スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-81 ヴァンパイア帝国降臨! ウィンVSレイン恵

遊戯王カード ヴァンパイア・キラー 遊戯王ゼアル シャドウ・スペクターズ収録/SHSP-JP034-N遊戯王カード ヴァンパイア・キラー 遊戯王ゼアル シャドウ・スペクターズ収録/SHSP-JP034-N
()
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

 アカデミアの仲間たちも解放されていきます。

 ツァン・ディレさんが、宮田ゆまさんを倒した。額の黒仮面も砕かれて、バリアンの支配から解放されていく。彼女は倒れこんで、ツァン・ディレさんに抱かれている。両目からも暗黒が抜けていき、正気も帰ってきたようだ。レイン恵さんに心配そうな眼差しを向けている。

「アンタレスに負けてから、私はバリアンに意識を奪われたようですね。恵さんも……」

「大丈夫ですよ。私が恵ちゃんを、バリアンから解き放ちますので」

 私は決闘盤を装着してから、レイン恵さんに対峙する。シルバーのツインテールが似合う美少女。バリアンの紋章が額で輝いている。無表情なままに、私を見返してくる。ブラックマントが闇街に溶けこんでしまいそうだ。ツァン・ディレさんに視線を合わせると、信頼の頷きが返ってきた。三毛猫が通りすぎ、レイン恵さんが惹きつけられるように眺めだす。

「恵ちゃん。猫好きなところは変わっていないのですね」

 レイン恵さんは表情筋を動かさない。黒い双眸で凝視するのみ。空に浮かんでいる大影が、ドン・サウザンドなのでしょうか? 腹部に開いた赤眼が、私たちを睨みおろしている。ネオドミノが大変な状況になっているけど、まずは友達から救っていこう。



『デュエル!』



【1ターン目:レイン恵】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「私の先攻だね。ドロー。レベル5以上のアンデットである《ヴァンパイア・ドラゴン》を手札公開することで、《にゃんぱいあ:攻撃力700・Lv1》を手札から特殊召喚する。この特殊召喚により、デッキから《ヴァンパイア・ソーサラー》を墓地へ送る」

「《にゃんぱいあ》をリリースして、《ヴァンパイア・ドラゴン:攻撃力2400・Lv5》をアドバンス召喚! カード1枚をセットして、ターンエンド」

 コミカルな黒猫さんが飛びだした。蝙蝠のような羽が生えており、腹部には十字架が貼られている。可愛らしいキャットだけど、アドバンス素材として消えていく。単眼竜が闇空へ舞いあがった。アドバンス召喚されたので、フィールドから墓地へ送られると、レベル4以下のモンスター1体がデッキからサーチされるようだ。迂闊には破壊できません。



【2ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
レイン恵:《ヴァンパイア・ドラゴン:攻撃力2400・Lv5》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ハーピィ・チェネラー:攻撃力1400・Lv4》を召喚。手札から《ハーピィ・ガール》を捨てることで、《ハーピィ・ダンサー:守備力1000・Lv4》をデッキから特殊召喚します」

「《ハーピィ・ダンサー》を手札へ戻すことで、風属性モンスター《霞の谷の見張り番:攻撃力1500・Lv4》を追加召喚します。これで、エクシーズ条件を満たせました」

 赤髪の鳥乙女が、ロッドを振りかざした。大風が雪崩れこみ、《ハーピィ・ダンサー》が舞いおりてきた。《ハーピィ・チェネラー》の黒翼とは対照的に、こちらは白翼が煌めいている。抜群のプロポーションが、ブラックビキニとマッチしています。彼女の舞いが、眼鏡の鳥人を呼びこんだ。

「レベル4《ハーピィ・チャネラー》と《霞の谷の見張り番》でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《電光千鳥:攻撃力1900・R4・O×2》をエクシーズ召喚!」

