スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-62 親友を救うために

【 遊戯王】 武神-ミカヅチ スーパーレア《 シャドウ・スペクターズ 》 shsp-jp022【 遊戯王】 武神-ミカヅチ スーパーレア《 シャドウ・スペクターズ 》 shsp-jp022
()
遊戯王

商品詳細を見る

 次回から新章に移ります。

 ツァン・ディレさんとは、デュエルを何度も繰り返してきた。プロデュエリストを本気で目指しているので、彼女は本当に強い。アカデミアでも勝率が高くて、私では負けてばかりだ。ツァン・ディレさんはアドバイスもしてくれた。デッキ構築にデュエル戦術まで。風属性モンスターのみを投入していたけど、闇属性の鳥獣族モンスターも組み合わせてみた。彼女のおかげで、少しずつ勝率もアップしている。こんな状況でも、生き残れているんだ。

 私の親友は憑かれてしまい、バリアンの支配下に置かれた。両目は闇色に染まり、黒い涙を流している。バリアンの紋章が触手を伸ばして、彼女を浸食している。このデュエルに勝利すれば、ツァン・ディレさんを助けられるはず。カーリーさんも、そうして解放できたのだから。



【5ターン目:ウィン】LP2300、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《ダイガスタ・イグルス:守備力1800・Lv7》が守備表示。フィールド魔法《霞の谷の神風》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

ツァン・ディレ:《武神帝-スサノヲ:攻撃力2100・R4・O×1》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。墓地から風属性《九蛇孔雀》と闇属性《D.D.クロウ》を除外することで、手札から《ダーク・シムルグ:攻撃力2700・Lv7》を特殊召喚します」

「《ハーピィ・ダンサー:攻撃力1200・Lv4》を召喚。このカードを手札へ戻すことで、《ハーピィ・ダンサー》自身を追加召喚。《霞の谷の神風》の効果により、デッキから《ガスタ・イグル:攻撃力200・Lv1・チューナー》を特殊召喚します」

「レベル4《ハーピィ・ダンサー》に、レベル1《ガスタ・イグル》をチューニング! 《旋風のボルテクス:攻撃力2100・Lv5》をシンクロ召喚!」

「《ダイガスタ・イグルス:攻撃力2600》を攻撃表示に変更。《武神帝-スサノヲ》にアタック!」

 華麗なる踊り子が舞いあがり、緑鳥が追っていく。モンスター2体が共鳴しあい、勇猛な鳥戦士を呼びだした。大型鳥獣族モンスターの進軍に、虹色の風も揺らいでいる。《ガスタの神官ムスト》が巨鳥に乗りこみ、武装神へと飛行アタックを仕掛ける。

「獣戦士族の《武神》が戦闘を行うダメージ計算時、手札の《武神器-ハバキリ》を墓地へ送って発動する。《武神帝-スサノヲ》は元々の攻撃力の倍となる」

「そんなっ! でも、戦闘ダメージは受けません。罠カード《ウィンドガード》を発動! 風属性モンスターの戦闘によって発生するダメージを0にして、デッキから攻撃力1500以下の風属性モンスター《親切なプチリュウ》を手札へ加えます」

 光輝の鶴が飛んできた。《武神帝-スサノヲ》へと吸収されて、攻撃力4800ポイントにまで漲らせる。大和神の背中より、光翼が爆発した。路面を蹴りあげて、砲弾のように跳躍を遂げた。凄まじい剣閃が描かれる。《ガスタの神官ムスト》ごと、《ダイガスタ・イグルス》は一刀両断された。聖風が私を包みこみ、ダメージ衝撃から守ってくれる。

「《ダーク・シムルグ》で《武神帝-スサノヲ》を攻撃します」

「その攻撃も通用しない。獣戦士族である《武神》が攻撃対象になったので、手札の《武神器-ヤタ》を墓地へ送り、モンスター効果を発動! その攻撃を無効にして、《ダーク・シムルグ》の攻撃力の半分だけダメージを与える」

