スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-47 脅威の進化恐獣! 宮田ゆまVSアンタレス

遊戯王カード 【 E・HERO エッジマン 】 EE4-JP067-SR 《エキスパートエディションVol.4》遊戯王カード 【 E・HERO エッジマン 】 EE4-JP067-SR 《エキスパートエディションVol.4》
()
遊戯王 エキスパート・エディション 4(EE4)

商品詳細を見る

 《HERO》VS《エヴォルダー》!

『楽しいデュエルだったぜ! ガッチャ!』

 あの光景が、心に焼きついている。どこまでもデュエルを楽しんで、カードの精霊とも通じあえる。彼に憧れて、デュエル・モンスターズを始めたんだ。私が一人前に成長できれば、赤い衣装でプロデュエルに臨みたい。意識を現実世界へ戻そう。アンタレスは、3体もの恐竜を従えている。私のフィールドにはモンスターが存在しない。総攻撃を直撃されたら、惨敗は必至となるだろう。あの人ならば、こんな状況でもワクワクするに違いない。

「このターンで終わるといいねっ! 《グレンザウルス》でダイレクト・アタック!」

「残念ながらフィニッシュは迎えられません。相手が攻撃宣言をしたので、罠カード《ヒーロー見参》を発動! 相手は私の手札からカード1枚をランダムに選択します。それがモンスターなら特殊召喚をします。もっとも、手札は1枚のみです。《E・HERO エッジマン:攻撃力2600・Lv7》を特殊召喚! これで、直接攻撃は通りませんね」

 赤き恐竜が、炎を噴きだしながら突進してきた。腹部からも顔部分が突きでており、涎を垂らしている。黄金ヒーローが着地して、ザウルス・アタックを受け止めた。《グレンザウルス》を抱えあげて、相手フィールドへと投げとばす。アンタレスが口元を曲げだした。

「ぶっ潰すにはパワー不足か。ターンエンド」

「《ワン・レベルダウン》の効果により、エンドフェイズにカード1枚をドローします」



【4ターン目:宮田ゆま】LP3300、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
アンタレス:《グレンザウルス:攻撃力2000・R3・O×2》&《エヴォルダー・ケラト:攻撃力2100・Lv4》&《エヴォルダー・ディプロドクス:攻撃力1600・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《超絶望級の牢獄》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

宮田ゆま:《E・HERO エッジマン:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。《E・HERO エアーマン:攻撃力1800・Lv4》を召喚。この召喚により、デッキから《E・HERO オーシャン》を手札に加えます」

「サーチはさせない! 罠カード《ブレイクスルー・スキル》を発動。エンドフェイズまで、《E・HERO エアーマン》のモンスター効果を無効にする」

 アンタレスがトラップ宣言を叫ぶと、セットカードが起きあがった。ウィング全開で下りてきた《E・HERO エアーマン》を、真紅色の呪縛が包みこむ。《ブレイクスルー・スキル》は、自分ターンにも墓地発動できるようだ。戦略を乱されたが、相手フィールドから魔法・罠カードが消えた。安心して総攻撃ができますね。遠慮なく、恐竜狩りをさせていただきますよ!

「《E・HERO エッジマン》で《エヴォルダー・ケラト》を、《E・HERO エアーマン》で《エヴォルダー・ディプロドクス》を攻撃します」

 背中部分に装着されたジェットエンジンを猛噴射。ウィングを伸ばして、エッジアームで《エヴォルダー・ケラト》へと斬りかかる。サーチ効果を有しているので、このモンスターを優先して倒す。《E・HERO エアーマン》も続いて、飛行アタック。首長竜の頭部にパンチをクリティカル・ヒットさせる。《エヴォルダー・ケラト》は腹部を裂かれた状態で舞いあげられた。モンスター2体を戦闘破壊した。合計700ポイントの戦闘ダメージが、相手ライフを3300ポイントにまで減らす。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

 手札には《融合》がある。素材モンスターが揃えば、強力モンスターを呼びだせる。



【5ターン目:アンタレス】LP3300、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
アンタレス:《グレンザウルス:攻撃力2000・R3・O×2》が攻撃表示。永続魔法《超絶望級の牢獄》が発動中。

宮田ゆま:《E・HERO エッジマン:攻撃力2600・Lv7》&《E・HERO エアーマン:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。


「さすがは、ヒーローだけあるね。すげー破壊力だ。でも、エクシーズを残したのは不味かったんじゃない? 永続魔法《超絶望級の牢獄》を破壊することにより、《M・HERO アシッド》をエクストラデッキへ返してやる。その代わり、私はデッキからカード1枚をドローする」

「《エヴォルド・ナハシュ:攻撃力100・Lv3》を召喚。このモンスターをリリースして、魔法カード《強制進化》を発動。デッキから《エヴォルダー・テリアス:攻撃力1900・Lv6》を特殊召喚! 《エヴォルド》で特殊召喚した扱いになるから、攻撃力が500ポイントダウンするんだよな」

「フィールドの《エヴォルド・ナハシュ》がリリースされたから、デッキより《エヴォルダー・エリアス:守備力2400・Lv6》を特殊召喚する」

 小羽の生えた大蛇が、次々と《エヴォルダー》を呼び寄せた。緑の肉食恐竜が二本足で立ちあがる。黄色い首長恐竜が唸りだす。レベル6のモンスターが揃った。

「レベル6《エヴォルダー・テリアス》と《エヴォルダー・エリアス》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《エヴォルカイザー・ソルデ:攻撃力2600・R6・O×2》をエクシーズ召喚!」

