スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A・ZEXAL-幻獣機使い・後編

【遊戯王カード】 幻獣機テザーウルフ レア 《ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー》 ltgy-jp022【遊戯王カード】 幻獣機テザーウルフ レア 《ロード・オブ・ザ・タキオンギャラクシー》 ltgy-jp022
()
遊戯王

商品詳細を見る

 好きな戦闘機モンスター・シリーズです。

 平和を象徴するハートランド・シティ。その上空で戦闘機が旋回している。その中でも、大型輸送機へと目を惹かれてしまう。先頭部分に白竜が生えており、機体の迫力を押しあげている。ARヴィジョンとはいえ、まるで公園が戦場になったかのようだ。

「俺のエースモンスターに見蕩れてるンじゃねぇよ。見物料として、レアカードを献上してもらゥぜ。自分フィールドに《幻獣機》が存在する。手札から速攻魔法《緊急応援》を発動して、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を特殊召喚する。エクシーズが存在するンで、1枚ドロー」

「《幻獣機トークン》をリリースして、《幻獣機レイステルス》のモンスター効果を発動。てめぇの仕掛けたマジックかトラップを爆撃する」

「お前が戦闘機を使っても、《奇策》で逆転してやる! 手札の《タスケルトン:攻撃力700・Lv2》を捨て、その攻撃力分だけ、《幻獣機ドラゴサック》をパワーダウンさせる」

 破壊対象となったトラップ《奇策》を発動した。黒豚モンスターから骨が飛びだして、飛行中の大型輸送機に衝突した。右翼部分に直撃したせいか、ぐらりと揺れている。このまま墜落したら危なそうだけど、ARヴィジョンだから問題ないか。攻撃力1900ポイントに落としたから、バトルでは恐れる必要もなさそうだ。こっちは大型ナンバーズもいるからな。

「《幻獣機ドラゴサック》で《No.17 リバイスドラゴン》を戦闘破壊できなくなったか。なァに、安心してるンだ? 間抜けな面を晒してよォ。こいつの本気は始まってもないんだぜ。オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《幻獣機ドラゴサック》のモンスター効果を発動! 《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》2体を特殊召喚する」

「《幻獣機トークン》1体をリリースして、《幻獣機ドラゴサック》のモンスター効果を発動。《No.17 リバイスドラゴン》を死刑にしてやる。黒焦げになりなっ!」

 《幻獣機ドラゴサック》が吠えあがった。背負っておる戦闘機が飛びだして、《No.17 リバイスドラゴン》に機関砲を浴びせる。轟音と閃光が炸裂して、海竜を容赦なく穿っていく。ナンバーズは破壊されてしまい、俺のフィールドは丸裸だ。

「破壊効果を使うと、《幻獣機ドラゴサック》はアタックできなくなる。運が良かったじゃねェか。カード1枚をセットして、ターンエンド。《空中補給》により、《幻獣機トークン》1体をリリースしておく」



【6ターン目:遊馬】LP3000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
キグナス:《幻獣機ドラゴサック:攻撃力1900・R7・O×1》が攻撃表示。《幻獣機レイステルス:守備力2100・Lv6》&《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》が守備表示。永続罠《空中補給》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

遊馬:無し。


「俺のターン、ドロー。モンスター1体を裏側守備表示でセット。カード1枚をセットして、ターンエンド」

「《空中補給》の効果で、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を特殊召喚。エンドフェイズってことで、《幻獣機トークン》をリリースする」

 かなり不利な状況に追いつめられている。これがバリアンの実力なのか。冷酷な眼差しが嘲笑っているみたいだ。俺は相棒から学んだ。諦めない心と、勝利の方程式を。アストラルを見上げると、しっかりと頷いてくれた。こうして一緒にいてくれるだけで心強い。



【7ターン目:キグナス】LP2200、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
キグナス:《幻獣機ドラゴサック:攻撃力1900・R7・O×1》が攻撃表示。《幻獣機レイステルス:守備力2100・Lv6》&《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》が守備表示。永続罠《空中補給》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

遊馬:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている


「なぁに、見つめあってンの? ラブラブなのかァ? それじゃあ、仲良く死んでもらうよ。俺のターン、ドロー。《幻獣機メガラプター:攻撃力1900・Lv4》を召喚。《幻獣機トークン》1体をリリースして、モンスター効果を発動。デッキから《幻獣機サーバルホーク》を手札に加える」

