スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-18 ハートバーニング! ウィンVSハートランド

【遊戯王シングルカード】 《オーダー・オブ・カオス》 甲虫装機 ダンセル レア orcs-jp020【遊戯王シングルカード】 《オーダー・オブ・カオス》 甲虫装機 ダンセル レア orcs-jp020
()
コナミ

商品詳細を見る

 デュエル界で暴れていた昆虫族シリーズが襲いかかります。

 夕空には藍色がにじんでいる。寮監さんに叱られるだろうなぁ。早く女子寮に帰りたいところだが、足を引きとめられてしまう。キグナスさんが消えた瞬間に、オジサンが出現したのだ。派手な眼鏡のブリッジを押しあげながら、仰々しく自己紹介を始める。

「私はミスター・ハートランド。君たちからすると異世界の住人であろう」

「この世界の他にも、無数の異世界が存在すると聞いています。ハートランドさんもバリアン人なのですか? どうも人間のようですが……」

「その通り。異世界人であっても、バリアンではない。人間だ。訳があって、キグナス様に仕えているのだよ。実力でこそ天城カイトには劣るが、ハングリーさでは群を抜いている。向上心も高く、デュエルの腕が急速に伸びている。成長が楽しみだ」

 ルアくんが見上げた。出血している拳を、ルカちゃんがハンカチで包みこんでいる。

「情報は調べてある。ルアくんと言ったね? ファーンタスティック! 敗北こそしたがね。その年齢を考慮するに、信じられないほどの強さを得ている。このデュエルを観戦していたら、私の決闘魂が焚きつけられたものだ。勝負を挑ましてもらおう」

 ハートランドさんが私を見ている。そういえば、コロンちゃんもハートランド様とか言っていたような。帰宅時間が遅くなってしまうけど、この勝負を受けたい。ツァン・ディレさんと頷きあい、デュエル・フィールドへと進みでる。ハートランドさんも只者じゃない。気を引き締めていこう。

「安心したまえ。アンティルールではない。気楽に決闘をしようではないか」

「真剣にやらせていきます。負けませんから!」



『デュエル!』



【1ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「私の先攻ですね。ドロー。モンスター1体を裏側守備表示でセットして、ターンエンド」

 セットしたのは《ガスタの巫女ウィンダ:守備力400・Lv2》である。戦闘破壊されれば、チューナー《ガスタ》をデッキから特殊召喚できる。おそらくは、彼もエクシーズ・モンスターを使用するだろう。未知なるデッキには慎重に対処していこう。



【2ターン目:ハートランド】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ウィン:モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。


「私のターン、ドロー。《甲虫装機リュシオル:攻撃力100・Lv1》を召喚。モンスター効果を発動しまーす! 手札から《甲虫装機ギガグリオル》を《甲虫装機リュシオル》に装備する。装備モンスターの攻撃力は2000ポイントにパワーアップ!」

 初めて目にするモンスターに、ギャラリーが嘆声を波打たせていく。ツァン・ディレさんも息を呑んでいた。昆虫をベースにしたヒーローと表現すればいいのだろうか? 宮田ゆまさんもヒーローデッキを使うけど、雰囲気が大きく異なっている。戦士族モンスターかと思えば、昆虫族モンスターのようだ。種族というのは、外見のみでは判別しにくいです。

「《甲虫装機》が《甲虫装機リュシオル》に装備された。ここで素晴らしきエフェクトが発動される。相手フィールドのセットカードを確認させてもらおう!」

 小柄なホタルヒーローが、同胞をアーマーとして装着する。両目から光線が発射されて、裏側守備状態の《ガスタの巫女ウィンダ》を解析しだした。安心したかのように、ハートランドが微笑む。

「リクルーター効果は厄介だが、攻撃をしておこう。その前に、《甲虫装機の魔弓ゼクトアロー》を装備して、500ポイントのパワーアップをさせておく。《甲虫装機ギガグリオル》の効果により、《甲虫装機リュシオル》は貫通効果を得ている。インゼクター・アロー!」

 指先がドリルになっているが、それを武器とはしないようだ。片膝を着いてから、玩具めいた巨大ボーガンをかまえだす。攻撃力2500ポイントでの貫通効果とはきついかも。発射されて、ブォンと空気が揺れこんだ。《ガスタの巫女ウィンダ》が貫かれて消滅させられる。自分と酷似しているだけに、微妙に気分が悪くなってしまう。2100ポイントもの貫通ダメージが、私のライフを1900ポイントにまで減らしていく。ハートランドがテンション高くガッツポーズ。

「《ガスタの巫女ウィンダ》が相手モンスターの攻撃によって戦闘破壊されたので、《ガスタ・ガルド:守備力500・Lv3・チューナー》をデッキから特殊召喚します」

 魔法使い族モンスターではなく、実はサイキックモンスターなんだね。《ガスタの巫女ウィンダ》が墓地送り間際に杖を振りかざしていた。緑鳥が茜空から羽ばたいてくる。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:ウィン】LP1900、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ウィン:《ガスタ・ガルド:守備力500・Lv3・チューナー》が守備表示。

ハートランド:装備魔法《甲虫装機の魔弓ゼクトアロー》と《甲虫装機ギガグリオル》を装備した《甲虫装機リュシオル:攻撃力2500・Lv1》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《甲虫装機》は強力ですけど、《ガスタ》だって負けてはいません! 手札から速攻魔法《緊急テレポート》を発動します。デッキからレベル3以下のサイキック族モンスターである《ガスタの希望カムイ:攻撃力200・Lv2》を特殊召喚!」

