スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-37 カーリー渚VS狭霧深影

遊戯王カード 【フォーチュンレディ・ダルキー】 DE04-JP049-N ≪デュエリストエディション4 収録カード≫遊戯王カード 【フォーチュンレディ・ダルキー】 DE04-JP049-N ≪デュエリストエディション4 収録カード≫
()
遊戯王 デュエリストエディション4(ゼアル)

商品詳細を見る

 前作の続きですので、某神話も絡んでいます。

 ホィール・オブ・フォーチュンが急停止をして、アトラス様が駆けだしてきた。唖然とした様子で、カーリー渚を眺めている。ダークシグナー時代を彷彿とさせる黒衣装。冷酷さに満ちた双眸。その額には、奇妙な紋章が浮びあがっている。

「カーリー! その姿は……いったい、どうしたんだ⁉」

「待っててね、ジャック。私たちの仲を邪魔する、悪い雌猫たちを排除しているから」

 闇瘴気の壁を透して、アトラス様の動揺が伝わってくる。どんなに手を伸ばそうとも、闇のデュエルを止められない。あの頃の悲壮さを思いだす。カーリー渚が蠱惑的な指捌きを流した。私へと視線を戻してから、醜悪に笑みだす。私が勝利すれば、問題はない。



【3ターン目:カーリー】LP1000、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
カーリー:フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》が発動中。

狭霧:《モンタージュ・ドラゴン:攻撃力5400・Lv8》が攻撃表示。永続魔法《証人調査》が発動中。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズに入るわ。《フューチャー・ヴィジョン》により除外された《フォーチュンレディ・ライティ:攻撃力200・Lv1》を攻撃表示でフィールドに戻す」

「《フォーチュン・インハーリット》の効果により、手札から《フォーチュンレディ・ダルキー:攻撃力2000・Lv5》と《フォーチュンレディ・ウォーテリー:攻撃力1200・Lv4》を特殊召喚」

 魔法陣が石畳上に展開されて、次々と運命魔女たちが湧きあがっていく。青髪を伸ばした《フォーチュンレディ・ウォーテリー》がロッドを振りかざした。薄らとした慈雨が注がれる。《フォーチュン・レディ》は侮れない特殊効果を発揮する。ドローソースも揃っているようだ。

「《フォーチュンレディ・ウォーテリー》が特殊召喚に成功したとき、他の《フォーチュン・レディ》が存在していた。よって、デッキからカード2枚をドローする」
 
「自分スタンバイの度に、《フォーチュンレディ》はレベルが1つだけアップする。そして、《フォーチュン・レディ》のパワーはレベルに比例するの。《フォーチュンレディ・ダルキー》に至っては、攻撃力2400ポイントまで高まるわ」

 魔法陣の回転が速まる。漆黒衣装に包まれた《フォーチュンレディ・ダルキー》を中心として、魔力が急上昇していく。それでも、《モンタージュ・ドラゴン》のパワーには届かない。モンスター除去が容易な環境とはいえ、ハイパワーなモンスターは脅威となるだろう。永続魔法により、カード効果の対象にもならない。そう簡単には、築きあげた城壁を崩させないから。

「カード2枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:狭霧】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
カーリー:《フォーチュンレディ・ダルキー:攻撃力2400・Lv6》&《フォーチュンレディ・ウォーテリー:攻撃力1500・Lv5》&《フォーチュンレディ・ライティ:攻撃力400・Lv2》が攻撃表示。フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

狭霧:《モンタージュ・ドラゴン:攻撃力5400・Lv8》が攻撃表示。永続魔法《証人調査》が発動中。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズに、除外されていた《サファイア・ドラゴン:攻撃力1900・Lv4》が攻撃表示で戻ってくる」

「《サファイア・ドラゴン》を除外して、手札から《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン:攻撃力2800・Lv10》を特殊召喚する。モンスター効果を発動して、墓地から《ダークブレイズドラゴン:攻撃力1200・Lv7》を蘇らせる」

 宝石竜の身を捧げて、漆黒竜を降臨させられた。金属装甲で固められたボディが、フィールドを占領する。《ダークブレイズドラゴン》が墓地から特殊召喚したので、その攻守は倍となる。《フューチャー・ヴィジョン》により通常召喚を邪魔されても、特殊召喚に頼れば問題はない。3体もの巨竜が並んだ。アトラス様のパートナーとなるために、恥じないデッキを構築したのですよ。

「《モンタージュ・ドラゴン》で《フォーチュンレディ・ダルキー》を攻撃!」

 仮面の三つ首が、ブレスを同時に噴きだした。ダメージ無効とされても、2体が控えている。ブレスは闇魔女を貫こうとするも、時空の渦へと呑みこまれた。

「ふふっ。危ないところだったわ。カウンター罠《攻撃の無力化》を発動したのよ。《モンタージュ・ドラゴン》の攻撃を無効にして、バトルフェイズ自体を終了させる。ドラゴンを頑張って並べたようだけど、残念な結果になったわねぇ」

「次のターンで、攻撃を成功させれば問題ないわ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:カーリー】LP1000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
カーリー:《フォーチュンレディ・ダルキー:攻撃力2400・Lv6》&《フォーチュンレディ・ウォーテリー:攻撃力1500・Lv5》&《フォーチュンレディ・ライティ:攻撃力400・Lv2》が攻撃表示。フィールド魔法《フューチャー・ヴィジョン》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

