スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語シリーズ セカンドシーズン 第26話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ陸」

化物語PRODUCTION NOTE -characters-  新装版化物語PRODUCTION NOTE -characters- 新装版
(2014/01/23)
不明

商品詳細を見る

 貝木泥舟が主人公をやりきりました。殴られ蹴られながらも、必死に説得する。阿良々木暦と似たようなことをしていました。内向的な女子中学生の精神で、神様が暴力を振るいまくる。痛そうであります。こちらは大人キャラということで、嘘に本心を含ませて説得しています。後で本人さんが肯定していましたが、どこかで聞いたような説教でした。恋に敗れはしたが、それが全てじゃないと。千石撫子の秘密は、漫画を密かに描いていたということ。そんなことかと、あっけにとられ吹いてしまう。想像していたよりも、漫画絵が上手いですね。物語の問題点は、勉強と経験を重ねていけば大丈夫? 神様を止めさせるという壮大な任務は、表層的には普通の説得で終わりました。撫子は回復と反省ができるでしょうか?

 貝木が主人公の特別篇は、詐欺師の意外さが面白かったです。騙した中学生に殴られて終了とは、因果応報を感じてしまいます。たしか、自業自得に呪い返しされた子かな? 声が予想以上に高くて、某カミジョーを連想してしまいました。貝木の生死が気になる引きでしたね。扇という黒幕もいますので、物語は続いていきます。シャフトも儲けたいので、アニメ化もされるでしょう。DVDの売り上げにもよりますが。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/tokyomx122826-b.html


テーマ : 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。