スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-63 ハートランド来襲! プリンセス・コロンが本気を出しました

【 遊戯王】 プリンセス・コロン コレクターズレア《 コレクターズパック-ZEXAL編- 》 cpz1-jp042【 遊戯王】 プリンセス・コロン コレクターズレア《 コレクターズパック-ZEXAL編- 》 cpz1-jp042
()
遊戯王

商品詳細を見る

 プリンセス・コロンがデュエルをします。

 ツァン・ディレさんがソファで休んでいる。バリアンに支配されていたのだ。ダメージが心身を蝕んでいるのだろう。熟睡状態で、私に寄りかかっている。闇の決闘は壮絶なものだった。私自身も無事では済んでいない。しばらく、デュエルは不可能だろう。親友の体温を感じながら、微睡んでいる。写真館の外では、闇の決闘者が彷徨っているはず。不法侵入を冒して、鍵を締めきった。こうして休息できる時間も限られている。見つかって包囲されたら、絶望に堕ちていくのみ。ネオドミノは瘴気に包まれており、終焉の近さを感じさせる。

 壁一面に絵が飾られている。シティを背景として、ライディング・デュエルを描いたものだろうか。お爺さんと女性店員がいたと覚えているが、写真館は無人だった。謝罪の書置きは残しておく。こんな状況だけど、勝手に入っているので。コロンちゃんが近づいてくると、ツァン・ディレさんが目を覚ました。表情に辛さが残っている。完全回復には達していないようだ。暗黒瘴気が空気全体を息苦しくしているから。デュエルも難しいだろう。

「夢じゃなかったんだね」

「悪夢のようですけど、現実ですよ。でも、希望が潰えたわけじゃない。ツァンが帰ってきてくれました」

「ウィンのおかげで、ボクは闇から解放されたんだね。ありがとう」

「絶望的ですけど、覆す方法は消えてません。闇の決闘者に挑んでは、バリアンの洗脳を解いていきます。無謀かもしれませんが、1人でも多くの仲間を戻していきますよ」

「本当に頼もしくなったね。でも、気をつけて。ヴァルゴという決闘者に、十六夜アキさんも敗北したから。ボクも彼女に敗れたんだ」

 悔しそうに、声を震わせている。十六夜先輩とツァン・ディレさんを倒すなんて、ヴァルゴは相当の実力者なのだろう。怖がっている場合じゃない。今は前進しないと、何もかも奪われてしまうんだ。デュエル・アカデミアで学んだ技術を総動員して、バリアンに挑もう。



 写真館から出て、路地裏を移動していく。私に支えられながらも、ツァン・ディレさんは何とか歩けている。慣れ親しんだ場所なのに、悪魔界に迷いこんだみたい。黒霧が視界を阻んでいる。街全体から闇が放出されては、海馬コーポレーションへと流れこむ。何となくだけど、気配で察知できるのだ。人が少ないので、大通りを覗いてみた。闇の決闘者が立っているが、私たちに反応しない。呆然と闇空を見上げているのみ。

「どうなっているのよ? 変なのが空に浮かんでいるし」

 コロンちゃんが呟いた。赤い眼球が、腹部に開いている。私は大魔王と呼んでいるが、いったい何だろうか? とてつもなく危険なのは、確かであろう。呻きが街中を木霊している。全てが重々しく、立っているだけで不快感が倍増していく。哄笑が、そんな空気を貫いた。

「探しましたよ、プリンセス・コロン。さぁ、私の元へと戻ってくるのです」

「ハートランド!」

 派手な格好のオジサンが、こちらへ向かって歩いてくる。距離が近づくたびに、輪郭も明確になってくる。どうして、ハートランドさんが来たのだろうか? コロンちゃんも動揺している。眼鏡の位置を直してから、ハートランドさんが語りだす。

「キグナス様も、この作戦に協力されました。故郷を救いたいということでね。借金の利子を減らしてもらうという契約により、私も手伝うことになった。さぁ、コロンも来なさい!」

「嫌よっ! 街を滅茶苦茶にするなんて、コロンは許せないんだから!」

「拾ってやった恩も忘れて、私に逆らうのかね? それならば、デュエルで従わせるまでのこと。小娘も倒して、ドン・サウザンド・シードを植えておこう。私はバリアン・パワーを貰いうけた。圧倒的な力を魅せてあげましょう!」

