スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CROSS-122 旧支配者ハスターを撃破せよ! シグナーの絆

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【2】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【2】
(2008/12/17)
宮下雄也、星野貴紀 他

商品詳細を見る

 終盤部分が変わっています。

『いあ! いあ! はすたあ! はすたあ! くふあやく ぶるぐとむ ぶぐとらぐるん ぶるぐとむ』

 ウィン・カーウィンの右手甲が輝きだした。奇妙な紋章が浮かびあがっている。口を三日月のようにして哄笑している。湧きたつ死臭。バイオリンの音色が速度を増していき、死の葬送曲があたりを包みこむ。観客席からは詠唱が止まらない。白仮面どもが立ちあがり、両腕をかかげだした。声量が増していき、テンポも早くなっていく。仮面奥の双瞳は腐りきっている。

「これは、【黄衣の王】と契約をした証だよ。パパが埋めこんでくれたんだ。あはっ! あははっ! もうすぐ、もうすぐ、ハスターが召喚されるよっ!」

 ウィンがエクストラデッキからカードを取りだして、ディスクに勢いよく置いた。寒気が足元から這いあがってくる。《地縛神》を超えるほどの恐怖に食べられてしまう。不安に包囲されてしまい、ルアの手を握りこんだ。屍人貴族の視線が集中してくる。

「黄衣カウンター8つが乗った《黄衣の王》と《戯曲-黄衣の王・第2部》をリリースして、《外なる神-旧支配者ハスター:攻撃力5000・Lv12》を特殊召喚! そして、黄衣カウンターと攻撃力を継承します。自分ライフが0ポイントであるかぎり、このカードは相手カードの効果を受けません。このカード以外のモンスターは攻撃対象になりません。あははっ! これで、遠慮なく愛せますよね。傷つけられますよねぇ!」

 《異界都市カルコサ》も相まってか、《外なる神-旧支配者ハスター》は攻撃力7400ポイントまで上昇していく。遠くから静観してくる黒湖。波紋が広がったかと思えば、にょきにょきと触手が伸びあがってきた。水飛沫を爆発させながら、名状しがたきものが浮遊しだす。いくつもの月を背景にして、緑羽が開放された。黄衣は裂かれてしまい、巨怪物が膨張していく。ぬちゃぬちゃと触手群を波打たせている。殺意の視線を降ろしてきた。

「《外なる神-旧支配者ハスター》で《ブラック・ローズ・ドラゴン》に攻撃するよ。終わりだねっ!」

 尖塔の森が、闇空を刺している。《外なる神-旧支配者ハスター》が咆哮をあげた。聞いてしまうだけで死んでしまいそうになる叫び。大嵐が舞台へと襲いかかる。

「そうはさせない! 《D・ボードン》を破壊して、罠カード《リメイク・パズル》を発動。バトルフェイズを終了させるよ。破壊したモンスターよりもレベルが低い《D・ライトン:守備力200・Lv1・チューナー》を墓地から特殊召喚する」

 ルアのおかげだ。意識を恐怖で占められそうだけど、お兄ちゃんは立ちむかう。敗北は回避できた。《黄衣の騎士》が残っているけど、バトルフェイズ自体を終らせたんだ。ウィンがうつむきながら、何かを呟いている。頬をかきむしっている。エンド宣言をしたようだ。



【10ターン目:ルカ】LP1700、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ウィン:《外なる神-旧支配者ハスター:攻撃力7400・Lv12》&《黄衣の騎士:攻撃力2400・Lv4》2体が攻撃表示。フィールド魔法《異界都市カルコサ》が発動中。

ルカ:《ブラック・ローズ・ドラゴン:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。《D・ライトン:守備力200・Lv1・チューナー》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「旧支配者が相手でも、私は引かないからっ! 仲間がいるから恐くない! 私のターン、ドロー。《クリボン:攻撃力300・Lv1》を召喚。カード3枚をセットして、ターンエンド」

 クリクリー! 《クリボン》がフィールドに踊りでた。尻尾のリボンが可愛らしく揺れる。ルアとアキさんが支えてくれる。レグルスやドルンガも見守っているんだ。



【11ターン目:ウィン】黄衣カウンター+8、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ウィン:《外なる神-旧支配者ハスター:7400・Lv12》&《黄衣の騎士:攻撃力2400・Lv4》2体が攻撃表示。フィールド魔法《異界都市カルコサ》が発動中。

ルカ:《ブラック・ローズ・ドラゴン:攻撃力2400・Lv7》&《クリボン:攻撃力300・Lv1》が攻撃表示。《D・ライトン:守備力200・Lv1・チューナー》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード4枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。黄衣カウンター3つを取りのぞいて、《外なる神-旧支配者ハスター》のモンスター効果を発動します。《外なる神-旧支配者ハスター》はダイレクト・アタックができるのですよ。このカードがバトルダメージを与えたとき、相手フィールドのカード全てを破壊します」

 バイオリンが壊れたように叫びだす。オーケストラは怪物の咆哮となっている。観客席の屍人たちが踊っている。狂いきった魔宴だ。《外なる神-旧支配者ハスター》が触手を満開にした。暴風が舞台へと下っていく。ウィンに気を取られている場合じゃない。この攻撃を防がなければ、ルアとアキさんの頑張りが無駄になってしまうから。負けるわけにはいかない。

