スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-93 正義の大盤振る舞い! エスパー・ロビン参上!!

【遊戯王シングルカード】 《デュエルターミナル 破滅の邪龍ウロボロス》 異次元ジェット・アイアン号 レア dt14-jp005【遊戯王シングルカード】 《デュエルターミナル 破滅の邪龍ウロボロス》 異次元ジェット・アイアン号 レア dt14-jp005
()
コナミ

商品詳細を見る

 宮田ゆまがデュエルをします。

「《M・HERO ディケイド》を選択して、魔法カード《ファイナル・フォーム・ライド》を発動! 《冥界龍 ドラゴネクロ》のパワーが加わります。バトルフェイズ終了時まで、相手の手札・墓地とフィールドのカードは効果無効となります。《CX 超巨大空中要塞バビロン》を倒しますよ!」

 宮田ゆまさんとレイン恵さんのタッグは凄いです。羽原夫妻を圧倒的に追いつめている。仮面ヒーローが魔竜に乗りて、超高速で飛翔していく。曇天に浮かんでいる巨大要塞をターゲットにして、必殺キックが炸裂した。《CX 超巨大空中要塞バビロン》が爆炎を噴きあげて、黒煙を引きながら墜落していく。その衝撃を浴びてしまい、青髪の女性が舞いあげられる。それを旦那さんが抱きとめた。2人の額から、バリアンの紋章が砕け散った。



 長い螺旋階段を上りきると、奇妙な街に出てしまった。海馬コーポレーションの中とは信じられない。近代的な街並みが広がっている。飛行船が大量に泳いでいて、道行く少女は異様さを醸しだしている。ここも、魔女の結界なのであろうか。ウルタールの黒猫が、遠くから観察してくる。

「バリアンの決闘者が多いですね。磁石デッキを使うトリオも襲ってきましたし」

 柄が悪そうな3人組であり、リーダーはウルフと名乗っていた。《超電磁竜マグネドラゴン:攻撃力3500・Lv8》を特殊召喚してきたが、宮田ゆまさんが1人で葬った。ヒーローデッキのパワーは凄まじいもの。相手は無抵抗なままに敗走した。

「その《M・HERO》って強いね。どこで、手に入れたの?」

「写真館の近くで、空高くから落ちてきました。持主も探しましたが、見つからなかったので……」

「ボクたちが休憩していた場所だね」

 レイン恵さんがコロンちゃんを背負いながら、2人の会話を聞いている。どこに行けばいいのか分からないが、ウルタールに誘導されながら進んでいる。駅らしき場所で、液晶表示されたマップを見つけた。奇妙な文字が並んでいて、何と書いてあるのか理解できない。ツァン・ディレさんも困っている。目を凝らしていると、文字列が変化してくるような……。

「この地図じゃ、あまり参考にならないね。罠っぽいけど、ウルタールを追っていこうか」

「あれっ? ミタギガハラ……?」

「ウィン、どうしたの?」

「何でもありません。見間違えたと思います」

 私が理解できる言語に揺らぐも、気のせいだった。このままでは駄目だ。結界を抜けだして、バリアンの計画を止めなければ。歩みを進めようとするも、新たなる刺客が襲いかかってきた。ヒーローみたいなコスプレをした少年だ。銀髪を逆立て、赤いマスクが目立つ。

「大盤振る舞いで、ただいま参上! このエスパー・ロビンが悪を討つ!」

「私たちは悪じゃないですよ。デュエルをするしかないですね」

 彼の額にも、バリアンの紋章が輝いている。ブルーマントをはためかせ、決闘体勢に構えだす。宮田ゆまさんが身を乗りだした。レイン恵さんが、制服の袖を摘まみだす。連戦状態なので心配しているのだろう。大丈夫ですよと、親友の肩を撫でさげた。配慮も杞憂となるほどに、宮田ゆまさんは元気溌剌としている。コスプレさんと向いあう。



『デュエル!』



【1ターン目:宮田ゆま】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「私の先攻ですね。ドロー。《E・HERO エアーマン:攻撃力1800・Lv4》を召喚。この召喚により、デッキから《E・HERO フォレストマン》を手札に加えます」