「《空中補給》の効果により、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を特殊召喚する。《幻獣機メガラプター》がいるンで、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を追加で特殊召喚する」

 恐竜デザインな戦闘機が、さらなる《幻獣機トークン》を呼び寄せる。《幻獣機ドラゴサック》のモンスター効果を使わせたくない。その前に除去しておこう。

「罠カード《エクシーズ・イジェクション》を発動。エクシーズ・モンスターである《幻獣機ドラゴサック》を除外する。この除外に成功したとき、相手はデッキからカード1枚をドローできる。破壊ではなく除外だから、《幻獣機トークン》があっても除去できる」

「メンドゥくせェことをしやがるぜ。《幻獣機トークン》全部をリリースして、カウンター罠《弾幕回避》を発動! 《エクシーズ・イジェクション》を無効にして破壊する。ぐっ……」

 《幻獣機ドラゴサック》が巨体から考えられないほどの高速機動を魅せだした。《エクシーズ・イジェクション》から放たれたビームを、ジグザグ移動で回避していく。機関銃を連射して、起きあがったばかりのトラップを穴だらけにする。どうしたのだろう? キグナスの全身が揺らめいて、苦しそうに呻きだした。すぐにも、痩せ我慢っぽく立ちあがる。

「試験用のバリアンズ・アイテムだからか。実体を保ち続けられない。一刻も早く、こいつらを倒さなければ。オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《幻獣機ドラゴサック》のモンスター効果を発動! 《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》2体を特殊召喚!」

「《幻獣機トークン》1体をリリースして、《幻獣機ドラゴサック》のモンスター効果を発動。セットモンスターを爆撃する。さらに、ダイレクト・アタック!」

 《エクシーズ・イジェクション》も通じなかった。《幻獣機ドラゴサック》の背中から飛びだった戦闘機が、裏守備モンスターを撃ちぬいていく。俺のフィールドにはカードがない。手札のカードも尽きた。《幻獣機メガラプター》が急降下してくる。モンスターも存在しないから、《タスケルトン》も発揮できない。こんな状況だからこそ、防御のチャンスが生まれているんだ。

「手札は0枚。相手モンスターが攻撃宣言をしたことにより、墓地から《タスケナイト:攻撃力1700・Lv4》を特殊召喚して、バトルフェイズを終了する」

 《幻獣機ドラゴサック》に効果破壊されたモンスターだ。《幻獣機メガラプター》の急降下アタックを和風騎士が受け止めた。何とか、このターンもしのげたようだ。《幻獣機》の弱点も見つけた。次々に《幻獣機トークン》を生みだすが、それこそが急所ともなるんだ。

「カード1枚をセットして、ターンエンド。《空中補給》の効果により、《幻獣機トークン》をリリースしておく。ったくよォ。しぶといじゃンか」



【8ターン目:遊馬】LP3000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
キグナス:《幻獣機ドラゴサック:攻撃力1900・R7・O×0》&《幻獣機メガラプター:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。《幻獣機レイステルス:守備力2100・Lv3》が守備表示。永続罠《空中補給》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

遊馬:《タスケナイト:攻撃力1700・Lv4》が攻撃表示。


「俺のターン、ドロー。たった1枚のカードから、勝利へのチャンスが湧きあがるんだ! 《ゴゴゴジャイアント:攻撃力2000・Lv4》を召喚。この召喚により、墓地から《ゴゴゴゴーレム:守備力1500・Lv4》を特殊召喚して、このカードを守備表示に変更する」

「3体のレベル4モンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築! 《隻眼のスキル・ゲイナー:攻撃力2500・R4・O×3》をエクシーズ召喚!」

「オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《隻眼のスキル・ゲイナー》のモンスター効果を発動! エクシーズ・モンスター《幻獣機ドラゴサック》となり、モンスター効果を得る」

 青き二刀剣士が舞いあがると、その姿は《幻獣機ドラゴサック》へと変化した。

「お返しだっ! オーバーレイ・ユニット1体を取りのぞいて、《幻獣機ドラゴサック》となった《隻眼のスキル・ゲイナー》のモンスター効果を発動。《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》2体を特殊召喚する。《幻獣機トークン》をリリースして、《幻獣機メガラプター》を破壊!」

