スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界の彼方 第7話「曇色」

境界の彼方 ガイドブック (境界の彼方)境界の彼方 ガイドブック (境界の彼方)
(2013)
京都アニメーション

商品詳細を見る

 初回にて、栗山未来は神原秋人に猛攻撃を仕掛けていました。不死者だから練習台にするという感じで。おかげで、彼女の人間性に疑問を抱いて、第一印象は最悪なモノとなりました。あの部分は、原作からの改変があると聞いていたり。それを抜けば、物語を楽しんでいけてます。眼鏡ヒロインへの印象も、快方にへと向かっているかな。慣れてくれば、天然で面白い子なのですね。釜揚げうどんのシーンがシュールだわ。第6話は急激に飛ばしていましたが、ギャグパートも効いてきました。「全裸リーマン」とはねぇ。真の眼鏡好きはプールイベントを嫌うのですか。ゴーグルを認めない件については、気持ちも理解できますが……。

 伊波桜はアニメのオリジナルキャラのようですね。フルネームを調べたら、WIKIで知りました。悪い大人に利用されていましたが、和解へと漕ぎづけました。もっと長引くかなと思っていましたが。彼女も日常パートに加わるのかな。後半戦も視聴続行と行きましょう。


http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/tokyomx111307-7.html


テーマ : 境界の彼方 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。