「《クリボン》をリリースして、罠カード《クリボンの輝き-ラブリー・フォース》を発動! あらゆるダメージを無効にして、バトルフェイズを終了させる。それだけじゃないよ! 墓地から光属性モンスター《エンシェント・フェアリー・ドラゴン:守備力3000・Lv7》を守備表示で特殊召喚。その攻撃力分だけ、相手ライフを回復させる」

 《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》が輝いている。その後光を受けながら、くるくるぴょんと《クリボン》がジャンプをした。ウィンの胸元に跳びこんでいく。邪風は追いかえされて、《外なる神-旧支配者ハスター》は動きを止められる。ウィンがうろたえだした。

「そんな! 私のライフを回復させるなんて。温かい……。こんなの愛じゃない……」

 ウィンが温かさに動揺している。相手ライフが2100ポイントにまで回復した。カード1枚をセットして、エンド宣言をした。彼女のコンボは、ライフが0ポイントという条件で発動するものだ。ライフレスコンボは使えなくなる。



【12ターン目:アキ】LP1700、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《外なる神-旧支配者ハスター:7400・Lv12》&《黄衣の騎士:攻撃力2400・Lv4》2体が攻撃表示。フィールド魔法《異界都市カルコサ》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

アキ:《ブラック・ローズ・ドラゴン:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。《D・ライトン:守備力200・Lv1・チューナー》&《エンシェント・フェアリー・ドラゴン:守備力3000・Lv7》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード3枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。ライフを500ポイント払い、魔法カード《カウンタークリーナー》を発動。黄衣カウンター全てを取りのぞく。これで、ライフレスコンボは完全崩壊したわ。《外なる神-旧支配者ハスター》を倒せる。ライフがなくなれば、あなたは敗北する」

「《ブラック・ローズ・ドラゴン》で《外なる神-旧支配者ハスター》を攻撃! 墓地の《夜薔薇の騎士》を除外して、手札から速攻魔法《イージーチューニング》を発動!」

「何を考えているのですか? それでも、攻撃力が下回っているのに」

 胸を押さえながら、ウィン・カーウィンが不安を浮かべだした。額眼からも、じわっと涙が零れている。困惑しながら、ぶるぶると首を振りまわしている。

「俺たちが、アキ姉ちゃんをサポートするんだ! 罠カード《シンクロ・ビッグ・トルネード》を発動。《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の守備力分だけ、《外なる神-旧支配者ハスター》をパワーダウンさせる。ライフが0ポイントじゃないから、カード効果も通用するんだね」

「《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》が存在することにより、罠カード《フェアリー・ブレス》を発動。《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》の守備力を3000ポイントアップさせる」

 これで、守備力6000ポイントにまで上昇した。《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》がホーリーブレスを吐きだした。その背中をがっちりと、《ライフ・ストリーム・ドラゴン》の精霊が支えてくれている。暗黒空が真昼のごとく、輝きに侵食されていく。ホワイトブレスが《外なる神-旧支配者ハスター》を貫いた。触手群を暴れさせながら、旧支配者が苦悶の叫びをあげる。攻撃力は1400ポイントにまでダウンしていく。ウィンも立ちなおったようだ。

「永続罠《邪心の足音》を発動します。《旧支配者》が存在するかぎり、相手モンスターは攻撃できません。あははっ! パパの言いつけどおりに勝ちますよ!」

「罠カード《妖精の風》を発動。フィールドの表側表示マジック&トラップ全てを破壊する。破壊したカード1枚につき、お互いのプレイヤーは300ポイントのダメージを受ける」

 聖風が劇場内を駆けぬけて、屍臭を吹きとばしていく。《邪心の足音》は破壊されて、ウィンのライフが1800ポイントにまで減らされた。これで、攻撃は封じられなくなった。オペラホールに亀裂が走り、白仮面たちが慌てはじめる。次々と逃げだしていく。演奏者が壊れているせいか、オーケストラもストップしている。この異空間も維持できなくなっているようだ。

「ありがとう! ルアとルカのおかげで、ハスターを倒せるわ」


『ブラック・ローズ・フレア!』


 《ブラック・ローズ・ドラゴン》に希望を託す。スカーレットブレスが《外なる神-旧支配者ハスター》に撃ちこまれる。《夜薔薇の騎士》のパワーが加わり、攻撃力3400ポイントにまで昂ぶっているんだ。相手モンスターが風波動で抵抗するも、触手が千切られていく。《外なる神-旧支配者ハスター》はエネルギーに喰われつくして消滅した。《黄衣の騎士》も巻きこまれ、触手剣を振りあげながら消えていった。2000ポイントもの戦闘ダメージが止めを刺す。

『おのれっ。NPCの分際で……』

 《黄衣の王》は存在しない。《外なる神-旧支配者ハスター》も存在しない。今度こそ、ウィン・カーウィンは敗北した。小さく何かを呟きながら、膝から崩れおちていった。額眼が消滅して、憑いていたモノが落ちたようだ。彼女の表情が穏やかになっていく。

「ここは、どこですか……? 私はいったい……?」



 私たちは曇天下の通りにいた。ウィンが路上に倒れている。意識がもうろうとしているようだ。彼女については不明部分が多いけど、一安心といったところかな。ルアと顔を見合わせた。それにしても、ハスターが残した言葉は何だったのだろうか?

 遠くから呻きが聞こえてくる。街にはゾンビが徘徊しているままだ。逃げなければいけない。アキさんがウィンを抱えだした。

「アキ姉ちゃん。そいつを助けるの?」

「この人は操られていただけに思えるから。安全そうな場所まで連れていくわ」

 ルアもアキさんを手伝いだした。





【エピソード7-最終決戦・その4】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。