「カード5枚をセットして、ターンエンド」

 ウィングのプロペラが高速回転して、強風が巻き荒れる。ヒーローが颯爽と降りてきた。バイザーに電子光が宿り、仲間を呼びだす。《E・HERO フォレストマン》は《融合》をサーチするモンスターだ。守備力が高いので、壁としても機能する。《M・HERO》使いだけど、彼女は融合ヒーローも高度に使いこなす。遊城十代さんに憧れて、ヒーローデッキを研鑽していますから。



【2ターン目:エスパー・ロビン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
宮田ゆま:《E・HERO エアーマン:攻撃力1800・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード5枚をセットしている。


「オレのターン、ドロー。ロビン・ファミリー4体を手札から墓地へ送り、《異次元ジェット・アイアン号:攻撃力4000・Lv10》を手札から特殊召喚する。《異次元ジェット・アイアン号》をリリースして、墓地からロビン・フェミリー4体を復活させる」

 空間を硝子のように割って、異次元船が街上空に突入してきた。SF映画に登場しそうな造形をしている。ハイパワー・モンスターを呼びだすには、手札コストが大きすぎる。《異次元ジェット・アイアン号》はモンスターを大量展開するための手段であるようだ。《異次元エスパー・スター・ロビン》が仲間を連れて、フィールドに立つ。

「《鳳凰獣ガイルーダー:攻撃力2500・Lv6》で《E・HERO エアーマン》にアタック! 相手モンスターに攻撃をする場合、このカードの攻撃力は300ポイントアップする」

 両翼を叩きつけるように、鳳凰が急襲してきた。大風に呑みこまれて、《E・HERO エアーマン》は路面に打ち据えられる。ウィングが折れたところに、大きな爪足が踏みつけてきた。ヒーロー破壊の衝撃波により、宮田ゆまさんのライフは3000ポイントにまで減らされる。

「《E・HERO》が戦闘破壊されました。罠カード《ヒーロー逆襲》を発動します。相手は私の手札を、ランダムに1枚だけ選択します。そのカードが《E・HERO》ならば、特殊召喚します。相手モンスター1体を破壊したうえでね!」

 宮田ゆまさんは、魔法・罠カードを5枚もセットしている。《E・HERO》が高確率で当たるだろう。《大嵐》を撃たれるリスクもありますが。《E・HERO フォレストマン:守備力2000・Lv4》がジャンプをして、《異次元エスパー・スター・ロビン》を潰すように着地した。ウッド素材の右半身が、凶器と化している。エスパー・ロビンの影が消滅した。

「おのれっ! ヒーローを名乗る悪党どもめ! だが、真のヒーローは諦めずに立ちあがるもの! 《鳳凰獣ガイルーダー》をリリースして、手札から速攻魔法《ロビン参上!》を発動! 《異次元エスパー・スター・ロビン:攻撃力3000・Lv10》を墓地から特殊召喚して、相手の魔法・罠カード1枚を成敗する。大判振舞いで、ただいま復活!」

 《鳳凰獣ガイルーダー》が墓地に潜り、《異次元エスパー・スター・ロビン》が代わりに跳びあがる。シャドーウィップを振るい、セットカードを打つ。破壊されたカードは、トラップ《ヒーロー・メダル》であった。このカードは相手によって破壊されると、デッキに戻される。

「このカードを狙ってくれて助かりました。《ヒーロー・メダル》の効果で、1枚ドローします」

「《鉄巨人アイアンハンマー:守備力3500・Lv8》のモンスター効果を発動する。《異次元エスパー・スター・ロビン》はダイレクト・アタックが可能だ! いけーっ!」

「このターンに《E・HERO エアーマン》が戦闘破壊されています。罠カード《ヒーロースピリッツ》を発動。バトルダメージを0にします」

 鉄巨人が《異次元エスパー・スター・ロビン》を掌で掬いあげて、シュートを決める。3000ポイントの直撃を受ければ、敗北は免れない。《E・HERO エアーマン》のソウルが、宮田ゆまさんの盾となる。《E・HERO フォレストマン》がガード体勢に屈んでいるので、《野獣戦士ピューマン:攻撃力1600・Lv4》も攻撃できない。黒豹戦士が歯軋りを鳴らしている。