「このエクシーズ召喚により、セットカードをデッキの一番底に戻します」

「私のフィールドにはアンデットのみが存在する。効果対象となった罠カード《ヴァンパイア・シフト》を発動。デッキからフィールド魔法《ヴァンパイア帝国》を発動する。さらに、墓地から《ヴァンパイア・ソーサラー:守備力1500・Lv4》を特殊召喚する」

 稲妻で構成されたかのような鳥さんが、サンダーストームを吐きだした。しかし、トラップの発動は止められない。周囲の光景が塗りかえられていく。中世ヨーロッパっぽい街並みが浮かびだして、古城が山上にそびえあがる。アンデットの攻撃力が、ダメージ計算時のみ500ポイントアップするようだ。《ヴァンパイア・ロード》などの吸血効果にも注意を払わなければ。フィールドのカードを破壊されてしまうから。魔法吸血鬼まで復活してきた。

「オーバーレイ・ユニット1体を取り除いて、《電光千鳥》のモンスター効果を発動します。表側表示の《ヴァンパイア・ドラゴン》をデッキトップに戻します」

「《電光千鳥》で《ヴァンパイア・ソーサラー》にアタック!」

 電子の集合体が、猛烈な電磁嵐を吹きつけた。《ヴァンパイア・ドラゴン》が呑みこまれ、デッキへと押し戻される。墓地へ送られないので、サーチ効果も発揮できませんね。猛攻撃は続きます。《ヴァンパイア・ソーサラー》を焼きつくして黒焦げにした。

「《ヴァンパイア・ソーサラー》が相手によって、墓地へ送られた。デッキから闇属性モンスター《シャドウ・ヴァンパイア》を手札に加える」

「どっちにしろ、モンスター・サーチをさせましたか。カード1枚をセットして、ターンエンド」



【3ターン目:レイン恵】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
レイン恵:フィールド魔法《ヴァンパイア帝国》が発動中。

ウィン:《電光千鳥:攻撃力1900・R4・O×1》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ヴァンパイア・ソーサラー》を墓地から除外することで、《シャドウ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv5》をリリース無しで召喚する。この召喚により、デッキから《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv5》を特殊召喚」

「《ヴァンパイア・ロード》で《電光千鳥》に攻撃」

 《ヴァンパイア・ソーサラー》がサーチ効果を発動したので、《ヴァンパイア・ドラゴン》がデッキトップから外れたようです。《ヴァンパイア帝国》の支配下にて、2500ポイントにまでパワーアップをする。イケメン吸血鬼が筋肉質に膨れあがり、猛烈な勢いで突っこんできた。《電光千鳥》を殴りつけて、エネルギー状の肉体を爆散させる。

「罠カード《ウィンド・ガード》を発動! 風属性モンスターの戦闘で発生するダメージを0にします。攻撃力1500以下の風属性モンスター《親切なプチリュウ:攻撃力600・Lv2》を、デッキから手札へ加えます。これで、吸血行為もできませんね」

「カード2枚をセットして、ターンエンド」

 竜巻に守られて、血を吸われずに助かりました。《シャドウ・ヴァンパイア》は攻撃できないようだ。全身が透けていて不気味かも。エクシーズ召喚を行わずに、このターンを終了したのですか。モンスターを1体に束ねるのも、リスクがありますしね。



【4ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
レイン恵:《シャドウ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv5》&《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv5》が攻撃表示。フィールド魔法《ヴァンパイア帝国》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

ウィン:無し。


「私のターン、ドロー。魔法カード《調和の宝札》を発動します。手札から《デブリ・ドラゴン:攻撃力1000・チューナー》を捨て、2枚ドロー」

「魔法カード《テラ・フォーミング》により、デッキからフィールド魔法《霞の谷の神風》を手札へ加えます。そのまま、発動しますね」

「《ハーピィ・ダンサー:攻撃力1200・Lv4》を召喚。このカードを手札に戻すことで、再び召喚します。自分フィールドの風属性モンスターがバウンスしたので、《ガスタ・ガルド:攻撃力500・Lv3・チューナー》をデッキから特殊召喚します」

