スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki-全国編 第4話「東風」

咲 -Saki- フェス 四角い宇宙でSquarePanic! [Blu-ray]咲 -Saki- フェス 四角い宇宙でSquarePanic! [Blu-ray]
(2013/03/06)
悠木碧、東山奈央 他

商品詳細を見る

 ようやく、本格的に麻雀戦が始まりました。このアニメは特殊能力の使用者が多いです。萌え属性だけでなく、麻雀アビリティでも個性分けをしているようです。美少女雀士が多数おり、それぞれを魅力的に描いていこうとすれば、ゲーム構成を考えるのも大変そうです。片岡優希は東場でのみ威力を発揮します。性格的な問題な気もしますが、運勢も捻じ曲げるという。姫松高校の面々から、謎萌え生物扱いされていましたね。デフォルメしすぎて、回想シーンがシュールでしたよ。勝負は試合開始の前から始まるもので、互いに対策を立てていました。東場で連荘を続けての勝利ですか? 天江衣の助言は、素人でもハードすぎると理解できます。アカギさんでも難しそう。全国大会では、さすがに優希の爆走も続きません。

 上重漫の視点進行が多かったですね。敗北すると、額に落書きされてしまう。弄られキャラでしたか。小瀬川白望は低血圧ぽいですが、やる時はやるようです。迷うと手が高くなるらしいです。この2人も活躍して、片岡優希は真白に燃えつきました。連荘作戦は見事に崩されてしまいました。神代小蒔が最も注目ポイントであります。覚醒して真価を発揮するかと思えば、そうでもなかった。寝ながら麻雀をしている時点で、充分に凄いものがありますが。特殊能力の披露は、次回へと預けられます。巫女さんだけに、神憑りなモノを魅せてくれそう。そうなると、タコスさんは追いこまれてしまう。盛りあがりな先鋒戦でした。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/-saki-12604-b74.html


テーマ : 咲-Saki- - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

デコに油性

漫ちゃんは、1回線の控室でも額に描かれてました。
多分、水性ペンだと思われます。
この次は『油性』で「辰」と描かれるのでは無いかと想像してます。

No title

 レスありがとうございます。

 そういえば。上重漫は大変そうですね。油性ペンだと落ちにくいですし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。