「ウィンは下がっていて。コロンが戦うから!」



『デュエル!』



【1ターン目:コロン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「コロンの先攻ね。ドロー。《おもちゃ箱:攻撃力0・Lv1》を召喚するわ。魔法カード《サンダー・クラッシュ》を発動! 《おもちゃ箱》を破壊して、相手に300ポイントのダメージを与える。《おもちゃ箱》が破壊されたので、攻撃力か守備力が0の通常モンスター2体、《魂虎:守備力2100・Lv4》と《火炎木人18:守備力0・Lv4》を特殊召喚する」

 巨大な玩具箱が砕かれて、モンスター2体が跳びだした。どちらも、子供には危険そうな玩具だ。スパークも撃ちだされて、ハートランドさんのライフを3700ポイントにまで削りとる。悲鳴を漏らして、オジサンが転んでしまう。

「レベル4《魂虎》と《火炎木人18》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《プリンセス・コロン:守備力2200・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「せっかくだから、コロンがフィールドに出るわ。コロンのエクシーズ召喚により、墓地から《おもちゃ箱:守備力0・Lv1》を特殊召喚するの。他にモンスターがいれば、コロンはカード効果と攻撃の対象にはならない。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【2ターン目:ハートランド】LP3700、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
コロン:《プリンセス・コロン:守備力2200・R4・O×2》&《おもちゃ箱:守備力0・Lv1》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《甲虫装機グルフ:攻撃力500・Lv2》を召喚。モンスター効果を発動して、手札の《甲虫装機ギガグリオル》を装着! 元々の攻撃力は2000ポイントになる。装備魔法《甲虫装機の魔斧ゼクトホーク》を持たせて、1000ポイント追加でパワーアップ!」

「罠カード《凡人の施し》を発動! デッキからカード2枚をドローして、手札の通常モンスター《ホワイト・ダストン》を除外する」

「手札は整ったかね? 《甲虫装機ギガグリオル》により、《甲虫装機グルフ》は貫通効果を得ている。《おもちゃ箱》に攻撃をする」

 天道虫の昆虫ヒーローが現れた。《甲虫装機ギガグリオル》が跳びあがり、アーマーとして自らを分解させた。《甲虫装機グルフ》もハイジャンプをして、コオロギ・アーマーを装着していく。巨大戦斧を右手で握りこみ、攻撃力3000ポイントに上昇を果たした。そのまま、《おもちゃ箱》へ向けて急降下。重力を利用した大切断が、コロンちゃんのライフを1000ポイントにまで吹っとばす。地面に叩きつけられても、コロンちゃんは起きあがった。

「《おもちゃ箱》が破壊されたので、デッキから《千眼の邪教神:守備力0・Lv1》と《デメット爺さん:守備力2800・Lv8》を特殊召喚する」

 コロンちゃんが《デメット爺さん》を見て、朗らかになった。闇属性の人形モンスター。深い想いがありそうだ。《千眼の邪教神》は不気味すぎる。目玉たくさんの物体に、手足が生えたような感じだろうか。ハートランドさんがエンド宣言を叫んだ。



【3ターン目:コロン】LP1000、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
コロン:《プリンセス・コロン:守備力2200・R4・O×2》&《千眼の邪教神:守備力0・Lv1》&《デメット爺さん:守備力2800・Lv8》が守備表示。

ハートランド:《甲虫装機ギガグリオル》&装備魔法《甲虫装機の魔斧ゼクトホーク》を装備した《甲虫装機グルフ:攻撃力3000・Lv2》が攻撃表示。


「コロンのターン、ドロー。《千眼の邪教神》と《デメット爺さん》は攻撃力0ポイント。発動条件は揃っているわ。魔法カード《星に願いを》! 《千眼の邪教神》のレベルを、《コペット爺さん》と同じ8にするの。このターン限定だけど、モーマンタイ!」

「レベル8《千眼の邪教神》と《デメット爺さん》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《No.22 不乱健:攻撃力4500・R8・O×2》をエクシーズ召喚!」