狭霧:《モンタージュ・ドラゴン:攻撃力5400・Lv8》&《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン:攻撃力2800・Lv10》&《ダークブレイズドラゴン:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。永続魔法《証人調査》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「次があるのかしらぁ? 私のターン、ドロー。自分スタンバイフェイズに、《フォーチュンレディ》はレベルが1つ上がる。《フォーチュンレディ・ダルキー》はレベル7となったわ」

「魔法カード《ギャラクシー・クイーンズ・ライト》を発動。私のフィールドに表側表示で存在するモンスターは、《フォーチュンレディ・ダルキー》と同じレベル7となる」

「レベル7《フォーチュンレディ・ウォーテリー》と《フォーチュンレディ・ライティ》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《フォーチュンレディ・カオス:攻撃力2800・R7・O×2》をエクシーズ召喚! ランク1つにつき、このカードの攻撃力は400ポイントアップするわ」

「エクシーズ召喚だと……」

 アトラス様が驚愕している。銀髪ロングヘアーの魔女が、ロッドを大きく回転させた。《フォーチュンレディ・ダルキー》の足元から魔法陣が広がり、彼女の魔力を急上昇させていく。どういうことだろうか? 攻撃力が4800ポイントにまで昇っている。

「オーバーレイ・ユニット1体を取り除いて、《フォーチュンレディ・カオス》のモンスター効果を発動したわ。エンドフェイズまで、魔法使い族モンスター1体のレベルを任意に変更するの。《フォーチュンレディ・ダルキー》はレベル12となった。当然に、パワーも正比例する」

「装備魔法《バウンド・ワンド》を魔法使い族モンスター《フォーチュンレディ・ダルキー》に装備する。装備モンスターのレベル1つにつき、100ポイントだけパワーアップする」

 最高レベル12ということは、攻撃力6000ポイントにまで上がるということ。《モンタージュ・ドラゴン》すらも超えてしまった。いや、《ダークブレイズドラゴン》を攻撃されてしまえば、壊滅的な戦闘ダメージを受けてしまう。このトラップに頼るしかない。

「《フォーチュンレディ・ダルキー》で《ダークブレイズドラゴン》を攻撃する」

「罠カード《ブレイクスルー・スキル》を発動。エンドフェイズまで、《フォーチュンレディ・ダルキー》のモンスター効果を無効にする。攻撃力も0になるわね。《ダークブレイズドラゴン》で反撃よっ! 2400ポイントの戦闘ダメージを与えて、私が勝利する」

「私のフィールドには《フォーチュンレディ》のみ。カウンター罠《運命湾曲》を発動! 罠カード《ブレイクスルー・スキル》を無効にして除外する。エンドフェイズに、除外したカードは手札へ返ってくるわ。もっとも、このターンで終わるけどね」

 《フォーチュンレディ・ダルキー》が闇弾を連射して、《ダークブレイズドラゴン》を墜落させた。3600ポイントもの戦闘ダメージにより、私のライフは400ポイントにまで削られていく。激痛を通り越して、ぐらりと倒れてしまう。上手く立ちあがれない。次第に痛みが追いつき、地面に沈んだ。牛尾君が私の名前を叫んでいる。部下に心配をかけてしまうとは、いけない上司だ。

「《フォーチュンレディ・ダルキー》が相手モンスターを戦闘破壊したので、墓地から《フォーチュンレディ・アーシー:攻撃力2400・Lv6》を特殊召喚する」

「手札から速攻魔法《タイムパッセージ》を発動。エンドフェイズまで、《フォーチュンレディ・アーシー》のレベルを3つ上げる。このカードはレベルアップすると、相手ライフに400ポイントのダメージを与えるわ。あなたの敗北でジ・エンドよ」

 《フォーチュンレディ・アーシー》が魔法弾を叩きつけた。微かに残ったライフポイントを一掃する。私は完敗したのか。闇が視界を塞いでいく。



 とても寒い。真冬の水底に沈まされているようだ。でも、わずかに温かさを感じる。誰かが見守ってくれているんだ。アトラス様に違いない。闇中に声だけが輪唱していく。

「狭霧さん! 狭霧さん! ちくしょう。どうして、こんなことに……」

「待つんだ、カーリー! 俺とデュエルをしろ!」

「ジャックを狙っている雌猫は、もっと駆除しなきゃいけないの。待っててね」

「おいっ! 何だよ、アレは? 空間が赤く歪んだぞ。消えた?」





【TF-その37】





「楽しいことになってるじゃん」

「実験結果も集まってきたようね。キャンサーに送らないけないわね」

「本当ならハートランド・シティでやる予定だったけど、クトゥルフていうヤツが滅茶苦茶にしてくれたしな。あっちの人間が壊滅状態だ」

「ナイアーラトテップの協力で、この世界にまで来れたのです。利用されていると分かっていても、乗るしかないじゃない。行くわよ、アンタレス」

「おう」




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

更新ありがとうございます!
フォーチュンレディ・カオス・・・カーリー視点で始まった冒頭に出てきた占い魔女カオスちゃんが変化したカードですか?
なんかOCGになったらとことん外道な効果ですね・・・。
今後はやはりジャック対カーリーが再び来る感じですかね?
バリアンカーリー編、次も楽しみにしてます!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 カオスも占い魔女が変化したカードです。伏線みたいな感じで、冒頭に出しました。条件が揃えば、攻撃力が凄まじいことに。

 カーリーは意外な人が相手するかな(?)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。