 漆黒の怪鳥が飛びあがり、闇波動を吐きだした。凄まじい勢いで、《武神帝-スサノヲ》に喰らいつく。光輝の烏が飛びこんできた。首に下げた円鏡が、波動を反射させたようだ。撃ち返されてしまい、1350ポイントのダメージを浴びた。残りライフは950ポイント。私が攻めているのに、損害を受けっぱなしだ。《武神器》が手札から動くので、魔法・罠カードを使わずとも防御可能なのか。私には《旋風のボルテクス》が残っている。サーチした《親切なプチリュウ》もいるからね。

「《旋風のボルテクス》で《武神帝-スサノヲ》を攻撃! 手札から《親切なプチリュウ》を捨てることで、風属性モンスター《旋風のボルテクス》を《武神帝-スサノヲ》と同攻撃力にします」

 ちっちゃくて可愛らしい。《親切なプチリュウ》が小羽を震わせて、《旋風のボルテクス》にエナジーを送りこむ。《武神器-ハバキリ》により攻撃力倍増した《武神帝-スサノヲ》は、ダメージ計算後に攻撃力2400ポイントへ戻っている。《BF》めいた女戦士が飛翔した。下方に向かって、チェーンを叩きつける。大和神も飛びあがって、剣を振りあげる。当然に相打ちとなる。

「《旋風のボルテクス》が戦闘破壊されたので、デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター《霞の谷の戦士:攻撃力1700・Lv4・チューナー》を特殊召喚します。ツァンを守るモンスターは消えましたね。このまま、ダイレクト・アタック!」

 普通のデュエルなら、楽しく燃えるのにっ。胸が苦しくなってくる。《旋風のボルテクス》が剣閃に砕かれるも、新たなる白翼戦士が飛んできた。青布で口元を隠したオジサンだ。虹色の風に乗りて、相手プレイヤーに体当たりを敢行する。両目から黒液を散らせながら、ツァン・ディレさんが倒れこんだ。相手ライフが2300ポイントにまで落ちていく。

「ターンを終了します」

 《親切なプチリュウ》が墓地へ送られたので、防御効果も発動できる。《ダーク・シムルグ》の存在により、相手はカードセットも封じられている。ツァン・ディレさんなら、《ダーク・シムルグ》の方を戦闘破壊していたはず。プレイングの柔軟さが落ちているかもしれない。



【6ターン目:ツァン・ディレ】LP2300、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《ダーク・シムルグ:攻撃力2700・Lv7》&《霞の谷の戦士:攻撃力1700・Lv4・チューナー》が攻撃表示。フィールド魔法《霞の谷の神風》が発動中。

ツァン・ディレ:無し。


「ボクのターン、ドロー。相手フィールドのみにモンスターがいる。魔法カード《武神降臨》を発動! 墓地から《武神-ヤマト:攻撃力1800・Lv4》を、除外されている《武神器-ハチ:攻撃力1700・Lv4》を特殊召喚する。さらに、《武神-ミカヅチ:攻撃力1900・Lv4》を召喚!」

「レベル4《武神-ミカヅチ》と《武神-ヤマト》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《武神帝-カグヅチ:攻撃力2500・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「このエクシーズ召喚により、デッキからカード5枚を墓地へ送る。《武神器-ムラクモ》と《武神器-タルタ》が黄泉に落ちたようね。《武神帝-カグヅチ》は攻撃力200ポイントアップ! 墓地から《武神器-ムラクモ》を除外することで、表側表示の《ダーク・シムルグ》を破壊する」

 《武神-ミカヅチ》が《武神-ヤマト》に呼応しあう。青き大和神が《武神器》を装着していく。頭部が剣となっている麒麟が、《ダーク・シムルグ》へ猛進してきた。胸を貫かれて、闇鳥が悲鳴を迸らせる。黒羽を飛散させながら、巨体を崩しこんだ。

「《武神器-ハチ》で《霞の谷の戦士》を攻撃する」

「墓地から《親切なプチリュウ》1体を除外するよ。このターン、風属性モンスター《霞の谷の戦士》は戦闘破壊されず、戦闘ダメージも発生させない」

 《霞の谷の戦士》の目前に、《親切なプチリュウ》が飛びあがる。竜巻で包みこみ、戦闘から完全ガード。白翼戦士は剣を振るって、光輝の百足神器を粉砕した。本来ならば相打ちになるところだが、戦闘面では守護されているのだ。相手モンスターのみが戦闘破壊される。攻守両面において、《親切なプチリュウ》は優秀なんだ。可愛らしくウィンクをすると、精霊さんは消えていった。ツァン・ディレさんは追加攻撃を仕掛けるはずもない。

