スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF-124 アンチ・ウィンドを突破せよ! 烈風帝ライザー


遊戯王アーク・ファイブ / 烈風帝ライザー(スーパー) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード遊戯王アーク・ファイブ / 烈風帝ライザー(スーパー) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード
()
遊戯王オフィシャルカードゲーム

商品詳細を見る

 重そうですけど。

 濁った煙霧が流れこんできた。《ハーピィ・レディ・SB》が気分悪そうに俯きだす。永続魔法《猛毒の霧》が発動されたのだ。風属性モンスターは攻撃力が500ポイントダウンして、特殊召喚も不可となる。ウィンはシンクロもエクシーズも封じられた。

 永続魔法《魔法族の聖域》も広がっている。魔法使い族以外を召喚できても、モンスター効果と攻撃が制限される。マジシャンが存在しなければ、自壊するようだが。《幻想の黒魔導師》により、ハイマジシャンを呼びだされる。メイ喜多嬉が包囲網を築いていく。

「モンスターを封じたに過ぎない。マジックかトラップで突破可能だ」

 ミザエルが呟いた。風属性使いにとっては邪魔なカードであるが、ウィンにとっては攻略不能でないはず。むしろ、《幻想の黒魔導師》が厄介ではないだろうか。モンスターを増やしながら、相手カードを除外していく。《コスモクイーン》の2枚目も投入されているに違いない。それでも、ウィンの両目は輝いている。ボクも勝利を信じているからね。



【4ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
メイ:《幻想の黒魔導師:攻撃力2500・R7・O×1》&《コスモクイーン:攻撃力2900・Lv8》&《ハーピィ・レディ・SB:攻撃力1300・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《猛毒の風》と永続魔法《魔法族の聖域》が発動中。

ウィン:無し。


「私のターン、ドロー。スタンバイフェイズです。《フューチャー・リロード》により、3枚ドローしますね。《ハーピィ・クイーン:攻撃力1900・Lv4》を召喚します」

「カード3枚をセットして、ターンエンド」

 鳥乙女の女王が羽ばたいてきた。露出過多な衣装が扇情的すぎる。《ハーピィ・クイーン》を手札から捨てれば、《ハーピィの狩場》をサーチできたが。モンスターは他にいないから、召喚するしかない。《猛毒の風》を受けて、攻撃力1400ポイントにダウン。魔法使いでないから、《ハーピィ・レディ・SB》への攻撃宣言はできない。何を仕掛けたかで、勝負は決まるだろう。



【5ターン目:メイ】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
メイ:《幻想の黒魔導師:攻撃力2500・R7・O×1》&《コスモクイーン:攻撃力2900・Lv8》&《ハーピィ・レディ・SB:攻撃力1300・Lv4》が攻撃表示。永続魔法《猛毒の風》と永続魔法《魔法族の聖域》が発動中。

ウィン:《ハーピィ・クイーン:攻撃力1400・Lv4》が攻撃表示。魔法&罠カードゾーンにカード3枚をセットしている。


「私のターン、ドロー。ORU1体を取り除いて、《幻想の黒魔導師》のエフェクト発動!」

「風属性モンスターがいるので、罠カード《ウィンド・バインド》を発動! 《幻想の黒魔導師》のモンスター効果を、エンドフェイズまで封印します」

 精霊風が吹いてきて、《ブラック・マジシャン》そっくりな魔導師を縛りだす。これで、ハイマジシャンを増やせない。カード除外も不可能となった。ウィンの額から汗粒が滑っていく。何かを怖れて、緊張を漏らしているようだ。

「それならば、モンスターで総攻撃するまでよ!」

「速攻魔法《月の書》により、《コスモクイーン》を裏守備表示にします。さらに、速攻魔法《収縮》を発動! 《幻想の黒魔術師》の攻撃力を半分にしますね」

 《ハーピィ・クイーン》が飛翔して、華麗に舞いだす。デュエルホール全体が暗闇に覆われた。フルムーンが天井付近から月光を注いでくる。《コスモクイーン》が裏向きカードにされた。グリーンのポニーテールが揺れる。セクシーダンスに見惚れてか、《幻想の黒魔術師》の手が止まった。攻撃力1250ポイントへダウン。その隙を逃さない。《ハーピィ・クイーン》の爪攻撃が刺さり、戦闘破壊に成功する。メイ喜多嬉のライフが3850ポイントへ抉られる。

「魔法使いが全滅しましたね。《魔法族の聖域》を保てません」

 ウィンが危惧していたのは、魔法使いを召喚されることか。メイ喜多嬉は上級モンスターを多用している。手札事故も起こりやすい。ここまでが、上手く運びすぎていたけど。《魔法族の聖域》は見事に崩れた。メイ喜多嬉は腕を組んで、余裕を表す。