「《野獣戦士ピューマン》をリリースして、デッキから《異次元エスパー・スター・ロビン》2号を手札に加える。これで、ターンを終了する」

 《ロビン参上!》を墓地から除外すれば、《異次元エスパー・スター・ロビン》を手札から特殊召喚できる。発動したターンには無理なようだけど。《野獣戦士ピューマン》のエフェクトを活かすことで、召喚体勢を整えましたか。相手布陣は手堅く、モンスターを全滅させても直接攻撃は阻まれてしまう。ダイレクト・アタック時に《異次元エスパー・スター・ロビン》が守備表示で復活するのだ。それでも、宮田ゆまさんなら突破できると信じています。



【3ターン目:宮田ゆま】LP3000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
宮田ゆま:《E・HERO フォレストマン:守備力2000・Lv4》が守備表示。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。

エスパー・ロビン:《異次元エスパー・スター・ロビン:攻撃力3000・Lv10》が攻撃表示。《鉄巨人アイアンハンマー:守備力3500・Lv8》が守備表示。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズですね。《E・HERO フォレストマン》のモンスター効果により、デッキから魔法カード《融合》を手札に加えます」

「伏せていた魔法カード《戦士の生還》を発動。墓地から戦士族モンスター《E・HERO エアーマン:攻撃力1800・Lv4》を回収します。そのまま、召喚! この召喚により、デッキから《E・HERO オーシャン:攻撃力1500・Lv4》を手札に加えます」

「《HERO》が存在するので、魔法カード《HERO’S ボンド》を発動します。手札からレベル4以下である《E・HERO レディ・オブ・ファイア:攻撃力1300・Lv4)と《E・HERO ザ・ヒート:攻撃力1600・Lv4》を特殊召喚! 勝利の鍵が揃いましたっ!」

 《HERO’S ボンド》はセットされていたカードだ。《E・HERO エアーマン》のバイザーが電子光で煌めく。通信機能が働いて、仲間たちが続々と駆けつけてくれた。攻撃力では劣るも、《E・HERO》には融合召喚という手段がある。宮田ゆまさんは一撃必殺に賭けるようだ。

「手札の《E・HERO オーシャン》と、フィールドの《E・HERO フォレストマン》を《融合》して、《E・HERO ジ・アース:攻撃力2500・Lv8》を融合召喚!」

「《E・HERO ジ・アース》のヒーロー効果を発動します。《E・HERO》3体をリリースして、攻撃力の合計分だけパワーアップ! 《異次元エスパー・スター・ロビン》をやつけます!」


『地球灼熱斬!』


 大地戦士と海戦士が融合しあい、地球ヒーローが爆臨した。頭部と両肩部分で煌めくマリンブルー。《E・HERO》3体を吸収していき、紅蓮色に燃えあがる。その攻撃力は、7200ポイントにも達した。マグマブレードを両手で噴火させて、《異次元エスパー・スター・ロビン》を超重力で引き寄せる。高温を秘めた必殺連撃が、相手モンスターを瞬時に燃やしつくした。エスパー・ロビンが衝撃波を浴びて、路面に崩れ落ちる。



 エスパー・ロビンを倒しても、一息だけ吐くのがやっとだ。ここから脱出できるだろうか。歩みを進めていくと、学校らしき場所に着いた。そこで私たちは再開することになる。大切なクラスメイトに。





【TF-その93】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

わおっ⁉︎まためっちゃ進んでる!
ハイペースでの更新ありがとうございます!!

前回でトロンとアキの決着がつきましたか。
No.69・・・CNo.は強力ですけどね(笑)
アンフィスバエナとレオのコンボは凶悪ですよね〜・・・。

今回はヒーロー大活躍ですね!
そういえば5月くらいに「HERO」のストラクが出る?みたいです。

次回も楽しみにしてます!
ドルべのオリパにもコメントさせていただきます!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。ペースが速まっています。

 《紋章獣レオ》のおかげで、《紋章獣》が使いやすくなっていますね。コナミさんも良い仕事をしてくれます。

 《HERO》のストラクということは、エクストラ枠も気になります。エアーマンやプリズマーは入りそうな予感。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。