺のターン、ドロー。《光の波動結界》のデメリットを利用させてもらおう。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》で《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》を攻撃する」

 《光の波動結界》により、《アルカナフォース》を対象にした攻撃は封じられる。《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》はライトニングにとって要のはず。戦闘破壊させるわけがない。猛火をまといし豪腕が、光のバリアによって阻まれる。

「《光の波動結界》の発動したバトルフェイズ終了時、デッキからカード1枚をドローする。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【8ターン目:ライトニング】LP3000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ライトニング:《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:守備力4000・Lv10》が守備表示。モンスター1体が裏側守備表示でセットされている。永続罠《光の波動結界》&永続罠《ラッキー・チャンス!》を発動中。

ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《ウィキッド・リボーン》が残っている。魔法&罠カードゾーンにカード3枚をセットしている。

スピード・カウンター:ライトニング+4 ジャック+7


「あなたのライフは800ポイントを下回っている。勝負を決めるのに、戦闘すらも必要ない。私のターン、ドロー。スピード・カウンターは2つ以上ある。《Sp-運命の呪縛》を発動。《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR》に呪縛カウンター2つを置き、1つを取りのぞく。《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR》の攻撃力の半分だけダメージを与える」

「ダメージ対策をしていないと思ったか!? 永続罠《バーニング・ソウル》を発動。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が存在するかぎり、効果ダメージを倍にして跳ねかえす」

 ライトニングが振りかえり、掌から光球弾を連射してきた。それらを《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が受けとめて、力いっぱいに投げかえす。走行中のライトニングに衝突し、1900ポイントのダメージを与えた。相手ライフが1100ポイントにまで減らされる。ライトニングのD・ホィールが揺らぎ、俺は一気に距離差を縮めていく。

「ならば、戦闘破壊するまでだ。《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:攻撃力4500》を攻撃表示に変更して、手札から《アルカナフォースⅩⅦ-THE STAR:攻撃力2700・Lv7》を装備する。装備モンスターは、レベル1つにつき、攻撃力が200ポイントアップする」

 《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》が戦闘態勢へと起きあがった。暗黒光を爆発させて、その攻撃力は6500ポイントにまで上昇していく。漆黒天使が不気味に輝いている。背中から伸びあがった双頭竜が、口を開いた。今にもブレスを吐きつけようとしている。

「《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》で《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》を攻撃する。正位置効果により連続攻撃が可能だ。《アルカナフォースⅩⅦ-THE STAR》の効果で、この戦闘中に《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》は効果無効となる。光に従うがいい!」

「このジャック・アトラスは、常に貴様の三手先を読んでいる。《アルカナフォースⅩⅦ-THE STAR》の効果発動時、永続罠《スクリーン・オブ・レッド》を発動していた。《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》の攻撃宣言を封じる」

「おのれっ! 《アルカナフォース0-THE FOOL:攻撃力0・Lv1》を反転召喚。《ラッキー・チャンス!》の効果で1枚ドロー」

「《罠カード《アルカナコール》を発動。墓地から《アルカナフォースⅩⅩⅠ-THE WORLD》を除外して、その正位置効果を《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》に付与する。ターンエンド。モンスター効果を発動。《アルカナフォース0-THE FOOL》と《アルカナフォースⅣ-THE EMPEROR》を墓地に送り、相手ターンをスキップする」

 ザ・ワールド! ハイウェイ全体が真白に染めあげられていく。



【9ターン目:ライトニング】LP1100、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ライトニング:《アルカナフォースⅩⅦ-THE STAR》を装備した《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:攻撃力6000・Lv10》が攻撃表示。永続罠《光の波動結界》&永続罠《ラッキー・チャンス!》を発動中。

ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《ウィキッド・リボーン》&永続罠《スクリーン・オブ・レッド》&永続罠《バーニング・ソウル》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