「これで、《親切なプチリュウ》は使えない。《霞の谷の戦士》はバウンス効果を有しているけど、戦闘破壊すれば問題ないわ。オーバーレイ・ユニットを取り除けば、《武神帝-カグヅチ》は破壊を防げる。ボクの有利には変わりない。ターンエンド」



【7ターン目:ウィン】LP950、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
ウィン:《霞の谷の戦士:攻撃力1700・Lv4・チューナー》が攻撃表示。フィールド魔法《霞の谷の神風》が発動中。

ツァン・ディレ:《武神帝-カグヅチ:攻撃力2700・R4・O×2》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。魔法カード《貪欲な壺》を発動! 墓地のモンスター5体をデッキへ戻して、カード2枚をドローします。勝利の鍵が舞いこんできましたっ!」

「《ハーピィ・ダンサー:攻撃力1200・Lv4》を召喚。このカードを手札に戻すことで、《ハーピィ・ダンサー》自身を追加召喚します。《霞の谷の神風》の効果により、デッキから《ガスタの静寂カーム:攻撃力1700・Lv4》を特殊召喚!」

 《武神帝-カグヅチ》は破壊耐性を内蔵している。墓地の《武神器-ヘツカ》が、カード効果から守っている。バウンス効果を狙おうとも、無効にされる可能性が大きい。でも、恐れる必要はない。鳥乙女が闇空を渡ってきて、地上へと着地した。竜巻が昇りだして、緑髪の姉さんが跳びだす。コロンちゃんがピースを向けてきた。ありがとう! あなたのカードが勝利を呼んでくれました。このターンで、決着をつけますから!

「レベル4《ガスタの静寂カーム》と《ハーピィ・ダンサー》、《霞の谷の戦士》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《ハーピィズペット幻竜:攻撃力2000・R4・O×3》をエクシーズ召喚!」

「装備魔法《突風の扇》を装備して、《ハーピィズペット幻竜》は攻撃力400ポイントアップします。《ハーピィズペット幻竜》でダイレクト・アタック!」

 風属性モンスター3体が光渦へと吸いこまれていく。オーバーレイ・ネットワークが、新たなるドラゴンを生みだす。私の気持ちを乗せて、《ハーピィズペット幻竜》が撃ちだされた。青き武装神が稲妻を放ってくるも、《武神帝-カグヅチ》を相手にしてられない。飛び越えて、ツァン・ディレさんに一撃が叩きこまれる。膨大な闇瘴気が、彼女の肉体から放出された。バリアンの紋章が崩れていく。暗黒に埋められた両目は、次第に澄みわたってきた。



 ツァン・ディレさんが倒れこもうとするも、私は抱きしめて支えた。温かい感触が伝わってくる。空は黒いままだけど、希望が兆したようだ。

「ウィン。本当に強くなったね……」

「ツァンのおかげですよ」

 立っていられずに、私たちは地面に座りこんだ。ツァン・ディレさんが、二度と帰ってこないかもしれない。私も敗北してしまい、一緒に闇底へ沈んでしまう。そんな不安が、心に充満していた。視界が揺らめいて、頬に熱いものが流れていく。

「馬鹿っ。泣くんじゃないよ……」

「ツァンだって……」

 嬉しくて、嬉しくて、言葉が続かない。力強く抱擁した。シティは闇に呑まれようとしている。ネオドミノで記憶を紡いでいくと、私は決意したんだ。絶望的な状況だけど、私はバリアンと戦う。ツァン・ディレさんが涙を拭った。闇のデュエルでダメージを受けたが、2人でなら立ちあがれる。コロンちゃんも味方だし、カードの精霊も見守ってくれるから。





【TF-その62】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

更新ありがとうございます!

感動の展開でしたね!
ツァンの武神デッキはどうなるんですか?

次回も楽しみにしてます!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 回復状態に向かって次章に移ります。武神デッキは、そのまま使います。闇のカードでもないので。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。