スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊戯王ARC-V 第4話「一筋の希望!! ブロックスパイダー」

遊戯王アーク・ファイブ / EMヒックリカエル / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード遊戯王アーク・ファイブ / EMヒックリカエル / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード
()
遊戯王オフィシャルカードゲーム

商品詳細を見る

 第3話の決闘内容は微妙すぎでした。第4話はピンポイント・カードがあるも、デュエルが形になって安心できました。下級モンスターが活躍したのが良かった。沢渡が屑扱いしていた《ブロック・スパイダー》でフィニッシュしたのは良展開です。弱いカードでも組み合わせにより、強力な効果を発揮できる。TCGの醍醐味であります。《ブロック・スパイダー》のようなモンスターを並べる防御コンボ。キャッシーも《捨て猫》2体でやっていましたね。《モノマネンド》と《クリケット・クローズ》にはゼアルの影響を感じました。Aデュエルについては、修正を求めたい気分もあります。せめて、1ターンに1度だけ拾えるという制限があれば……。

【続・榊遊矢VS沢渡シンゴ】


【続4ターン目:シンゴ】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
遊矢:《EMアメンボート:攻撃力500・Lv4》が攻撃表示。

シンゴ:《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800・Lv5》&《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900・Lv6》&《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。



 《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800》→攻撃→《EMアメンボート:攻撃力500》


 遊矢はAカードを拾おうとするも、Aトラップを警戒して止めました。《EMアメンボート:守備力1600》が攻撃対象に選択されたので、このカードを表側守備表示に変更することで、攻撃を無効にします。


「EMアメンボート」水【昆虫族・効果】☆×4
①:攻撃表示のこのカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。このカードを表側守備表示にし、その攻撃を無効にする。
ATK500 DEF1600



 《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900》→攻撃→《EMアメンボート:攻撃力500》


 《EMアメンボート》は戦闘破壊されました。


 《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400》→直接攻撃→遊矢


 【遊矢:LP3000→600】



【5ターン目:遊矢】LP600、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
遊矢:無し。

シンゴ:《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800・Lv5》&《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900・Lv6》&《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。

Pゾーン:《星読みの魔術師:スケール1》&《時読みの魔術師:スケール8》


 《ブロック・スパイダー:攻撃力0・Lv1》を召喚。このカードが表側表示で存在する限り、他の自分モンスターは攻撃されないようです。

 《ブロック・スパイダー:守備力100》を表側守備表示に変更することで、通常魔法《モノマネンド》を発動。モンスターカードとなり、《ブロック・スパイダー》と同じ効果を得ます。《切り込み隊長》ロックができます。


「モノマネンド」通常魔法
①:自分フィールドのレベル3以下の攻撃表示モンスター1体を選択し、選択モンスターを守備表示にして発動できる。このカードは発動後モンスターカード(星1・功/守0)となり自分のモンスターゾーンに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードの名前・種族・属性・効果は選択したモンスターと同じになる。選択したモンスターがフィールドから離れた時、このカードを破壊する。


 カード2枚をセットして、ターンエンド。



【6ターン目:シンゴ】LP4000、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
遊矢:《ブロック・スパイダー:守備力100・Lv1》&《モノマネンド→ブロック・スパイダー:守備力0・Lv1》が守備表示。魔法・罠ゾーンにカード2枚をセットしている。

シンゴ:《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800・Lv5》&《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900・Lv6》&《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。

Pゾーン:《星読みの魔術師:スケール1》&《時読みの魔術師:スケール8》


 通常魔法《クリケット・クローズ》を発動。自分魔法カード2枚、《星読みの魔術師》と《時読みの魔術師》を無効にすることで、《モノマネンド→ブロック・スパイダー》を効果無効にします。モンスターとして維持できなくなった通常魔法《モノマネンド》は破壊されました。Pゾーンのカードは魔法カード扱いですので、《クリケット・クローズ》で無効にできます。


「クリケット・クローズ」通常魔法
①:自分フィールドの魔法カード2枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このターン、そのカードの効果は無効化される。


 遊矢は速攻魔法《ドロー・マッスル》をリバース。1枚ドロー。《EMカレイドスコーピオン:守備力2300》をドローしたので、その守備力分だけ《ブロック・スパイダー:守備力100》を守備力アップさせます。《ブロック・スパイダー:守備力2400》は戦闘破壊されなくなりました。


「ドロー・マッスル」速攻魔法
①:自分フィールドのモンスターが守備力1000以下の守備表示モンスター1体のみになった時、そのモンスター1体を対象として発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。確認したカードがモンスターだった場合、対象モンスターの守備力はドローしたモンスターの守備力分アップし、そのモンスターは戦闘では破壊されない。違った場合、対象のモンスターは破壊される。


 《パワー・ダーツ・シューター》をリリースすることで、《アルティメット・ダーツ・シューター》の攻撃力をエンドフェイズまで600ポイントアップ。

 《ロケット・ダーツ・シューター》をリリースすることで、《アルティメット・ダーツ・シューター》に貫通効果を与えます。


 《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力3000》→貫通攻撃→《ブロック・スパイダー:守備力2400》


