スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-6 ガスタ猛攻! ウィン、頑張ります!

【遊戯王シングルカード】 《デュエルターミナル インヴェルズの侵略》 ガスタの巫女 ウィンダ ノーマル dt10-jp023【遊戯王シングルカード】 《デュエルターミナル インヴェルズの侵略》 ガスタの巫女 ウィンダ ノーマル dt10-jp023
()
コナミ

商品詳細を見る

 《M・HERO》って、全属性とはいきませんでしたね。

 少しでも追いつめられると、負けてもいいかなと諦めてしまう。それが私自身の弱さであり、欠点なのであろう。このデュエルは駄目みたいだけど、次で頑張れたらいいかな。そんな風に甘えていたのかもしれない。不利な状況から逆転していくのが醍醐味なのに、勿体ないことだ。どんな状況に追いつめられても、今を全力疾走しないと次は来てくれない。希望を抱いてドローしないと、デッキは応えてくれない。ライフを大幅に削られたけど、勝利のためにカードを引こう。



【5ターン目:ウィン】LP600、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《ガスタの神官ムスト:攻撃力1800・Lv4》&永続罠《リミット・リバース》により特殊召喚された《ガスタ・スクイレル:攻撃力0・Lv2・チューナー》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

ゆま:《M・HERO ヴェイパー:攻撃力2400・Lv6》&《マジック・ストライカー:攻撃力600・Lv3》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。大逆転しちゃいます! 《ガスタ・スクイレル:守備力1800》を守備表示に変更します。守備表示になったので、《リミット・リバース》と《ガスタ・スクイレル》は破壊されます。《ガスタ・スクイレル》が効果破壊されましたので、デッキからレベル5以上の《ガスタの賢者ウィンダール:攻撃力2000・Lv6》を特殊召喚!」

「墓地の《ガスタ・スクイレル》をデッキに戻して、《ガスタの神官ムスト:攻撃力1800・Lv4》のモンスター効果を発動。《マジック・ストライカー》のエフェクトをエンドフェイズまで無効にします。これで戦闘ダメージを0にできませんね」

 宮田ゆまさんの表情だけでなく、指先も揺らがない。対策を仕掛けているのだろう。

「罠カード《ガスタの風塵》を発動します。このターン、《ガスタ》の攻撃宣言時に、相手はカード効果を発動できなくなります。《ガスタの賢者ウィンダール》で《M・HERO ヴェイパー》を攻撃! 手札から速攻魔法《収縮》を発動します」

 《ガスタの賢者ウィンダール》がロッドを大回転させて、風塵を巻きあげた。宮田ゆまさんが焦燥を呑みこむ。攻撃対象モンスターは攻撃力1200ポイントにまで収縮した。オジサマが念力で烈風を撃ちだす。《M・HERO ヴェイパー》が全身を引き裂かれた。効果破壊できないけど、戦闘破壊ならできるんだ。手にした槍が落下して消滅した。800ポイントの戦闘ダメージを与え、相手ライフを3200ポイントにまで削った。

「《ガスタの賢者ウィンダール》が戦闘破壊に成功しましたので、墓地からレベル3以下の《ガスタ・イグル:守備力400・Lv1・チューナー》を特殊召喚します」

「《ガスタの神官ムスト》で《マジック・ストライカー》を攻撃!」

 老神官が木杖を突きだした。大風が《マジック・ストライカー》を吹きとばす。私にダイレクト・アタックを繰り返したミニナイトも、ついには戦闘破壊された。さらなる1200ポイントの戦闘ダメージが、相手ライフを2000ポイントにまで落としこむ。

「レベル6《ガスタの賢者ウィンダール》に、レベル1《ガスタ・イグル》をチューニング!」

「自然に満ちし大湿原よ。風の流れを送りこみ、我らを高みへと羽ばたかせよ! シンクロ召喚! 飛翔せよ、《ダイガスタ・イグルス:攻撃力2600・Lv7》!」

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 《ガスタの賢者ウィンダール》が巨鳥に乗りあがり、フィールド上空へと上昇した。屋内デュエルだから、高度にも限界があるのですけど。《ダイガスタ・イグルス》が急降下をして、相手のセットカード1枚を破壊した。自分エンドフェイズに墓地から風属性モンスター《ガスタの賢者ウィンダール》を除外して、セットカード1枚を破壊できるのだ。《聖なるバリア-ミラーフォース》を除去できた。ライフは負けているけど、相手フィールドを空けられました。



【6ターン目:ゆま】LP2000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《ダイガスタ・イグルス:攻撃力2600・Lv7》&《ガスタの神官ムスト:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。永続罠《リミット・リバース》が残っている。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

ゆま:無し。


「見事なコンボです。ドキドキしちゃいました。私のターン、ドロー。《E・HERO ザ・ヒート:攻撃力1600・Lv4》を召喚。自分フィールドの《E・HERO》1体につき、攻撃力が200ポイントアップします。これでも、《ガスタの神官ムスト》との相打ちしか狙えません」

「手札から速攻魔法《マスク・チェンジ》を発動。《E・HERO ザ・ヒート》を墓地に送り、炎属性モンスター《M・HERO 剛火:攻撃力2200・Lv6》を変身召喚! 自分の墓地に存在する《HERO》1体につき、このカードの攻撃力が100ポイントアップします」