「自分フィールドには、エクシーズ・モンスターが2体いる。魔法カード《エクシーズ・ギフト》を発動するよ。《エヴォルカイザー・ソルデ》と《グレンザウルス》からオーバーレイ・ユニットを1体ずつ取り除いて、デッキからカード2枚をドローする」

「《グレンザウルス》で《E・HERO エアーマン》に攻撃! こいつが相手モンスターを戦闘破壊したとき、ORU1体を取り除くことで、相手ライフに1000ポイントのダメージを与える」

 床一面を鳴らしながら、巨大恐竜が突撃してきた。《E・HERO エアーマン》を咥えあげて、噛み砕く。ウィングは圧し折られてしまい、全身を呑みこまれる。効果ダメージも合わせて、1200ポイントのダメージを受けた。自分ライフが2100ポイントにまで切り取られる。相打ちを避けてか、《エヴォルカイザー・ソルデ》は大人しく両翼を畳ませている。それでも、このモンスターのせいで特殊召喚が行えない。ORU1体を消費して、特殊召喚モンスターを破壊できるようだ。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【6ターン目:宮田ゆま】LP2100、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
アンタレス:《エヴォルカイザー・ソルデ:攻撃力2600・R6・O×1》&《グレンザウルス:攻撃力2000・R3・O×0》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

宮田ゆま:《E・HERO エッジマン:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。《E・HERO エッジマン》で《グレンザウルス》にアタック!」

 《E・HERO エッジマン》の両足が地面から浮きあがった。スポーツで鍛えた動体視力でも、その姿を捕えられない。黄金色の軌跡が《グレンザウルス》を絡めとる。苦悶を吐かせる隙も与えない。エッジアームで全身を刻まれて、巨体がバラバラに崩れ落ちていく。600ポイントの戦闘ダメージにより、相手ライフは2700ポイントにまで削られた。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【7ターン目:アンタレス】LP2700、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
アンタレス:《エヴォルカイザー・ソルデ:攻撃力2600・R6・O×1》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

宮田ゆま:《E・HERO エッジマン:攻撃力2600・Lv7》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。《エヴォルド・オドケリス:攻撃力500・Lv2》を召喚」

「《エヴォルカイザー・ソルデ》で《E・HERO エッジマン》を攻撃する。さらに、手札から速攻魔法《突進》を発動! エンドフェイズまで、《エヴォルカイザー・ソルデ》は攻撃力が700ポイントアップする。生憎だけど、相打ちにはさせないよ!」

「《E・HERO エッジマン》を手札に戻して、罠カード《エッジ・ハンマー2》を発動! 相手フィールドの表側表示モンスター1体、《エヴォルカイザー・ソルデ》を手札へ戻します。その攻撃力分だけ、相手ライフにダメージを与えます」

 白き翼竜が炎環をまとって、フライング・アタックを敢行してきた。《E・HERO エッジマン》も対抗してタックルをぶちまける。《エヴォルカイザー・ソルデ》の胴体に両腕を回しこんで、天井近くまで飛翔した。両者とも光粒子の塊となって霧散する。《エヴォルカイザー・ソルデ》はカード効果への破壊耐性があるようだが、バウンス効果には耐えられない。エクストラデッキへと戻される。2600ポイントの衝撃により、相手ライフは100ポイントにまで追いつめられた。アンタレスが尻餅を着いて、睨みあげてくる。すぐにも表情は和らぎ、笑顔すらも表しだした。

「やってくれるよね! 《エヴォルド・オドケリス》でダイレクト・アタック!」

 大蜥蜴にかじられるも、500ポイントの戦闘ダメージを受けたにすぎない。

「ライフは1600ポイントも残っています。墓地から《エッジ・ハンマー》を除外すれば、《E・HERO エッジマン》をリリース無しで召喚できます。次のターンで……」

「希望に燃えているようだけど、悪いね。私のバトルフェイズは、まだ終わっていないんだ。爬虫類族モンスター《エヴォルド・オドケリス》をリリースして、罠カード《突然進化》を発動するよ。デッキから《エヴォルダー・ダルウィノス:攻撃力2200・Lv5》を特殊召喚! 止めを刺す」

 《エヴォルド・オドケリス》が全身硬化をして、背中一面が割れだした。何かが宙高く飛びだす。緑の翼竜モンスターが滑空してきた。アンタレスが直接攻撃を宣言した。上空から捕食者が迫ってくる。私の魂を喰らおうとしているようだ。口腔内は赤々としている。そいつに呑みこまれたとき、私のライフは0へと底尽きていく。敗北への恐怖よりも、親友への心配が高まった。彼女は体調を悪くしているんだ。そんな状態で襲われたら……。

「恵ちゃん……。逃げて……」



「あんたは最高に強かった。以前の私なら、負けていたかもしれないね。ドン・サウザンド・シードを埋めこむが、計画完遂といけば戻してやるよ」

 アンタレスが掌を上向けにすると、そこから闇玉が浮遊しだした。紫電を弾かせながら、禍々しい眼が開きだす。そいつが、倒れこんだ私へと這ってくる。口から侵入してきた。

「まったく。人間も友達を大切にするんだよな……」





【TF-その47】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ハイペースでの更新ご苦労様です!

ゆまちゃんはやっぱり負けましたか・・・。
ここでアンタレスが2連敗は後々よろしくないのが感じられますし。
それから「オドリケス」ではなく、「オドケリス」ですよ〜。
ごめんなさい、なんか気になってしまいました・・・。

次回も楽しみにしてます!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。スペルが間違っていましたね。ご指摘、ありがとうございます。

 ゆまが負けたので、主人公側からすると危険な展開になってきました。アンタレスは、さらにデュエルをしていきます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。