「《ガスタ・ガルド》で《ヴァンパイア・ロード》に攻撃!」

 《ヴァンパイア帝国》は虹風に流された。闇に幽閉されたネオドミノが、眼前に広がっていく。これで、《ヴァンパイア》の能力強化は失われました。《ガスタ・ガルド》が《霞の谷の神風》に乗りて、相手陣地へと突撃を仕掛けた。《親切なプチリュウ》をダメージステップに手札から捨てれば、《ヴァンパイア・ロード》と相打ちにできる。《ガスタ・ガルド》が墓地に送られたら、レベル2以下の《ガスタ》をデッキから特殊召喚できる。手札の《風霊術-「雅」》を伏せれば、《シャドウ・ヴァンパイア》もデッキへ戻せますね。緑の武装鳥が、色男さんに迫る。

「その戦略は通用しない。手札のアンデット《劫火の眠姫 ゴースト・スイーパー》を捨て、罠カード《妖かしの紅月》を発動! その攻撃を無効にして、《ガスタ・ガルド》の攻撃力分だけ自分ライフを回復する。そして、バトルフェイズを終了する」

 異様な満月が昇りだして、紅光を注いできた。《ガスタ・ガルド》は魅せられてしまい、攻撃を止める。レイン恵さんのライフは4500ポイントにまで回復した。

「カード1枚をセットして、ターンエンド」



【5ターン目:レイン恵】LP4500、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
レイン恵:《シャドウ・ヴァンパイア:攻撃力2000・Lv5》&《ヴァンパイア・ロード:攻撃力2000・Lv5》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。

ウィン:《ハーピィ・ダンサー:攻撃力1200・Lv4》&《ガスタ・ガルド:攻撃力500・Lv3・チューナー》が攻撃表示。フィールド魔法《霞の谷の神風》が発動中。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。《ヴァンパイア》2体でオーバーレイ・ネットワークを構築! 《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム:攻撃力2500・R5・O×2》をエクシーズ召喚!」

「ORU1体を取り除いて、《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》のエフェクト発動! 相手墓地から《電光千鳥:攻撃力1900・R4・O×0》を特殊召喚する」

 《ヴァンパイア・ロード》を吸収することで、《シャドウ・ヴァンパイア》が実体化していく。

「面白いカードをドローできた。装備魔法《エクシーズ・ユニット》を《電光千鳥》に装備する。ORU1体を消費する代わりとして、《エクシーズ・ユニット》を墓地へ送り、《電光千鳥》の特殊効果を発動する。《ガスタ・ガルド》をデッキトップへ戻す」

「風属性モンスター《ガスタ・ガルド》をリリースして、罠カード《風霊術-「雅」》を発動。《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》をデッキボトムへ戻します」

「ライフを1000ポイント払い、カウンター罠《盗賊の七つ道具》を発動。そのトラップを無効にする」

 《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》の両目が紅く輝きだした。魔剣を振りあげると、《電光千鳥》が地中から飛びだした。吸血騎士に支配されているようで、《ガスタ・ガルド》に向けて電磁嵐を叩きつける。《風霊術-「雅」》により、《ガスタ・ガルド》をリリース回避できました。《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》はデッキに戻らない。相手ライフはコストにより、3500ポイントにまで減っている。さすがに、レイン恵さんは手強いです。

「《電光千鳥》で《ハーピィ・ダンサー》に攻撃する」

 青き稲妻が投げつけられた。先に攻撃をしていれば、《エクシーズ・ユニット》のパワーアップ効果によりダメージも増していたけど。やっぱり、《親切なプチリュウ》を警戒していましたか。このタイミングでは使わないでおこう。《紅貴士-ヴァンパイア・ブラム》は蘇生効果の代償として攻撃できない。踊り子が焼きつくされてしまい、自分ライフは3300ポイントへと押されていった。

「モンスター1体を裏側守備表示でセットして、ターンエンド」





【TF-その81】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。