スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-36 バリアン・カーリー登場! 運命の魔女再び

遊戯王カード 【 フォーチュンレディ・ライティー 】 ANPR-JP010-R 《エンシェント・プロフェシー》遊戯王カード 【 フォーチュンレディ・ライティー 】 ANPR-JP010-R 《エンシェント・プロフェシー》
()
遊戯王 エンシェント・プロフェシー(ANPR)

商品詳細を見る

 《フォーチュンレディ》の復活です。

 アトラス様のファンが襲われる事件が続いている。犯人は防犯カメラに、くっきりと映されていた。おそらくは、何者かに操られているのだろう。アトラス様を巡って対立しているが、彼女の人格については信頼している。けっして、誰かを傷つけるような人ではない。

「まさか、ダークシグナーに戻されたのか?」

「雰囲気的にも違うと思うわ。額に紋章があるけど、何だろう?」

 モニターを観察しながら、牛尾君が考えこむ。カーリーに倒された女性たちは、意識不明の重体に陥っている。医者に頼っても目覚めない。おそらくは、闇のデュエルによるものだろう。

「そういえば、デュエル・アカデミアでも女子生徒が暴走したらしいですね」

「十六夜アキさんから聞いたわ。その女子生徒も、額に紋章が浮かんでいたという」

 ネオ童美野において、大きな事件が起ころうとしている。嫌な予感が、冷汗として落ちていく。カーリー渚はアカデミアへ取材に向かったという。そこで、何かに巻きこまれたのだろう。ウィンに訊いてみるも、温厚な雑談で終わったらしい。彼女は車を止めっぱなしにしている。ガレージの監視カメラを調べてみるも、データが破損されている。レンズの分厚い眼鏡が、無残にも転がっていた。そこで彼女が襲われたに違いない。

「おっと、通報が来たようですね。……なにっ⁉ カーリー渚が現れただと!」



 アトラス様が通っていた喫茶店だ。ダルク・ウェイトリィも頻繁に利用していた。そのウェイトレスであるステファニーも、アトラス様を慕っているのだ。一緒に応援していたこともあり、挨拶と喧嘩程度ならしている。彼女も標的にされたのか。

「ちくしょう! 闇のデュエルが始まっていやがる」

「ステファニーはデュエルの素人よ。今すぐにも止めないと」

 濃厚な瘴気に遮られており、2人に近づけない。牛尾君が突っこむも、巨体が弾き返された。曇天が不安を高めていく。マスターが気絶しており、ゾラさんが介抱をしている。テーブルの散らばりようから、一波乱があったのだろう。ギャラリーが遠まわしに眺めこんでいる。

「ダルクちゃんに貰ったカード……。私のターン、ドロー。《ポケ・ドラ:攻撃力200・Lv3》を召喚。この召喚により、デッキから《ポケ・ドラ》を手札に加える。魔法カード《二重召喚》を発動して、この《ポケ・ドラ》も召喚するよ」

 空気が重々しいのか、ステファニーは喘鳴を繰り返している。脂汗が流れ落ちた。

「魔法カード《ドラゴニック・タクティクス》を発動。ドラゴン族モンスター《ポケ・ドラ》2体をリリースして、デッキからドラゴン族モンスター《ラビードラゴン:攻撃力2950・Lv8》を特殊召喚する。《フォーチュンレディ・アーシー:攻撃力2400》を攻撃!」

 仔竜2体が並んでリリースされる。白兎と融合したような巨竜が出現した。野獣味にあふれながらも、どこか滑稽なデザインだ。唸りで街中を震わせて、上空から襲いかかる。激烈な一撃が眼鏡魔女をえぐりこむ。ステファニーが辛そうな表情のまま、エンド宣言を唱えた。

「意外に攻めてくるじゃないの。私のターン、ドロー。フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》を発動。《フォーチュンレディ・ライティ:攻撃力200・Lv1》を召喚する。《フューチャー・ヴィジョン》の効果により、召喚されたモンスターは除外される」

 ダークシグナー時代の格好で、ターンを進行させる。

「《フォーチュンレディ・ライティ》がカード効果によって除外された。《フォーチュンレディ・ファイリー:攻撃力400・Lv2》をデッキから特殊召喚する。この特殊召喚により、《ラビードラゴン》を破壊して、その攻撃力分だけダメージを与えるわ」

 カーリー渚が挑発するかのように、右手を伸ばした。紅髪の魔女が呼びだされて、兎竜へと炎弾を撃ちこむ。《ラビードラゴン》は業火に浸食されつくした。2900ポイントものダメージが、ステファニーのライフを底着かせる。敗者は闇に飲みこまれて、意識を失う。

「消えなさい、泥棒猫」

「カーリー……。どうしちゃったの……」

 無情な眼差しが、倒れゆくステファニーを見下ろしていた。



「深影じゃない。一番に倒したい相手が、自ら来てくれたようねぇ」

 テレポーテーションを使用したかのごとく、私の目前に立っていた。いつの間に? 私の頬を撫であげて、カーリー渚が陶然と微笑みだす。気がつけば、私たちは闇瘴気に包まれていた。牛尾君が弾きだされている。心臓が静かに乱されていく。