 ルアくんと似た容貌をしているせいか、ギャラリーの視線が往復している。本来ならばリバース効果のためにセットしておきたいモンスター。シンクロ召喚につなげよう。

「レベル2《ガスタの希望カムイ》に、レベル3《ガスタ・ガルド》をチューニング!」

「自然に満ちし大湿原よ。風の恩恵を与えて、我ら大空と羽ばたかせよ! シンクロ召喚! 飛翔せよ、《ダイガスタ・ガルドス:攻撃力2200・Lv5》!」

 急速成長した《ガスタ・ガルド》に、《ガスタの希望カムイ》が乗りこんでいる。《ガスタの巫女ウィンダ》ではない。シンクロ素材によりヴィジョンが変化するのだ。

「ファーンタスティック! 素晴らしい! シンクロ召喚を目前にして感動だぁ!」

「墓地から《ガスタの巫女ウィンダ》と《ガスタの希望カムイ》をデッキに戻して、《ダイガスタ・ガルドス》のモンスター効果を発動! これが大自然の力! 相手フィールドの表側表示モンスター1体、《甲虫装機リュシオル》を破壊します」

「自然の猛風も《甲虫装機》には通じませーん! すでに、《甲虫装機の宝珠》を発動していたのだよ。攻守500ポイントアップの装備カードとして、《甲虫装機リュシオル》に装備されていた。このカードを墓地に送り、《甲虫装機リュシオル》を対象にするカード効果を無効にする」

 《ダイガスタ・ガルドス》の起こした猛風も、《甲虫装機の宝珠》の閃光により消されていった。モンスター効果も通用しないとは、ハートランドは強い。

「モンスター1体を裏側守備表示でセット。カード2枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:ハートランド】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ウィン:《ダイガスタ・ガルドス:攻撃力2200・Lv5》が攻撃表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

ハートランド:装備魔法《甲虫装機の魔弓ゼクトアロー》と《甲虫装機ギガグリオル》を装備した《甲虫装機リュシオル:攻撃力2500・Lv1》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。《甲虫装機ダンセル:攻撃力1000・Lv3》を召喚。モンスター効果を発動して、手札から《甲虫装機ホーネット》を装備する。痛みは一瞬です」

『FINAL FORM RIDE! HORNET!』

 どこからか電子的な男性声が流れてきた。トンボ・デザインの赤きヒーローが、《甲虫装機ホーネット》の背中を両手で開けていく。《甲虫装機ホーネット》が宙に浮かびあがり、ぐるりんと一回転。その経過でパイルキャノンにメタモルフォーゼ。それを《甲虫装機ダンセル》が抱えこんだ。元が蜂なだけあり、黄色と黒色の縞模様を成している。

「装備カード《甲虫装機ホーネット》を墓地に送ることにより、《ダイガスタ・ガルドス》を破壊する」

「そうはさせません! 風属性モンスター《ダイガスタ・ガルドス》をリリースして、罠カード《風霊術-「雅」》を発動。《甲虫装機リュシオル》を相手デッキの一番下に戻します」

 《甲虫装機ダンセル》がトリガーを引いて、巨大ニードルが発射された。間一髪のところで、《ダイガスタ・ガルドス》はリリースされた。飛び道具は命中せずに、空中を突き進んでいくのみ。《ダイガスタ・ガルドス》がいた場所から竜巻が生みだされて、《甲虫装機リュシオル》へと伸びていく。相手のデッキボトムへと叩きつける。リリース回避ができました。

「《甲虫装機ダンセル》の装備カードが墓地に送られたので、デッキから《甲虫装機センチピード:攻撃力1600・Lv3》を特殊召喚する。モンスター効果を発動して、墓地から《甲虫装機ホーネット》を装備する。装備カード《甲虫装機ホーネット》を墓地に送ることにより、セットモンスターをデストラクション!」

『FINAL FORM RIDE! HORNET!』

 効果破壊を逃れられたかと思えば、今度はムカデ・ヒーローが登場した。パイルキャノンへと変形した《甲虫装機ホーネット》を抱えこむ。パイルが発射されて、裏側守備表示の《ガスタ・サンボルト》が効果破壊されてしまった。雷獣が悲鳴をあげて消滅させられる。戦闘破壊じゃないので、特殊効果も発揮できない。

「《甲虫装機センチピード》の装備カードが墓地に送られたので、デッキから《甲虫装機ギガマンティス》を手札に加える。このカードを手札から《甲虫装機ダンセル》に装備して、攻撃力2400ポイントにアップさせる。さぁ、準備はできたっ!」

 《甲虫装機ダンセル》が両腕を広げながら浮かんでいく。《甲虫装機ギガマンティス》が各パーツにまで分解されて、《甲虫装機ダンセル》へと装着される。両腕に備えつけられたブレードを振りまわす。蟷螂タイプのアーマー戦士が、ここに降臨した。私のフィールドにはセットカードが1枚のみ。相手フィールドには、2体もの《インゼクター》が並んでいる。

「ハートバーニング! ギャラリーのみなさん! これが私の実力です!」

 こんなのって、ないよ……。





【TF-その18】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。