スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CROSS-109 奪われたレッド・デーモンズ・ドラゴン

遊☆戯☆王5D's ヴォーカルベスト遊☆戯☆王5D's ヴォーカルベスト
(2012/09/19)
TVサントラ

商品詳細を見る

 ダルクとジャックのタッグデュエルです。

 ジャックの相棒である《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が、敵側に立っている。鉄灰色の大陸雲が、不安に拍車をかけていく。カリムとシャダは、予想以上に手強い。経験が積重なり、ボクのデッキは確実にパワーアップしてきている。ジャックの仲間を取りもどして逆転するからね。



【5ターン目:ダルク】LP1200、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ダルク:《ダーク・リゾネーター:守備力300・Lv3・チューナー》が守備表示。

シャダ:《フェルグランドドラゴン:攻撃力2800・Lv8》&《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》&《ウィクトーリア:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《冥界の宝札》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード3枚がセットされている。


「俺のターン、ドロー。ライフを800ポイント払い、魔法カード《魔の試着部屋》を発動。自分デッキを4枚めくって、レベル3以下の通常モンスターがあれば特殊召喚する」

 ライフは400ポイントにまで減った。一撃でやられてしまう数値だ。それでも、このカードに賭けるしかない。空色髪のメイド少女が、クルリンパと回転した。《アルパカ・ガール:攻撃力1200・Lv3・チューナー》だけ呼びだせた。《アルパカマン・ブラウン》などは条件満たしていなく、デッキへと帰っていく。彼が来てくれて、希望が湧きあがる。

「《アルパカ・ガール》がいることにより、魔法カード《アルパカとわたし》を発動。デッキから《アルパカ:攻撃力800・Lv2》と《アルパカマン:攻撃力1600・Lv3》を特殊召喚する。さらに、《ベビー・アルパカ:攻撃力400・Lv1》を召喚!」

 《ジャッカルの聖戦士》によりデッキへと戻された《ベビー・アルパカ》が帰ってきた。おしゃぶりを咥えながら、よちよち歩いてくる。

「魔法カード《アルパカの贈り物》を発動。《アルパカ》の種類だけドローするよ。4枚ドロー」

「いいカードを引いたね。手札から速攻魔法《女装解除》を発動。《アルパカ・ガール》をリリースして、デッキから《アルパカ・ナイト:攻撃力1900・Lv5・チューナー》を特殊召喚。この効果で特殊召喚したから、攻撃力が500ポイントアップするの」

「何だ、そのモンスターは!? 男でありながら、そんな衣装を着ていたのか?」

「ジャック、別にいいじゃない。レベル2《アルパカ》とレベル3《アルパカマン》に、レベル5《アルパカ・ナイト》をチューニング!」

「伝説に謳われし、アルパカの先導者よ。聖剣を振りかざし、新たなる希望を切開け! シンクロ召喚! 《剣聖アルパカ・フリード:攻撃力3000・Lv10》!」

 白銀アーマーをまとった聖騎士が、アルパカに乗ってきた。メイド衣装時からは想像もできないほどの勇姿。子供たちの感嘆が漏れてきた。物陰に隠れながら、こっそりとアニーたちが観戦している。避難したかと思ったけど、引きかえしてきたのか。

「魔法カード《アルパカ・クエイク》を発動。手札から《デブアルパカ:攻撃力2400・Lv5》を特殊召喚して、相手ライフに500ポイントのダメージを与える」

 大空から《デブアルパカ》が落ちてきた。大地を揺らす。地面を伝わる衝撃波が、シャダに尻餅をつかせる。相手ライフは2400ポイントにまで減っていく。

「《剣聖アルパカ・フリード》のモンスター効果を発動。《アルパカ》たちのパワーを、このカードに集約させるよ。ただし、他の《アルパカ》は攻撃できなくなる。このカードがアタックするとき、ダメージステップ終了時まで相手フィールドと墓地のカード効果は無効になる」

「攻撃宣言時の前に、速攻魔法《神秘の中華なべ》を発動するまでだ。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》をリリースして、その攻撃力分だけ自分ライフを回復する」

 シャダのライフが3000ポイントも回復して、5400ポイントになった。初期ライフを大幅に上回っている。これでは、このターンに勝負を決められない。《ベビー・アルパカ》と《デブアルパカ》が、エナジーを送りこむ。《剣聖アルパカ・フリード》は攻撃力5800ポイントにまで急上昇。

「《剣聖アルパカ・フリード》で《ウィクトーリア》に攻撃!」

 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を奪った天使族モンスターだ。戦闘破壊させてもらうよ。迫りくるドラゴンヘッドをなぎはらい、アルパカで駆けていく。曇天へと跳躍して、黄金女神に斬りかかった。ロッドで抵抗しようとするも、それごと一刀両断。4000ポイントもの戦闘ダメージを与え、シャダのライフを1400ポイントにまで割った。相手が大きく吹きとぶ。

