スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「とある科学の超電磁砲S」-まとめ

公式コミックアンソロジー とある科学の超電磁砲 featuring とある魔術の禁書目録 (2) (電撃コミックスEX)公式コミックアンソロジー とある科学の超電磁砲 featuring とある魔術の禁書目録 (2) (電撃コミックスEX)
(2013/09/27)
イチヒ、カネコマサル 他

商品詳細を見る

 最終回は学生集団による物量バトルでした。これまでのOPを流していき、総出演という形で盛りあげていますね。アイテムが乱入して、巨大ロボットも活躍してくれます。聞いた話だと、劇場版の要素も盛りこまれているいようです。御坂 美琴は宇宙近くまで飛んじゃいましたけど、生身で大丈夫ですか? 残念なことには、敵全体として小物っぽいイメージがあります。超能力者が優遇される社会に不満を抱いて、木原の爺さんに馬鹿にされてしまい、切れてしまった学生集団です。革命と自称していましたが、単に犯罪行為ですな。スケール大きい黒幕が控えてはいなかった。布束砥信のアフターが描かれた点では、すっきりとしました。

 一方通行やアイテムとのバトルは激しいもの。漫画原作有りの1クール目は盛りあがりましたけど、ちょいアニメ・オリジナルの部分は微妙に感じられました。スタディがキャラとして、いまいちな感じでしたので。アクセルさんや麦野沈利と比べるのも酷ですが。ついに視聴者がアニメ世界に這入りこんだのか疑いたくなるキャラまでいましたよ。大覇星祭編は3期目に期待しましょうか。アイテムは禁書3期(放映されるとすればですけど)にも登場するかと思いますが、悲惨なことになるのですね。暗部組織ですので、残酷な面も小さくないものです。

 一方通行がシスターズを殺して、美琴が切れて突撃するエンディング。2期全体の中で、そこが最も印象に残っています。素直に上手い表現だと感じられました。フェブリは素直に可愛らしかったです。





http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/stokyomx92724-8.html
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2013-09-28




テーマ : とある科学の超電磁砲 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。