「カーリーさん、どうしたのですか? そんな恰好までして」

「どうでもいいじゃない。ジャックは私だけの男性。邪魔な雌猫を退治しているの」

 額の紋章からは、邪悪な気配が漏れている。普段の優しげな双眸も、どこかへと消えている。カーリーはデュエル・ディスクを持ちあげた。

「さぁ、デュエルを始めましょう。バリアンの力で倒してあげる」

「バリアン……?」

 キグナスと名乗る決闘者が、そんな名前を叫んでいたらしい。あちらこちらで耳にするエクシーズ召喚。シティに何者かが侵攻しようとしている。この状況では、決闘を受けるしかないようだ。大丈夫。アトラス様の隣に立てるように、牛尾君から特訓も受けているから。



『デュエル!』



【1ターン目:カーリー】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「私の先攻、ドロー。フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》を発動。《フォーチュンレディ・ライティ:攻撃力200・Lv1》を召喚するわ。このカードは除外され、デッキから《フォーチュンレディ・アーシー:攻撃力2400・Lv6》を特殊召喚させる」

 神秘的な空間に塗りかえられていく。様々な情景の写されたカードが浮びあがっている。モンスターが召喚されると、次の自分スタンバイフェイズまで除外される。《フォーチュンレディ・ライティ》と相性抜群のフィールドだ。光に飲みこまれた同胞の代わりに、眼鏡魔女が呼びだされた。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:狭霧】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
カーリー:《フォーチュンレディ・アーシー:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《サファイア・ドラゴン:攻撃力1900・Lv4》を召喚」

 すぐにも、宝石竜が除外された。《フューチャー・ヴィジョン》を使用されると、デュエルのテンポを崩されてしまう。これぐらいなら問題はない。特殊召喚ができるから。

「永続魔法《証人調査》を発動。デッキから《モンタージュ・ドラゴン》を手札に加える。このカードが表側表示で存在するかぎり、《モンタージュ・ドラゴン》はカード効果の対象にはならない。つまりは、《フォーチュンレディ・ファイリー》で破壊できないってことよ」

「手札のレベル5《手錠竜》、レベル7《ダークブレイズドラゴン》、レベル6《タイガードラゴン》を墓地に送り、手札から《モンタージュ・ドラゴン:攻撃力5400・Lv8》を特殊召喚!」

 三つ首の巨竜が浮上した。手札から墓地送りにしたモンスターのレベル1つにつき、攻撃力が300ポイントアップする。モンスター効果を無効にされるとパワー0となるが、《スキルドレイン》で狙われる心配もないはず。圧倒的攻撃力で追いつめる。

「《モンタージュ・ドラゴン》で《フォーチュンレディ・アーシー》に攻撃する」


『パワー・コラージュ!』


 白仮面たちが口を開いて、ブレスを三連砲撃。《フォーチュンレディ・アーシー》がロッドでガードしようとするも、無駄に終わる。微塵も残されずに消滅する。3000ポイントもの戦闘ダメージが、相手ライフを1000ポイントにまで減らす。ダメージが実態しているのか、カーリー渚が吹っとばされた。背中を石畳に打ちつけて、悲鳴を零す。数秒を置いてから、ゆっくりと起きあがってきた。

「やってくれたわね。罠カード《フォーチュン・インハーリット》を発動。このカードは《フォーチュンレディ》が破壊されたターンに発動できる」

「ターンエンド」

 ただでは戦闘破壊されないか。次のスタンバイフェイズに、手札から《フォーチュンレディ》2体までが呼びだされる。《モンタージュ・ドラゴン》は攻撃力5400ポイントにまで高まっている。永続魔法により、カード効果への耐性も得ている。そう簡単にはやられない。

 パトロールは他にも来ているが、この状況に手出しもできない。ステファニーが救急隊により運ばれていく。最新医学でも彼女を救えないだろう。今のカーリー渚を倒すしかない。そして、彼女を支配している黒幕も調べなければ。対戦相手が振り返った。

 ブレーキ音。

 一台のD・ホィールが飛びこんできたのだ。ホィール・オブ・フォーチュン。

 アトラス様……。





【TF-その36】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

更新ありがとうございます!
ダークカーリーならぬバリアンカーリー!!
ということはエクシーズとRUMを使うと考えていいんですか?
それに深影さんのデッキが牛尾さんなのも以外でした(笑)
確かタッグフォースでの深影さんはダークロード(カオスロード?)なガチデッキでしたよね。あれは強かったです(笑)
カーリーの今後も楽しみです!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 《フォーチュン・レディ》を活かしたくて、ここでカーリーがバリアン化です。エクシーズなど出ます。

 せっかくだから、TFのデッキを使えばよかったですね。何となく《モンタージュ・ドラゴン》を使いたくて、ドラゴン+セキュティなデッキになりました。

深影さんのデッキはドラゴンセキュリティでいいと思いますよ!
なんか牛尾さんのデッキの強化版みたいで。
一応牛尾さんの上司ですから!
タッグフォースの深影さんデッキはえげつない戦略なんで(笑)
カーリーのエクシーズ楽しみです!
次も待ってますね!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。