スピード・カウンター:ライトニング+5 ジャック+8


「私のターン、ドロー。ターンエンド」

 俺のターンを飛ばしたところで、《スクリーン・オブ・レッド》を除去しないかぎり、攻撃宣言はできない。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》はカード効果により破壊できない。効果ダメージも封じている。しかし、ライトニングは勝利を確信したかのように走っている。



【9ターン目:ジャック】LP700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ライトニング:《アルカナフォースⅩⅦ-THE STAR》を装備した《アルカナフォースEX-THE DARK RULER:攻撃力6000・Lv10》が攻撃表示。永続罠《光の波動結界》&永続罠《ラッキー・チャンス!》を発動中。

ジャック:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン:攻撃力5300・Lv12》が攻撃表示。永続罠《ウィキッド・リボーン》&永続罠《スクリーン・オブ・レッド》&永続罠《バーニング・ソウル》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

スピード・カウンター:ライトニング+6 ジャック+9


「俺のターン、ドロー。このターンで、引導を渡してくれる! スピード・カウンターは8つを越えている。《Sp-ファイナル・アタック》を発動。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の攻撃力は倍になる。決着をつけるのに、うってつけのカードだ!」

「罠カード《シンクロ・ソニック》を発動。自分フィールドのシンクロモンスターの数だけ、相手の魔法・罠カードを破壊する。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》よ! 《光の波動結界》を粉砕せよ!」

 運命力の根源を、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が殴りつぶす。それでも、相手は揺るがない。

「《スピード・ワールド2》の効果を発動。スピード・カウンター7つを取りのぞき、デッキからカード1枚をドローする。貴様の自信を叩きつぶすカードを引いたぞ! このカードに運命を委ねる。スピード・カウンターは2つ以上ある。《Sp-パワー・エコー》を発動。相手の手札1枚をランダムに選択する。そのカードが《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》よりパワー低いモンスターならば、破壊する」

 ライトニングの手札1枚が公開される。それは《オネスト:攻撃力1100・Lv4》であった。光属性モンスターが戦闘を行なうダメージステップに、手札から墓地へ送りこみ、相手モンスターの攻撃力分だけパワーアップさせるカードか。危ないところだ。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が《オネスト》を焼きつくす。ライトニングが呻く。

「攻撃力10600ポイントにまで昇りつめた《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》で、《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》を攻撃する」

 高まるバーニングソウル。《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》が超高速で飛行して、《アルカナフォースEX-THE DARK RULER》へと体当たりを貫かせる。全身に亀裂が走りだし、盟主とやらは燃えあがる。シンクロするかのように、ライトニング自身も崩壊していく。

「馬鹿なっ! このライトニングが、破滅の光が、人間ごときに敗れるとは……」

 槍状のD・ホィールごと、ライトニングは消滅した。光が消えさり、夜闇が温かく包みこんでくる。ホィール・オブ・フォーチュンを止めて、一息だけ吐く。どうやら、休んでいる暇はないようだ。右腕の痣が赤光している。より強大な敵が近づいているのか。そこへと駆けつけるために、モーメントエンジンを最大パワーで噴かせた。





【エピソード5-D・セブンスターズ・その28】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

Sp-運命の呪縛、シンクロソニック、レッドノヴァなどオリカも上手い具合に混ざっていていいね。最後のオネストを封じたパワーエコーもパワーデッキだからこそ入る意識で作られているし。
今回はドローしすぎのような気もするがまあいいか。
あとは覇王戦だけかな?

No title

 majesticさん、感想ありがとうございます。

 アニメオリカに自作オリカも混ぜてみました。《ラッキー・チャンス!》や《光の波動結界》で、ちょこまかドローしまくるデュエルになりました。さらには、ライトニングの戦略に隙ができていたので、さらに1枚ドローする展開に修正しました。私の書くデュエルのパターンになってきましたので気をつけなければ。

 残りは覇王&その手下軍団です。GXでもセブンスターズの後に、影丸会長が襲ってきましたが、該当するイベントあります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。