スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-114 超銀河眼の時空龍の暴威! ウィンVSミザエル

【シングルカード】CNo.107 超銀河眼の時空龍 エクシーズ シークレット 遊戯王【シングルカード】CNo.107 超銀河眼の時空龍 エクシーズ シークレット 遊戯王
()
遊戯王

商品詳細を見る

 ウィンにとって最大級の対戦相手です。

 赤き竜が呼びだした決闘者は、ミザエルに敗北した。ゴドウィン兄弟の強さは相当なもの。クロウさんが零したのを覚えている。容赦せずに包囲網を完成させるも、ダメージすらも与えられなかった。バリアンを突破しないと、黒結晶の巨大装置を止められない。シグナーが頼りだけど、全員が疲労困憊している。バリアン騎士との決闘を繰り返したのだろう。遊星さんの顔色は酷く、立っているだけでも奇跡のようだ。ツァン・ディレさんも限界を迎えている。

 このまま、諦めていいのだろうか? 私は記憶喪失であり、ネオドミノでの経験が全てだ。これからも、ツァン・ディレさんたちと一緒に歩んでいきたい。この場所に人生を刻んでいきたい。ドン・サウザンドなんかに邪魔されてたまるものか。ひざに力を入れてから、右手で屋上床を押していく。何とかだけど、立ちあがれるようだ。深く息吐いてから、ゆっくりと足を引きずっていく。ちょっとだけ視界が揺れているけど、カードテキストを読むには支障もない。赤い水溜まりを踏みしめる。

「ウィン。何を考えているの?」

 がくんと引っ張られてしまう。ツァン・ディレさんの右手が小刻みに震えていた。コロンちゃんも靴下を掴んでいる。今にも泣いてしまいそうな表情で。

「ミザエルを倒してきます」

「馬鹿なことを言わないでよ! 自分の状態が分かっているの? デュエル自体が危険なんだよ!」

「ごめんなさい。悔しくて大人しくしてられないのですよ」

 意外に力が残っているもので、ツァン・ディレさんを振りきれた。コロンちゃんが悲鳴を漏らす。十六夜アキさんやクロウさんも叫んでいるけど、言葉が脳にまで達しない。ミザエルに対峙すると、冷酷そうな眼差しを刺してきた。そんなプレッシャーには怖気ませんよ。

「キャンサーを倒せるほどの実力は認めてやる。だが、あの娘の言うとおりだ。私は容赦できないデュエリストでな。命を捨てたくなければ、大人しく寝ているがいい」

「断ります。バリアンにも事情があるようですが、友達を滅茶苦茶にされて大人しくしてられません。たくさんの人が、ドン・サウザンドの闇に寄生されて苦しみました。アレが復活したら、ネオドミノが危険に落とされそうです。ここで諦めていられない!」

「ドン・サウザンドは蘇るだろうが、私が処分する予定だ。こう説明しても信じないか」

 ミザエルが決闘盤を構えこむ。相手が手負いだからと油断するタイプでもないだろう。勝算は低いけど、ミザエルの戦力も晒せそうだ。ツァン・ディレさんが涙流している。弱気になっていた。遊星さんを倒せるほどの実力者だろうが、絶対に負けられない。胸奥が溶岩溜まりのごとく熱されていく。背中もムズムズしてくる。上着が血で濡れているけど、これぐらい気にしません。



『デュエル!』



【1ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

「私の先攻ですね。ドロー。《ドラグニティ-トリブル:攻撃力500・Lv1》を召喚。この召喚により、デッキから《ドラグニティ-ブランディストック》を墓地に送ります」

「カード2枚をセット。魔法カード《フューチャー・リロード》を発動します。手札2枚をデッキへ戻すことで、次の自分スタンバイフェイズに3枚ドローします。ターンエンド」

 鳥人の指揮官が羽ばたいてきた。召喚すれば、レベル3以下のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送れる。低攻撃力を晒すも、トラップを仕掛けたので安心できるかな。《ドラグニティ-アキュリス》と《ドラグニティ-ピルム》は、デッキに戻しておいた。



【2ターン目:ミザエル】LP4000、ドローフェイズ後の手札6枚

(フィールド)
ウィン:《ドラグニティ-トリブル:攻撃力500・Lv1》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード2枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。魔法カード《RUM-七皇の剣》を発動! エクストラデッキから《No.107 銀河眼の時空竜》を特殊召喚して、《CNo.107 超銀河眼の時空龍:攻撃力4500・R9・O×1》へと再構築する。我が魂に宿りし粒子! 今、光を超えた力となりて時を逆巻け!」

「風属性モンスターがいるので、速攻魔法《スペース・ウィンド》を発動! ORU1体を除去します」

 《CNo.107 超銀河眼の時空龍》からORU1体を消費すれば、フィールドの表側表示カードは効果無効となり、カード効果の発動まで封じられてしまう。三つ首の黄金竜から、ORU結晶を吹きとばせた。それでも、ワンキル可能な攻撃力には変わらない。大音響の咆哮が凄まじい。

「《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ:攻撃力1800・Lv4》を召喚する。このカードをリリースして、《聖刻龍-ネフテドラゴン:攻撃力2000・Lv5》を特殊召喚!」

「《聖刻龍-トフェニドラゴン》を手札からリリースして、《聖刻龍-ネフテドラゴン》の特殊能力を発動する。《ドラグニティ-トリブル》を滅ぼす」

「残念ですが、そうはいきませんよ! 速攻魔法《トルネード・バリア》を発動します。攻撃力1500以下の風属性モンスター《ドラグニティ-トリブル》は、エンドフェイズまで破壊されません。戦闘ダメージも発生させないので、攻撃しても無駄ですよ」