 炎のヒーローが両腕を大仰に振りまわすと、腰辺りに玩具めいたベルトが現れた。バトルスーツが全身を覆いつくし、頭部には仮面がはめこまれる。特撮ドラマで観たようなヒーローが、カッコよくポーズを決めこんだ。攻撃力は2600ポイントにまで上昇している。

「《M・HERO 剛火》で《ガスタの神官ムスト》にヒーローキック!」

 《M・HERO 剛火》が力強く駆けだして、見事なまでに跳躍した。全身を炎の渦で包みこんでいる。キックがクリティカル・ヒットすれば、800ポイントの戦闘ダメージを受けて敗北してしまうだろう。最高のカードを仕掛けてあります。

「風属性モンスター《ガスタの神官ムスト》をリリースして、罠カード《風霊術-「雅」》を発動。《M・HERO 剛火》を相手デッキに戻します」

 《ガスタの神官ムスト》が木杖で、《M・HERO 剛火》の必殺キックを受けとめる。パワーは足りないが、微妙な加減で拮抗しあっている。《ガスタの神官ムスト》が詠唱を始めると、風の結界が2人に覆いかぶさり、フィールドから消滅させた。宮田ゆまさんの口元が引き結ばれている。

「手札も無くなりました。ターンエンドです」



【7ターン目:ウィン】LP600、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ウィン:《ダイガスタ・イグルス:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。永続罠《リミット・リバース》が残っている。

ゆま:無し。


「私のターン、ドロー。《ダイガスタ・イグルス》でダイレクト・アタック!」

 《ガスタの賢者ウィンダール》が巨鳥を駆って、宮田ゆまさんに降下アタックをぶつけた。軽く悲鳴をあげながら、彼女が尻餅をつく。ここまでの大ダメージを受けたので、ライフは0ポイントに落ちている。このデュエルに、私は勝てたんだ。

「楽しいデュエルでした。ガッチャ!」

 宮田ゆまさんがポーズを決めている。自然な笑顔が向けられている。私も真似をしてみた。



「おめでとう。校内試合では初白星じゃない」

「応援してくださって、ありがとうございます。おかげで頑張れました」

 礼を返すと、ツァン・ディレさんがそっぽを向いた。少しばかり頬が紅潮している。

「ゆまに勝てたことを誇っていい」

 モーヤンのカレーを味わいながら、レイン恵さんも誉めてくれた。呼び捨てにする仲なんだね。

「本当に悔しいです。《HERO》の動かし方を研究して、デッキ強化に励まなきゃ」

「次も勝てるように、私も一生懸命に努力します」

 そう答えると、宮田ゆまさんが嬉しそうに突いてきた。心臓がダンスをしっぱなしだ。

「偶然では勝利できない。ウィンの努力が実ったの」

「私もそう思います。ウィンは頑張りましたからね」

 ツァン・ディレさんに、宮田ゆまさんが言葉をつなげる。2人同士の視線が合った。宮田ゆまさんが微笑み、ツァン・ディレさんが照れっぽく両目を逸らす。

「恵さんも凄いですね。コナミくんに逆転勝利をしました」

「彼はデッキを変えたばかり。本来は宇宙戦闘機を使うけど、ルームメイトのケムマキくんに合わせて、忍者デッキを試している。慣れてきたら侮れない」

「男子も強豪揃いですよ。全校男子で最強なのはルアくん。意外でもないかな? WDGPの決勝戦では、ダルクさんを追いこんだほどですからね。入学当初は最弱だったという噂ですが、鰻上りに強くなっていきました。高等部でも、彼を狙っている女子がいるらしいですよ」

 WDGPか。記憶はないけど、私も出場したんだな……。

「女子で最強は十六夜先輩」

「アキさんの次に強いのが、ツァン・ディレさんですか?」

「ボクのことを買いかぶりすぎ。原先輩やルア坊に勝てないから」

「ツァンさんは強いと思います。努力家ですから、先輩たちも追いつけますよ」

 宮田ゆまさんは素直に誉めてくる。焼魚を器用にほぐしながら、ツァン・ディレさんが礼を呟いた。私はサンドウィッチを食んでいる。ツナサンドよりもポテトの方がいけるかも。チーズも含まれており、口中で大粒ポテトが崩れていく感触が何とも。ミックスジュースで喉を潤していく。ランチタイムだけあり、学生食堂は雑談が重奏している。

「食堂のオバちゃんも忙しそうですねぇ」

「ベテランさんが辞めたらしい」

 宮田ゆまさんとレイン恵さんが会話を続けている。女子生徒が近くを通った。クラスメイトの大庭ナオミさんだ。男子を避けるように移動している。目が合ったけど、睨みつけるように見下ろしてきた。すぐにも視線を逸らしだす。双眸には憎悪がこめられていた。





【TF-その6】





「よかれと思って、この世界にまで偵察に来ましたが、シンクロ・モンスターの情報収集に手間取りそうですね。ん? 就職情報誌によると、デュエル・アカデミアの学生食堂でパート募集ですか。未経験者もOKとは都合がいい。決闘者の学校に潜りこんでみましょう」




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。