「魔法カード《馬の骨の対価》を発動。通常モンスター《ベビー・アルパカ》を墓地に送り、デッキからカード2枚をドローする。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【6ターン目:カリム】LP1400、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ダルク:《剣聖アルパカ・フリード:攻撃力3000・Lv10》&《デブアルパカ:攻撃力2400・Lv5》が攻撃表示。《ダーク・リゾネーター:守備力300・Lv3・チューナー》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚がセットされている。

カリム:《フェルグランドドラゴン:攻撃力2800・Lv8》が攻撃表示。永続魔法《冥界の宝札》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚がセットされている。


「私のターン、ドロー。手札から《創世の預言者》を捨て、魔法カード《死者転生》を発動。シャダの墓地から《ウィクトーリア:攻撃力1800・Lv4》を手札に加える。召喚! モンスター効果を発動して、相手墓地から《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8》を特殊召喚する」

「おのれっ! 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を弄ぶとは許せん!」

 パートナーの墓地を利用できる。《ウィクトーリア》がロッドを振りあげて、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を操りだす。ジャックの怒りも分かるよ。大切なパートナーだからね。

「《フェルグランドドラゴン》と《ウィクトーリア》を墓地に送り、手札から《マアト:攻撃力?・Lv10》を特殊召喚する。装備魔法《マアトの羽》をリバースして装備! 速攻魔法《魔導書整理》をリバース。自分デッキを3枚めくって、好みの順番で置きなおす。《マアト》のモンスター効果を発動。カード名3つを宣言する。デッキからカード3枚をめくり、宣言したカードがあれば手札に加える」

 光属性の天使とドラゴンを墓地送りにして特殊召喚できるモンスターか。古代エジプトの聖者が降りてくる。千年アイテムを全身装着しており、輝かしいまでの威容を誇っている。《魔導書整理》との相性は、卑怯すぎるほどにぴったりだ。

「《死者蘇生》、《聖なるバリアーミラーフォース》、《シールドクラッシュ》を宣言する。これらのカードを手札に加える。その枚数×1000ポイントが、《マアト》のパワーとなるもの。装備魔法《マアトの羽》により、手札に加えたカード数×2000ポイントが攻撃力となる」

 《マアト》が大翼を解放した。黄金オーラが滂沱のごとく流れだす。攻撃力は6000ポイントにまで高まった。カードテキストを確認しなきゃ。《マアトの羽》により、装備モンスターが攻撃する場合、ダメージステップ終了時まで相手は魔法・罠カードを発動できないようだ。

「魔法カード《シールドクラッシュ》を発動。守備表示である《ダーク・リゾネーター》を破壊する」

「魔法カード《死者蘇生》を発動。墓地から《フェルグランドドラゴン:攻撃力2800・Lv8》を特殊召喚する。フィールドを経由して墓地に送られたことにより、特殊召喚が可能となった。墓地から蘇ったことにより、自分墓地にある《ジャッカルの聖戦士:Lv7》を選択する。そのレベル1つにつき、このカードの攻撃力は200ポイントアップするのだ」

 衝撃が《ダーク・リゾネーター》を砕く。《フェルグランドドラゴン》が地中から飛翔して、黄金色に輝いた。そのパワーは4200ポイントにまで急上昇。相手は伏せカードを使いきり、手札のカードは1枚を残すところとなった。3体の大型モンスターが威嚇してくる。

「《マアト》で《剣聖アルパカ・フリード》を攻撃!」

「手札から《フリーズ・クリボー》を捨て、モンスター効果を発動するよ。モンスター同士の戦闘によるダメージを0にして、モンスター1体を表側守備表示にするの!」

 カリムが右手を突きだした。剥きだされた片胸が目立つ。《マアト》がロッドを高速回転させ、聖光を発射した。圧倒的な威力に飲みこまれ、《剣聖アルパカ・フリード》が消滅させられる。フリフリーッ! 氷漬けの《フリーズ・クリボー》が盾となり、ボクを守ってくれる。さらに、猛吹雪を放つ。《フェルグランドドラゴン》が雪塗れとなり、次第に屈まされていく。

「聖なるカーを使いこなすか! 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》で《デブアルパカ》を攻撃!」

「永続罠《アルパカの訴え》を発動。1ターンに1度だけ、《アルパカ》を対象にする攻撃を無効にする。それだけじゃないよ。攻撃モンスターにアルパカウンター1つを乗せる」

 アウス探しの途中でゲットした新カードなんだ。《デブアルパカ》が土下座して、哀願しだす。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が振りあげた拳を収めだした。ゆっくりと退いていく。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

「手札から《フリーズ・クリボー》が捨てられたエンドフェイズ、墓地から《ナイト・クリボー:守備力200・Lv1》を特殊召喚するよ」

 その瞬間。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が激昂した。《フェルグランドドラゴン》に灼熱ブレスを浴びせだす。無抵抗なままに、守備表示の《フェルグランドドラゴン》が効果破壊された。その様子に、カリムが驚愕しだした。

「馬鹿なっ! 抵抗しただとっ……。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は、我らが下部となったはず……。そんな状況に置いても、魂までは支配できないのか……」



