スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい!戀 第6話「躊躇ためらいの・・・ 筑紫島周遊」

ラジオCD「中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~」 Vol.4 (CD+CDROM)ラジオCD「中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~」 Vol.4 (CD+CDROM)
(2013/12/18)
内田真礼(小鳥遊六花役)、赤﨑千夏(丹生谷森夏役) 他

商品詳細を見る

 主要キャラでないクラスメイトも、より丁寧に描かれているかな。「けいおん」もそうですけど、そんな傾向が2期目にありますね。主人公カップルがクラスの中で、どう扱われているのか。微笑ましく表現されていました。小鳥遊六花は容姿端麗ですが、ちょっぴり変わった性格をしています。富樫勇太は羨ましがられも、恋のライバルはいなさそうで。クラス公認カップルであり、優しく弄られているようです。興味深々な年頃ですので、そういうことも訊いてきますね。女子風呂覗きは未遂で良かったんじゃないですか。女子全員を敵に回すものですよ。一色誠は教師に捕まり、悲惨なことで。彼はどうなるのやら?

 勇太と六花の恋も進展しましたか。頬にですけど、キスをしちゃいましたね。小鳥遊六花も積極的に踏みだしてきました。六花の口元がアップになるシーンですが、ほんのりと色気が含まれていました。照れすぎて遅めなカップルですが、着実に進行しているようです。最終回辺りでは、唇を重ねますか。七宮智音が登場しなかったので、横槍も入りませんでした。丹生森夏がキスシーンを目撃して、少しばかり紅潮していました。恋愛経験が豊富ぽい雰囲気がありますけど、うぶだったりします。風鈴に見抜かれていましたね。ナイスな性格をしていますので、良縁にも巡りあえるでしょう。

 暗視ゴーグルが生きてくるとは。「たまこまーけっと」も映画化するようですね。こちらも恋愛について、突っこむようで。次回は、居残り組が活躍するかな。七宮智音も暴れそうな予感。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/tokyomx21206-15.html



テーマ : 中二病でも恋がしたい! - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。