「《腐乱犬:攻撃力1000・Lv4》を召喚するわ。健ちゃん、総攻撃をいくよっ!」

 覆面姿の怪人が、フンガーと吠えあがった。健ちゃんって、似合わないかも。継接ぎだらけで筋骨隆々としたマッチョマン。《甲虫装機グルフ》をパワフルに殴りつけた。バトルアーマーも粉砕して、昆虫ヒーローを戦闘破壊する。ハートランドさんのオシリを、《腐乱犬》が噛みついた。攻撃宣言するたびに、500ポイントのパワーアップを遂げるのだ。1500ポイントもの攻撃力で、ダイレクト・アタックが決まった。相手ライフも700ポイントにまで落ちていく。絶叫が響いた。

「カード2枚をセットして、ターンエンド」



【4ターン目:ハートランド】LP700、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
コロン:《No.22 不乱健:攻撃力4500・R8・O×2》&《腐乱犬:攻撃力1500・Lv4》が攻撃表示。《プリンセス・コロン:守備力2200・R4・O×2》が守備表示。

ハートランド:無し。


「おのれっ。よくも、私の尻を噛んでくれたな。許さん!」

 ハートランドさんが涙目だ。《腐乱犬》が尻尾を振っている。フランケンシュタインの犬版みたいだけど、ヌイグルミなので可愛らしい。よほど美味しかったのか、物欲しそうに見上げている。

「《甲虫装機ダンセル:攻撃力1000・Lv3》を召喚」

「オーバーレイ・ユニット1体を取り除いて、手札の《マーダーサーカス・ゾンビ》を墓地へ送り、《No.22 不乱健》のモンスター効果を発動! このカードを表側守備表示にして、《甲虫装機ダンセル》のモンスター効果を無効にする」

 《No.22 不乱健》がジャンプをして、地面に振動波を走らせた。着地をしたままに、守備体勢へ屈みこむ。《甲虫装機ダンセル》は揺れに囚われて、オロオロとしている。《甲虫装機ホーネット》と相性抜群で、地獄のようなコンビネーションを発揮するのだ。それも封印できましたけど。赤蜻蛉さんも無力となっている。

「甘いっ! 墓地から《甲虫装機グルフ》を除外することで、墓地から《甲虫装機ギガグリオル》を《甲虫装機ダンセル》に装備する。貫通効果を有した攻撃力2000のモンスターになるのだ。《No.22 不乱健》は守備力1000ポイント。アタックすれば、私の勝ちだっ!」

 オジサマがテンション高く、攻撃宣言を放った。《腐乱犬》が破壊されても、デッキから《おもちゃ箱》を特殊召喚できる。通常モンスターが破壊されても、《プリンセス・コロン》により通常モンスターを特殊召喚できる。モンスターが途切れない戦術だけど、貫通攻撃には弱い。《甲虫装機ホーネット》がコオロギ・アーマーを着こんで、突撃をしてきた。指先がドリルになっている。《No.22 不乱健》を貫こうというのか。このままでは、コロンちゃんが敗北してしまう。

「守備表示モンスターが攻撃対象になったので、罠カード《ガムシャラ》を発動! 《No.22 不乱健:攻撃力4500》を攻撃表示に変更する。健ちゃん、カウンター・パンチよ!」

 《No.22 不乱健》が立ちあがり、《甲虫装機ダンセル》を殴りつけた。超弩級の拳が、顔面を捕えたようだ。赤蜻蛉は舞いあがり、地面に叩きつけられた。ハートランドさんが茫然と崩れこむ。ライフは0となり、敗北が決まったので。コロンちゃんは《立ちはだかる強敵》も伏せていたけど、発動する必要もなかった。可愛らしく、コロンちゃんが胸を張っている。《No.22 不乱健》が嬉しそうに、チェーンソーを振りまわしていた。




【TF-その63】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

更新ありがとうございます!


コロンちゃん・・・強すぎ(笑)

ハートランドさん涙目ですね・・・。
このコロンちゃんが持っているナンバーズはレプリカですか?

次回も楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 ハートランドが悲惨な役目でございます。こちらでは死にはしませんが。《No.22 不乱健》は遊馬が手にしているので、レプリカです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。