スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルラキル 第11話「可愛い女と呼ばないで」

「キルラキル」オリジナルサウンドトラック「キルラキル」オリジナルサウンドトラック
(2013/12/25)
TVアニメOST

商品詳細を見る

 物語が大きく始動していきます。蛇崩乃音との激闘は凄まじいもの。飛行バトルでは決着とならず、さらなる極制服形態を披露してくれました。2段階で盛りあがりましたね。おかげで、強敵感は表現できたかと思います。犬牟田宝火は棄権しましたが、四天王戦は昂ぶっていきました。このまま物語が運べば、猿投山渦へのリベンジとなります。彼は新敵紹介のために、噛ませ犬となりました。猿なのに。主人公と猿投山の戦いは、以前にも行われています。似たようなバトル展開は避けているかな。針目縫は高次縫製師であり、極制服を簡単に解いてしまいます。鬼龍院皐月が父親殺害の犯人でなく、針目が真犯人。ミスリードと分かっていましたよ。魔王少女ぽい声の強敵ですが、流子は敗北しそうな予感。

 他のアニメなどでも、強敵が負けて解説役になることがあります。四天王も、そんな感じになっていくでしょうか。マコと漫才をしていました。元々からして、ギャグキャラ要素もありましたが。猿投山においては、このまま終わるのは勿体ないかも。何かをやらかしてくれるかな。スピード感のあふれる展開でしたね。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tbs121311-e12a.html


テーマ : キルラキル - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。