スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-51 アンデット対決! レイン恵VSノスフェラトウ中島

【 遊戯王】 シャドウ・ヴァンパイア レア《 シャドウ・スペクターズ 》 shsp-jp030【 遊戯王】 シャドウ・ヴァンパイア レア《 シャドウ・スペクターズ 》 shsp-jp030
()
遊戯王

商品詳細を見る

 ヴァンパイア・デッキが活躍します。

 レイン恵は仮面男と対峙していた。紫霧に覆われたように、視界全体が霞んでいる。体調を崩して寝ていたので仕方がない。東門近くだというのに、銀髪を下したままのパジャマ姿である。アカデミアの外では、闇に憑かれた決闘者が暴れているようだ。このままでは、シティが蹂躙されかねない。仮面に描かれている黒眼が、レイン恵を捕えている。今宵の獲物を舐めあげるように。漆黒の蝙蝠が、黒灰色の空へと羽ばたいた。



【3ターン目:ノスフェラトウ中島】LP3100、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ノスフェラトウ中島:魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

レイン恵:《龍骨鬼:攻撃力2400・Lv6》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「吾輩のターン、ドロー。墓地から《ヴァンパイア・ソーサラー》を除外する。このターン、《ヴァンパイア》をリリース無しで召喚できる。《シャドウ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv5》を召喚! この召喚により、デッキから《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv5》を招く」

 吸血鬼の魔法使いが、地中から浮びあがってきた。その全身が崩れて、蝙蝠の集合体へと爆散する。黒き群れをかき分けるように、鎧姿の吸血鬼が歩いてきた。青白い相貌で、真紅の両目を光らせている。彼が身を屈めると、ヴァンパイアの領主が降りてきた。

「罠カード《ワン・レベルダウン》を発動。《ヴァンパイア・ロード》をレベル4に下げる」

「エクシーズ妨害など痛くもない。魔法カード《おろかな埋葬》を発動して、デッキから《ヴァンパイア・グレイス》を墓地へ送る。吾輩のフィールドは《ヴァンパイア》のみ。罠カード《ヴァンパイア・シフト》を発動! デッキからフィールド魔法《ヴァンパイア帝国》を発動して、墓地から《ヴァンパイア・グレイス:守備力1200・Lv6》を蘇らせる。闇の貴婦人も、今宵の晩餐会に招こうぞ」

 夜空で紅月が輝いている。森林の先では、古城が濃霧から浮かびあがっている。フィールド魔法に囚われたようだ。響いてくる悲鳴は本物だろう。ヴァンパイアが従者を増やすがごとく、闇が街人をリバースしているのだ。豪華衣装の中年女性が舞い降りてくると、《ヴァンパイア・ロード》が手甲に口づけをしだした。《ヴァンパイア・グレイス》の微笑が、レイン恵に牙を見せつける。

「《ヴァンパイア・グレイス》のモンスター効果を発動。トラップを宣言しよう。あなたは罠カード1枚をデッキから墓地に送ってもらう」

 レイン恵はデッキから《聖なるバリア-ミラーフォース》を取り出して、相手プレイヤーに公開した。ディスクの墓地ゾーンへと収納させる。ノスフェラトウ中島が頷いた。

「相手デッキからカードが墓地へ送られた。《ヴァンパイア帝国》の効果を発動する。《カース・オブ・ヴァンパイア》をデッキから墓地送りにすることで、《龍骨鬼》を破壊する!」

 大音響が足元から響いてきた。ゴシックデザインな円舞台が、レイン恵と《龍骨鬼》を持ちあげる。ソリッド・ヴィジョンの域を超えて、本物としか表現できない。ヴァンパイアたちの双眸が、料理を絡めとる。無数の蝙蝠が飛来してきた。《龍骨鬼》の胸にある赤核を喰らっていく。巨体を構成していた人骨のつながりが弱まり、《龍骨鬼》は無残にも崩壊した。

「《シャドウ・ヴァンパイア》の制約により、このターンは《ヴァンパイア・ロード》のみが攻撃できる。《ヴァンパイア帝国》の地では、《ヴァンパイア》はダメージ計算時に攻撃力が500ポイントアップする。ダイレクト・アタックだ! 美女の血を啜るがいい!」

 《ヴァンパイア・ロード》が優雅に飛行してきた。レイン恵の目前に着地すると、おとがいを指先で傾ける。首筋に口元を滑らせて、頸動脈に牙を刺しこむ。痛みは感じられない。美青年は愉悦に、醜悪な表情を覗かせた。血というライフポイントを奪われてしまい、1200ポイントにまで追いこまれる。パジャマ越しに右肩を撫でると、《ヴァンパイア・ロード》は離れていった。