 遊矢は通常罠《エンプティ・フィッシング》を発動。ダメージを半分にして、フィールドの効果無効となっているカード2枚、《時読みの魔術師》と《星読みの魔術師》を自分手札に加えます。ピンポイントすぎる……。ゼアル世界ならば、便利そうなカードでありますが。


 【遊矢:LP600→300】


 《アルティメット・ダーツ・シューター》のモンスター効果を発動します。リリースされた《パワー・ダーツ・シューター》と《ロケット・ダーツ・シューター》を墓地から特殊召喚します。



【7ターン目:遊矢】LP300、ドローフェイズ後の手札5枚

(フィールド)
遊矢:《ブロック・スパイダー:守備力2400・Lv1》が守備表示。

シンゴ:《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800・Lv5》&《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900・Lv6》&《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400・Lv7》が攻撃表示。


 スケール1《星読みの魔術師》とスケール8《時読みの魔術師》をPゾーンにセット。自分フィールドにモンスターがいるのに、《時読みの魔術師》を発動しましたね。制限はOCGオンリー?

 《EMヒックリカエル:攻撃力0・Lv2》&《EMカレイドスコーピオン:攻撃力100・Lv6》&《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:攻撃力2500・Lv7》をP召喚。

 相手フィールドにP召喚されたモンスターがいるので、《EMカレイドスコーピオン》のモンスター効果を発動します。自分のPモンスター1体、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》は相手モンスター全てに1回ずつ攻撃ができます。


「EMカレイドスコーピオン」光【昆虫族・ペンデュラム】☆×6
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは相手フィールドの特殊召喚されたモンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
【P効果 青4/赤4】
①:自分フィールドの光属性モンスターの攻撃力は300アップする。
ATK100 DEF2300


OCGと比べると、制限を付けていますね。


 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:攻撃力2500》→攻撃→《パワー・ダーツ・シューター:攻撃力1800》

 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:攻撃力2500》→攻撃→《ロケット・ダーツ・シューター:攻撃力1900》

 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン:攻撃力2500》→攻撃→《アルティメット・ダーツ・シューター:攻撃力2400》


 《パワー・ダーツ・シューター》&《ロケット・ダーツ・シューター》&《アルティメット・ダーツ・シューター》は戦闘破壊されました。


 【シンゴ:LP4000→3800→2600→1200】


 《EMヒックリカエル》のモンスター効果により、《ブロック・スパイダー:守備力2400》を攻撃表示にして、守備力の半分を攻撃力とします。


「EMヒックリカエル」水【水族・ペンデュラム】☆×2
①:自分バトルフェイズに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの表示形式を変更し、その攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
【P効果 青3/赤3】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
ATK0 DEF800


 OCG通りならば、攻撃力2400ポイントになるでしょうか。


 《ブロック・スパイダー:攻撃力1200》→直接攻撃→シンゴ


  【シンゴ:1200→0】





【勝者:榊遊矢!】




 次回から、ショタっ子が登場。腹黒そうですな。




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

No title

このアニメ、演出過多で動きがゆっくりし過ぎているきらいがありますね。まるで、いつかのゼアルのようです。

5Dsのライディングデュエルなどは多少演出過多なところもありましたが、全体的にスピーディーで良かったと思っています。

このアニメは、上記の5Dsと同じ監督が作ったのにもかかわらず何故ここまで違いがあるのか、シリーズ構成やデュエルアシスタントが影響しているのか、非常に気になります。

とは言っても、このアニメはまだ始まったばかりなので、十分改善の時間はあると思います。その辺りがんばって欲しいと思いました。

遊矢は3枚目のアクションカードを拾おうとしましたけど、佐渡は同じ手は引っかからないと言ってましたけど、もしかして最初からアクションマジックは無くトラップしか無いとかですね。最後に追いつめられて負ける姿といいカードを奪う所はあの初代の虫ヤロー!?かと思いました。勝負がついたら「お前弱いだろ!」と言いたいですね。

No title

 マーキング・キングさん、レスありがとうございます。 今回のデュエルは、1話で終えられますからね。普段はスタンディングでやれば、テンポも良くなるかと思います。

1ターン:遊矢が《EMアメンボート》を召喚。
2ターン:シンゴが《デス・メテオ》を発動(ライフ調整)。モンスター3体をP召喚。

 こんな感じで進めれば、5ターンで終われそうです。ライディングは魔法カードが特殊な点を除けば、OCGに近いところもありますね。アクションという構成自体が足を引っ張っているようにも感じます。

 いい所もあるので、見守っていきたいと思います。

No title

 スターダストさん、レスありがとうございます。

 トラップ率が高いかもしれませんね。沢渡シンゴはアドバイスを受けながらプレイをしていたところもあり、強さはそれほどという感じかな。ダーツ・モンスターはP召喚をしなかれば揃えにくそうです。OPに登場していたので、再登場する可能性もあるかな。

まぁ再登場してもついて来る人いそうに無い気がしますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。