「《空中補給》の効果により、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を特殊召喚する。このトークンが存在するかぎり、《幻獣機メガラプター》は破壊されない。忘れンなよ。デメリット効果もコピーしているってことをなァ。《隻眼のスキル・ゲイナー》は攻撃できなくなった」

「分かっていたさ。《隻眼のスキル・ゲイナー》の上から《爆炎の竜騎士ガイアフレイム:攻撃力2600・R7・O×2》をエクシーズ召喚。素材3体で特殊召喚されたエクシーズ・モンスターに重ねて召喚できるモンスターだ。このカードは貫通効果を持つ。《幻獣機トークン》に攻撃!」

 煉獄火炎を背景にして、赤き竜騎士が飛翔しだした。手にしたランスで貫こうとする。

「はっ! 《幻獣機トークン》が貫通効果に弱いと踏ンだのか。俺が対策を打ってなかったと想像できなかったのか? 罠カード《和睦の使者》を発動。このターン、俺のモンスターは戦闘破壊されず、俺自身も戦闘ダメージを受けない。つまりは、貫通効果も無駄ってことさ。ファーストターンからセットして、ようやく発動の機会が来たもンだぜ」

 《爆炎の竜騎士ガイアフレイム》の突撃はバリアに阻まれてしまい、地上近くにまで弾きかえされた。そんなカードまで仕掛けていたのか。エンド宣言するしかない。相手の《幻獣機トークン》は《空中補給》により回収された。



【9ターン目:キグナス】LP2200、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
キグナス:《幻獣機ドラゴサック:攻撃力1900・R7・O×0》&《幻獣機メガラプター:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示。《幻獣機レイステルス:守備力2100・Lv3》が守備表示。永続罠《空中補給》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

遊馬:《爆炎の竜騎士ガイアフレイム:攻撃力2600・R7・O×2》が攻撃表示。《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》が守備表示。


「俺のターン、ドロー。《幻獣機サーバルホーク:攻撃力2100・Lv4》を召喚。《空中補給》の効果で、《幻獣機トークン:守備力0・Lv3》を特殊召喚だ。《幻獣機トークン》をリリースして、《幻獣機サーバルホーク》のモンスター効果を発動。てめぇの墓地から《タスケルトン》を成仏させる」

 牙を生やした黒機体が、地中へと突っこんできた。《タスケルトン》が除外される。墓地から攻撃を防げるモンスターだったのに。苦悶を抑えながら、キグナスが指差してくる。

「ブーメランを返すようだが、てめぇの弱点を突かせてもらゥぜ。罠カード《超音速波》を発動! 《幻獣機サーバルホーク》の元々の攻撃力は倍になり、貫通効果を得る。てめェが特殊召喚した《幻獣機トークン》に攻撃すれば、俺の勝ちだ!」

 《幻獣機サーバルホーク》が音波砲撃を撒き散らす。周囲の木々が波打っている。攻撃力4200で守備力0に貫通攻撃が決まれば敗北してしまう。黒機体が急降下してきた。俺の目前で、《幻獣機サーバルホーク》に走査線が走りこみ完全停止をした。キグナスが絶叫しだす。

「勝ちが決まりそうなのに、限界が来ちまったてかァ! ふざけンなよっ! あと一歩でぶっ潰せるのによォ! ちくしょう! バリアン警察まで追ってきやがる! 覚えていやがれっ!」

 天使のようなボディに、ヤクザのごとき表情が宿っている。全身の輪郭がビリビリと震えだした。ガァーッ! そんな叫びを最後にして、キグナスは消滅した。



 デュエルは途中で終ったけど、負けたんだ。これが、バリアンの実力なのか。



「遊馬。蘇りつつある記憶からすると、バリアンには七皇と呼ばれる存在がいる。決闘神と謳われたデュエリストたちだ。彼らと比べても、キグナスは劣る。遊馬。私たちは強くなるしかない」

「そうだな。そうしないと、WDCも勝ちぬけないしな」

 手足の震えが止まらない。びびっているだけじゃない。武者震いというヤツだ。本当に危なかった。キグナスが消えなければ、ナンバーズを奪われていた。アストラルが消滅させられる危険もあった。安堵を吐いて、デュエル特訓の計画を立てていく。





【キグナスは一時撤退】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。