「《ヴァンパイア・ロード》の吸血効果により、デッキから罠カードを墓地へ送ってもらおう」

 《ヴァンパイア帝国》の破壊効果は回数制限がある。レイン恵は《リビングデッドの呼び声》を落とした。墓地ゾーンへ収納するとき、指先が怒気を孕んでいるのに気付く。大切な花柄パジャマを穢されたから。宮田ゆまが選んでくれた宝物なのに……。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」

「エンドフェイズだね。《ワン・レベルダウン》の効果により、デッキからカード1枚をドローする」



【4ターン目:レイン恵】LP1200、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ノスフェラトウ中島:《シャドウ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv5》&《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv4》が攻撃表示。《ヴァンパイア・グレイス:守備力1200・Lv6》が守備表示。フィールド魔法《ヴァンパイア帝国》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

レイン恵:無し。


「私のターン、ドロー。《ゾンビ・マスター:攻撃力1800・Lv4》を召喚。手札の《ボーンクラッシャー》を墓地へ送り、モンスター効果を発動! レベル4以下のアンデット族である《ボーンクラッシャー:攻撃力1600・Lv4》を墓地から起きあがらせる」

「アンデット族により蘇ったので、《ボーンクラッシャー》のモンスター効果を発動! 相手のセットカード1枚を破壊する」

 骸骨犬が吠えだした。ノルマンヘルムの骸骨戦士が駆けだして、セットカードを石斧で殴りつける。《妖かしの紅月》が木端微塵に破かれた。攻撃無効とライフ回復ができるトラップだ。

「《ゾンビ・マスター》で《ヴァンパイア・グレイス》を攻撃する」

 ネクロマンサーが狂笑を波打たせながら、相手陣地へと走りだす。ボロ衣装が貴婦人を蹂躙する。肉片が次々と落ちていく。吸血夫人の悲鳴が夜空を裂いた。血濡れた両手を躍らせながら、《ゾンビ・マスター》が愉しそうに帰ってくる。

「魔法カード《痛み分け》を発動。私は《ボーンクラッシャー》をリリースする。あなたもモンスター1体をリリースしなければいけない」

「特殊召喚したエンドフェイズに、《ボーンクラッシャー》は自壊する。なるほど。《痛み分け》を有効活用した訳であるか。吾輩は《シャドウ・ヴァンパイア》をリリースしよう」

 《ボーンクラッシャー》と《シャドウ・ヴァンパイア》が同時に、闇人に喰われて消滅した。ノスフェラトウ中島のフィールドには《ヴァンパイア・ロード》のみが残っている。カード効果で破壊しても復活してしまう。《威圧する魔眼》を唱えられたら、勝負を決められてしまう。レイン恵は拡散しがちな思考を、無理矢理にも集中させていく。気を抜けば、敗北へと転がされるから。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:ノスフェラトウ中島】LP3100、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
ノスフェラトウ中島:《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv4》が攻撃表示。フィールド魔法《ヴァンパイア帝国》が発動中。

レイン恵:《ゾンビ・マスター:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「吾輩のターン、ドロー。切り札はエクシーズのみではない。ヴァンパイアの領主よ! 今こそ、真の姿を晒すがいい! 《ヴァンパイア・ロード》を除外することにより、手札から《ヴァンパイアジェネシス:攻撃力3000・Lv8》を特殊召喚!」

 《ヴァンパイア・ロード》の細身が爆発した。服が破れて、紫色の剛体が膨張しだす。これが、ヴァンパイアの真祖というものだろうか。蝙蝠羽が広がって、夜空を覆い隠す。野獣の眼差しを獲物へと向けてきた。半端ない威圧を受けてしまい、レイン恵の悪寒が戻ってくる。

「手札から《闇より出でし絶望》を捨て、エフェクトを発動する。コストモンスターよりもレベルの低い《カース・オブ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv6》を墓地から特殊召喚する」

「アンデット族によりレベル5以上のアンデット族モンスターが特殊召喚した。我が血液を2000ポイント払い、墓地から《ヴァンパイア・グレイス:攻撃力2000・Lv6》を復活させる。その特殊効果により、デッキからトラップを墓地送りにしてもらうぞ!」

 《ヴァンパイアジェネシス》が咆哮を轟かせた。ノスフェラトウ中島が両腕を広げて、エナジーを地中へと送りこむ。不死者が次々と飛びだしていく。《ヴァンパイア・グレイス》の豪奢な貴族服は、血塗れのままだ。彼女の双眸が怪しく輝いた。無数の蝙蝠が襲いかかり、《ゾンビ・マスター》を喰らいつくす。レイン恵は《奈落の落とし穴》を墓地へ送りこんだから。この破壊効果を行使するために、彼はライフを1100ポイントにまで減らしたようだ。