「さすがは、ウィンですわね。《コスモクイーン》は守備力2950ポイント。《ハーピィ・レディ・SB:守備力1300》を守備表示にしてターンエンド」



【6ターン目:ウィン】LP4000、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
メイ:《ハーピィ・レディ・SB:守備力1300・Lv4》が守備表示。モンスター1体を裏側守備表示でセットしている。永続魔法《猛毒の風》が発動中。

ウィン:《ハーピィ・クイーン:攻撃力1400・Lv4》が攻撃表示。


「私のターン、ドロー。このカードに賭けるしかないですね。手札から速攻魔法《ハーピィ・クイーンの号令》を発動します。鳥獣族である《ハーピィ・レディ・SB》を返してもらいます。1枚ドロー」

 《ハーピィ・レディ・SB》が《ハーピィ・クイーン》の下へと帰っていく。鳥獣族のバウンスもできるカードだ。《霞の谷の神風》とも相性抜群である。カードを引きこんでから、ウィンが目を瞬かせた。ミザエルが指を鳴らす。

「勝利の風が吹いてきました。《ハーピィ》2体をリリースして、《烈風帝ライザー:攻撃力2800・Lv8》をアドバンス召喚します。この召喚により、特殊能力を発動しますね。フィールドの《猛毒の風》と、相手墓地の《ネオ・アクアマドール》をデッキへ戻します。風属性モンスターをリリースしたので、《コスモクイーン》を手札に戻します」

 《風帝ライザー》の強化版が、ハリケーンを呼びこむ。好きな順番で、カードをデッキトップに置ける。《猛毒の風》を置いてから、《ネオ・アクアマドール》を重ねる。《猛毒な風》を直後に使用できない。《コスモクイーン》も除去されたので、相手フィールドはがら空きだ。

「《烈風帝ライザー》でダイレクト・アタック!」

 鳥鎧魔人が強風を放つ。メイ喜多嬉が床に叩きつけられて、ライフを1050ポイントまで減らされた。さっき使用しなかったカードは何であろう。デッキロックをされてしまい、彼女の表情が陰っていく。永続魔法による妨害より残酷だ。上級モンスターを多様しすぎせいもあり、メイ喜多嬉の勝利は絶望的となった。項垂れるようにエンド宣言を呟くのみ。

「そんな。ダメージさえも与えていないのに……」



 8ターン目にして、ウィンは勝利した。《烈風帝ライザー》の直接攻撃で決まり。メイ喜多嬉は悔しさを抑えてから、笑顔で握手に応じた。これを発条として、自らを高めていくだろう。彼女は強そうだから。拍手歓声を浴びながら、ウィンが見上げてきた。親指を立てて、おめでとうとメッセージ。ミザエルを見つけたせいか、ウィンが微妙そうな顔を過ぎらせた。コロンちゃんがいないと思えば、恵ちゃんの膝上ではしゃいでいた。



 また、強い視線が刺してきた。



 ウィンに誘われて、女子寮の大浴場でのバスタイム。恥ずかしくて個部屋のを利用していたけど、さすがに断りきれない。ボクが入ると、えらく盛りあがりだした。タオルで完全ガードをするも、自分だけなので目立ってしまう。逆に羞恥心が湧いてきた。心の壁を崩してしまえば、リラックスできるのも早い。広くて解放感もあるからね。今まで、何を頑なに守ってきたのだろう?

「ツァンが来てくれて、これからのバスタイムは楽しくなります。コロンちゃんも入ればいいのに」

「さすがに、彼女は無理そうだけど」

 湯気濃厚で疲労も流れていきそうだ。柑橘系の香りに満ちている。ウィンも人心地がついた様子で、一先ずの安堵を吐ける。今夜は悪夢が訪れないことを願う。両手足を伸ばしてから、うーんと全身を解していく。

「ツァンが背中を触ってきて吃驚しましたよ」

「い、いや。手が滑っただけだから!」

 ウィンが湯船中で近づいてきたので、顔を背けてしまう。ミザエルとのデュエルで、ウィンは天使のように白翼を広げていた。すっかりと見惚れてしまい、今でも脳裏に焼きついている。肩甲骨には痕跡も残ってない。みんなは見慣れているようだが、嫉妬心を刺激されそうなほどに綺麗だ。人間離れしているというか、人間じゃないんだね。……そんなの関係ない。

「挑戦者は多いけど、疲れたら無理をしなくていいよ」

「ぜんぜん、平気です。心の整理もついてきましたので」

「そういえば、安田宇里亜ちゃんが来るそうですね。楽しみですー」

「ウィンなら仲良くなれるよ。いろいろな意味で、ちょっと心配かも……」

「ツァンもなれると思います」

「まぁ、ボクなりに頑張ってみるよ」

 あまり長居していると、のぼせてしまう。何となく天井を見上げると、眼球と視線が交わった。心臓が早鐘を打ちだす。目を擦ると、天井は白一色に戻っていた。ウィンが心配そうに、両肩を揺さぶってくる。ボクには見覚えがあるものだ。



 ドン・サウザンドの視線は、ウィンを見張り続けていた。





【TF-その124】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。