 なるほど。ルドガーさんが《生贄封じの仮面》を張ったわけです。《聖刻龍》はリリースをテーマとしているようだ。アーマーをまとった神聖竜が、シャイニング・ブレスを吹きつけてきた。《ドラグニティ-トリブル》は竜巻に包まれて、防御状態を完成させる。それだけじゃ終わらない。2回目のスタンバイフェイズに、風属性モンスターもサーチできるんだ。

「《聖刻龍》2体がリリースされたゆえに、《神龍の聖刻印:攻撃力0・Lv8》2体をデッキから降臨させる。これらのモンスターで、オーバーレイ・ネットワークを構築! 《神竜騎士フェルグラント:攻撃力2800・R8・O×2》よ、我が下へ駆けつけよ!」

 《聖刻龍》はリリースされると、光粒子を残留させる。天空の彼方から、巨大な黄金球体が導かれてきた。それらが光渦へと呑みこまれて、竜騎士が降りてきた。《フェルグラントドラゴン》をイメージさせる全身鎧をまとっている。ディスク機能で調べなければ。ORU1体をコストにすれば、表側表示モンスター1体を効果無効にできる。その代わりに、カード効果への耐性も得られるようだ。攻守両方に使えますね。カード効果による除去も対策済みですか。

「カード1枚を伏せて、ターンエンド。手札から速攻魔法《超再生能力》を発動する。このターン、ドラゴン族モンスター2体をリリースした。よって、2枚ドローする」

「《スペース・ウィンド》を発動したエンドフェイズなので、《ドラゴンフライ》をデッキから手札に加えます」

 攻撃力1500以下の風属性モンスターをサーチできました。



【3ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
ウィン:《ドラグニティ-トリブル:攻撃力500・Lv1》が攻撃表示。

ミザエル:《CNo.107 超銀河眼の時空龍:攻撃力4500・R9・O×0》&《神竜騎士フェルグラント:攻撃力2800・R8・O×2》&《聖刻龍-ネフテドラゴン:攻撃力2000・Lv5》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズなので、《フューチャー・リロード》により3枚ドローしますね。嬉しい風が吹いてきました。《ドラグニティ-トリブル:守備力300》を守備表示に変更して、モンスター1体を裏側守備表示で伏せておきます」

「カード3枚をセットして、ターンエンド」

 カウンター罠《トラップ・ジャマー》と《盗賊の七つ道具》が手札に来てくれた。相手フィールドのセット状況から、《盗賊の七つ道具》だけを仕掛けておこう。2枚伏せても、《大嵐》を吹かれたら悲惨ですからね。嘔吐感や悪寒に加えて、激痛のカーニバル。キャンサーのせいでコンディションは最悪ですが、ドキドキが加速していきます。



【4ターン目:ミザエル】LP4000、ドローフェイズ後の手札3枚

(フィールド)
ウィン:《ドラグニティ-トリブル:守備力300・Lv1》が守備表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。魔法&罠カードゾーンにカード3枚をセットしている。

ミザエル:《CNo.107 超銀河眼の時空龍:攻撃力4500・R9・O×0》&《神竜騎士フェルグラント:攻撃力2800・R8・O×2》&《聖刻龍-ネフテドラゴン:攻撃力2000・Lv5》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード1枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。魔法カード《守備封じ》を発動する。《ドラグニティ-トリブル:攻撃力500》を攻撃表示に変更して、《CNo.107 超銀河眼の時空龍》で仕掛ける」

「鳥獣族モンスター《ドラグニティ-トリブル》をリリースして、罠カード《ゴッドバードアタック》を発動! 《CNo.107 超銀河眼の時空龍》と《神竜騎士フェルグラント》を破壊します」

「《聖刻龍-ネフテドラゴン》をリリースして、カウンター罠《反射の聖刻印》を発動するまで。《ゴッドバードアタック》を無効にする」

「カウンターにはカウンターで対抗するしかないですね! ライフ1000ポイントを払って、カウンター罠《盗賊の七つ道具》を発動! 《反射の聖刻印》を無効にします」

「《CNo.107 超銀河眼の時空龍》の存在により、手札からカウンター罠《タキオン・トランスミグレイション》を発動する。貴様の効果全てを無効にして、デッキに戻す」

 手札からカウンタートラップですか? 《CNo.107 超銀河眼の時空龍》が四角錐となり、高速回転を震わせだした。黄金色の輝きが暴風雨のごとく吹いてくる。チェーンに乗っているマイカード全てが無効にされていく。《神竜騎士フェルグラント》のORUも消費させられなかった。どんなにカウンターしても、コストは消せません。《ドラグニティ-トリブル》が攻撃対象となるも墓地送りにできた。ミザエルはカウンタートラップを使い果たしたはず。もう、トラップをキャンセルできないだろう。

「攻撃対象モンスターが消えたので、攻撃宣言を巻き返すしかないですね」

「そうさせてもらおう。小娘程度に考えていたが、そうでもなかったか。全力で相手をしてやろう」

 ミザエルが愉しそうに笑いだす。ヴァルゴやキャンサーのように、本性を開花させる。ツァン・ディレさんの不安げな表情が、黄金光に呑みこまれた。背中が疼きだす。


『バリアル・フォーゼ!』





【TF-その114】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

更新ありがとうございます!

ちょ、ウィン⁉︎
明らかにミザエルはガチデッキですが大丈夫でしょうか⁉︎

《タキオン・トランスミグレイション》・・・僕もリアルで使ってます(笑)

次回も、楽しみにしてます!!

No title

 TMさん、感想ありがとうございます。

 一歩間違えてしまえば、カイトのようになりかねない危険さです。《神竜騎士フェルグラント》に《聖刻印》と、かなり手強い相手です。《タキオン・トランスミグレイション》は条件付きですが、カウンター罠として強力ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。