「《ヴァンパイア帝国》の効果だ。デッキから《ヴァンパイア・ベビー》を墓地に送り、《ゾンビ・マスター》を破壊したのだ。ネクロマンサーごとき、雑魚にすぎぬ! 《カース・オブ・ヴァンパイア》でダイレクト・アタック! 一滴残らず、血を飲みほすのだ! 貴殿もヴァンパイアの眷属としてくれよう!」

「罠カード《和睦の使者》を発動! このターン、戦闘ダメージを受けない」

 短髪の青年吸血鬼が跳躍してきた。ハンサムな顔立ちであるが、本性は醜悪な化物だろう。聖なる結界が、ヴァンパイアの侵入を阻んだ。

「抵抗する美女も儚げなものだ。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【6ターン目:レイン恵】LP1200、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ノスフェラトウ中島:《ヴァンパイアジェネシス:攻撃力3000・Lv8》&《ヴァンパイア・グレイス:攻撃力2000・Lv6》&《カース・オブ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv6》が攻撃表示。フィールド魔法《ヴァンパイア帝国》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

レイン恵:無し。


「私のターン、ドロー。魔法カード《精神操作》を発動する。このターン、《ヴァンパイアジェネシス》のコントロールを奪う。リリースも攻撃宣言もできないけど、使い道はあるの。手札の《邪神機-獄炎:攻撃力2400・Lv6》を捨てることにより、モンスター効果を発動する。墓地から《ゾンビ・マスター:攻撃力1800・Lv4》を特殊召喚する」

 《ヴァンパイアジェネシス》が歩いていき、レイン恵の舞台へと上がった。咆哮を吐き散らすと、土面から手が伸びあがってきた。ボロボロ衣装の怪人が這いだしてくる。

「手札の《ゾンビキャリア》を墓地へ送り、《ゾンビ・マスター》の蘇生効果を発動! 墓地から《ゾンビキャリア:攻撃力400・Lv2・チューナー》を起きあがらせる」

「レベル4《ゾンビ・マスター》に、レベル2《ゾンビキャリア》をチューニング!」

「冥界に堕ちし破壊竜よ! 我の呼び声に応じて、現世へと甦れ! 屍肉と魂を喰いつくせ! シンクロ召喚! 《デスカイザー・ドラゴン:攻撃力2400・Lv6》!」

「このシンクロ召喚により、相手墓地からアンデット族である《闇より出でし絶望:攻撃力2800・Lv8》を特殊召喚する。自分が蒔いた絶望を味わうの。あなたはライフポイントを、あまりにも消費しすぎた。《デスカイザー・ドラゴン》で《カース・オブ・ヴァンパイア》を、《闇より出でし絶望》で《ヴァンパイア・グレイス》を攻撃する」

 《ゾンビ・マスター》が《ゾンビキャリア》を地中から掴みあげた。彼らが共鳴しあい、腐敗竜を冥府から呼びだす。相手もアンデット使いで助かった。《ヴァンパイアジェネシス》を見事に利用できた。《ヴァンパイア帝国》のパワーアップ効果も気にならない。《デスカイザー・ドラゴン》が飛びこんで、《カース・オブ・ヴァンパイア》の頭部をかじった。巨影が腕を伸ばして、逃げ惑う《ヴァンパイア・グレイス》を捕える。《闇より出でし絶望》は主を破滅へと転落させたようだ。

「馬鹿な……。Ⅳにすら勝利したことのある私が破れるなど、ありえない……」

 ノスフェラトウ中島が茫然と倒れこんだ。伏せカードがディスクから離れて、ひらひらと落ちていく。《不死族の棺》か。破壊すれば、墓地からアンデット族が蘇るトラップだ。



「ノスフェラトウ中島を倒すなんて、やるじゃないか」

 フィールド魔法は解かれて、校門近くへと戻れた。それでも、安堵を吐ける暇もないようだ。レイン恵が振り返ると、ポニーテールの少女が立っていた。鯛焼きを食みながら、じっと彼女を伺っている。強気そうな眼差しで刺しこんでくる。レイン恵はアンタレスに捕まった。





【TF-その51】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

ぬおお⁉︎
風邪で寝込んでたら超更新されてた!
更新ありがとうございます!
ノスフェラトウ中島ってZEXALのあの人ですかね?


恵さん、詰んだかな・・・?

次回も楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。風邪って大丈夫ですか? お大事に。

 ノスフェラトウ中島はZEXALの登場キャラです。デュエルはほとんどしていないので、実質的にオリキャラぽくなっています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。