【7ターン目:ジャック】LP400、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ジャック:《デブアルパカ:攻撃力2400・Lv5》が攻撃表示。《ナイト・クリボー:守備力200・Lv1》が守備表示。永続罠《アルパカの訴え》が発動中。

カリム:装備魔法《マアトの羽》を装備した《マアト:攻撃力6000・Lv10》&《レッド・デーモンズ・ドラゴン:攻撃力3000・Lv8・アルパカウンター+1》が攻撃表示。永続魔法《冥界の宝札》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚がセットされている。


「貴様らごときに、我が魂は使いこなせない! 俺のターン、ドロー。ダルク、礼を言うぞ。《アルパカの訴え》により、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は返してもらう。自分メインフェイズに《デブアルパカ》を墓地に送り、アルパカウンターが乗った《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果を使用した場合、《アルパカの訴え》は破壊される」

「《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が存在することにより、魔法カード《クリムゾン・ヘルセキュア》を発動。セットしたであろう《聖なるバリア-ミラーフォース》を破壊する」

「《救世竜 セイヴァー・ドラゴン:攻撃力0・Lv1・チューナー》を召喚」

「再びモンスターを借りるぞ。レベル8《レッド・デーモンズ・ドラゴン》とレベル1《ナイト・クリボー》に、レベル1《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》をチューニング!」

「研磨されし孤高の光、真の覇者となりて大地を照らす! 光輝け! シンクロ召喚! 大いなる魂、《セイヴァー・デモン・ドラゴン:攻撃力4000・Lv10》!」

 ジャックのシグナーサインが輝いた。ボクの右腕も熱くなる。《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》が、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》と《ナイト・クリボー》を包みこむ。赤き龍の化身が降臨した。

「《セイヴァー・デモン・ドラゴン》のモンスター効果を発動。《マアト》のモンスター効果を無効にして、その攻撃力を吸収する。《セイヴァー・デモン・ドラゴン》で《マアト》に攻撃!」

 アルティメット・パワーフォース! 《マアト》は赤結晶に幽閉された。モンスター効果によりハイパワーを保っていたんだ。失われると、その攻撃力は0となる。《セイヴァー・デモン・ドラゴン》が上空高くへと飛翔した。アニーたちも見上げている。回転しながら急速降下。赤光する巨体が、相手モンスターに衝突した。《マアト》だけでなく、相手ライフも砕かれたようだ。



「すまない。どうやら、我々は顔無きスフィンクスに支配されていたようだ。アクナディン様も……」

「君の仲間に、邪悪なる魂が埋めこまれている。気をつけるんだ」

 そう言葉を残して、カリムとシャダが黄金粒子となり消えていった。ジャックと視線がぶつかる。ボクを認めてくれたのかな? 一瞬だけど、そんな表情を浮かべていた。子供たちが駆けてくる。アニーの頭を撫でると、すごいと誉めてくれた。

 アウスに関する情報を集めていきたいけど、そうする必要もないようだ。D・ホィールが止まり、女性がヘルメットを脱いだ。エジプトチックな黒衣装を着ている。裸眼になっており、ユベルのようなオッドアイで微笑んでいる。放たれる異様な雰囲気に、ジャックが警戒している。アニーが恐がって、ボクの後に隠れだした。アウスが幼女を睨みつける。殺気がこめられた眼差しで。

 とても辛くなる。最愛のアウスと再会できたのに。

「ごめんね、ダルクくん。すぐにも逢いたかったけど、やりたいことを先に済ましておいたんだ。ねぇ、そこの女。私のダルクくんから離れてくれない? 消しちゃうよ?」

 アウスが携帯装置を弄ると、《デーモン・ビーバー》が空中に出現した。両目が赤く輝きだす。





【エピソード6-古代神官の宴・その9】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

レッドデーモンズドラゴンのデメリットを利用した使い方だね。こういう魅せ方はけっこう好き。敵も懐かしいが使いこなせば強いカードを使ってきて中々に面白みがあった。
今回、ナイトクリボーのレベル1という点が割りと役に立っているね。

OCGの環境がヤバイよ。征竜と魔導ばかり、もうインフレは止めてくれ。
インゼクターもおかしかったが、これはもっとおかしい。特に征竜は手札減らないし事故率少ないのにまともな欠点ない上に攻防どちらも優秀とかなんやねん。
それでも4月パックで強化されるシンクロやデーモンで無謀な戦いに挑んでみる。ダメならしばらく大会は諦めよう

No title

 majesticさん、感想ありがとうございます。

 《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を使用するとき、気をつけなければいけませんね。《ナイト・クリボー》は何度も特殊召喚でき、使いやすいかも。ダイレクト・アタック機能もついていますし。

 《インゼクター》全盛期よりもマシになるかと思いきや、ますます危なくなってきましたか。《魔導》は壊れカードが出てきましたね。《征竜》も属性強化かと思いきや、暴走しだしましたか。それぞれが好みのデッキで優勝できそうな環境がいいのですけど、優勝できそうなのが特定デッキに偏ってしまいますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。