スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFSP-3 海の支配者! 超古深海王シーラカンス


遊戯王カード 【 超古深海王シーラカンス 】 PTDN-JP034-N 《 ファントム・ダークネス 》遊戯王カード 【 超古深海王シーラカンス 】 PTDN-JP034-N 《 ファントム・ダークネス 》
()
コナミデジタルエンタテインメント

商品詳細を見る

 クロウのニューカードが続々と。

 クロウは今にも倒れそうであった。バリアンとの激闘により、心身消耗は激しいものがある。海野幸子という少女は、ドン・サウザンドの支配を受けているようだ。バリアンの黒紋章が、彼女に膨大なるカオスをもたらしている。ダメージが実体化しているも、クロウは意地でも踏ん張る。海底に沈められた緑地公園にて、ダークデュエルが深まっていく。



【4ターン目:クロウ】LP1600、ドローフェイズ後の手札2枚

(フィールド)
海野:《素早いマンボウ:守備力300・Lv1》が守備表示。フィールド魔法《伝説の都アトランティス》が発動中。

クロウ:永続罠《ウィキッド・リボーン》により特殊召喚された《BF-アーマード・ウィング:攻撃力2500・Lv7》が攻撃表示。《BF-ブラック・クレスト・トークン:守備力800・Lv2》2体が守備表示。永続魔法《黒い旋風》が発動中。


「俺のターン、ドロー。《BF-隠れ蓑のスチーム:攻撃力800・Lv3・チューナー》を召喚。《黒い旋風》により、《BF-突風のオロシ:攻撃力400・Lv1・チューナー》をデッキから手札に加える。《BF》が存在するんで、一気に特殊召喚だっ!」

「レベル7《BF-アーマード・ウィング》に、レベル1《BF-突風のオロシ》をチューニング!」

「黒き疾風よ! 秘めたる想いを、その翼に現出せよ! シンクロ召喚 !舞いあがれ、《ブラックフェザー・ドラゴン:攻撃力2800・Lv8》!」

「《BF-突風のオロシ》がシンクロ素材にされたんで、《素早いマンボウ:攻撃力1200》を攻撃表示に変更する」

 クロウのエースモンスターが飛翔した。ピアスンから託された願いが、黒翼を力強く羽ばたかせている。《BF-突風のオロシ》が海中を高速飛行していき、《素早いマンボウ》に体当たりを喰らわせた。攻撃表示に起きあがらせることで、戦闘ダメージも与えられる。宮田ゆまが感心深げに、クロウのプレイングを眺めている。シンクロは始まったばかりだ。


「レベル2《BF-ブラック・クレスト・トークン》に、レベル3《BF-隠れ蓑のスチーム》をチューニング! 《BF-煌星のグラム:攻撃力2200・Lv5》をシンクロ召喚!」

「このシンクロ召喚により、《BF-熱風のギブリ:守備力1600・Lv3》を手札から特殊召喚する。モンスター効果を無効にしてな。《BF-隠れ蓑のスチーム》がフィールドから離れたことで、《スチーム・トークン:守備力100・Lv1》を特殊召喚!」

 白銀鎧の黒翼騎士が、《BF-熱風のギブリ》を呼び寄せる。レベル4以下のチューナーという制限付きであるも、さらなるシンクロへの布石となってくれる。《スチーム・トークン》も役立つものだ。《BF-隠れ蓑のスチーム》には、デュエル中に1度しか使用できない特殊能力があるからな。レイン恵も白猫を抱えながら、しっかりと目に焼きつけている。


「《スチーム・トークン》をリリースして、《BF-隠れ蓑のスチーム:守備力1200・Lv3・チューナー》を墓地から特殊召喚する」

「レベル3《BF-熱風のギブリ》に、レベル3《BF-隠れ蓑のスチーム》をチューニング!」

「漆黒の力! 大いなる翼に宿りて、神風を巻きおこせ! シンクロ召喚! 吹きすさべ、《BF-アームズ・ウィング:攻撃力2300・Lv6》!」

 武装鳥人が銃剣を片手にして、フィールドに着地した。シンクロ召喚の三連続に、海野幸子も唖然としている。《BF-隠れ蓑のスチーム》がフィールドから離れたので、《スチーム・トークン:守備力100・Lv1》が特殊召喚される。2種類のトークンを含めて、クロウのフィールドはモンスターで埋めつくされた。手札を使い果たして、怒涛の連続攻撃が始まろうとする。


「《ブラックフェザー・ドラゴン》で《素早いマンボウ》に攻撃する」

「《素早いマンボウ》が戦闘破壊されたので、魚族モンスター《フィッシュボーグ-プランター》をデッキから墓地へ送る。《BF-アームズ・ウィング》は貫通アタックができますわね。《素早いマンボウ:攻撃力1000・Lv2》をデッキから攻撃表示で特殊召喚しますわ」

 《ブラックフェザー・ドラゴン》がスパイラルブレスを息吹いて、《素早いマンボウ》を海の藻屑にした。1600ポイントものバトルダメージが、相手ライフを2400ポイントにまでダウンさせる。《BF-アームズ・ウィング》は守備表示モンスターに仕掛けると、500ポイントのパワーアップをする。《素早いマンボウ》を守備表示で特殊召喚すれば、2500ポイントの戦闘ダメージを受けてしまう。海野幸子は攻撃表示で特殊召喚せざるをえない。

「《BF-煌星のグラム》と《BF-アームズ・ウィング》で攻撃する」

 《素早いマンボウ》のリクルート効果を活かそうにも、ダメージを回避できない。墓地に魚族モンスターを落としつつ、同名モンスターを呼びだしていく。《素早いマンボウ》たちは斬られて撃たれて、攻撃表示のままに戦闘破壊されていく。海野幸子はライフ300ポイントにまで追いこまれた。その表情に敗北感は滲んでない。むしろ、ライフが失ってないことに希望を感じているようだ。

「カードは手札に残っていない。ターンを終わらせるぜ」



【5ターン目:海野】LP1600、ドローフェイズ後の手札4枚

(フィールド)
海野:フィールド魔法《伝説の都アトランティス》が発動中。

クロウ:《ブラックフェザー・ドラゴン:攻撃力2800・Lv8》&《BF-煌星のグラム:攻撃力2200・Lv5》&《BF-アームズ・ウィング:攻撃力2300・Lv6》が攻撃表示。《BF-ブラック・クレスト・トークン:守備力800・Lv2》&《スチーム・トークン:守備力100・Lv1》が守備表示。永続魔法《黒い旋風》が発動中。


「ライフポイントが尽きないかぎり、勝機の可能性はありますわ。私のターン、ドロー。魔法カード《強欲なウツボ》を発動! 手札の水属性モンスター2枚をデッキへ戻して、3枚ドロー」

「私のフィールドには、モンスターがいません。水属性モンスター《神竜アクアハザル》を捨てることで、《フィッシュボーグ-アーチャー:攻撃力300・Lv3・チューナー》を墓地から浮上させる」

「《フィッシュボーグ-アーチャー》をリリースして、《超古深海王シーラカンス:攻撃力2800・Lv7》をアドバンス召喚!」

 アシカとカワウソが球体水槽に入ったような人馬機械。どう考えても、魚族である要素は見つからない。そいつをアドバンス素材として、巨大怪魚が呼びだされた。《伝説の都アトランティス》により、レベル6にまでダウンしている。リリースを減らせるわけだ。

「《ウォ―ター・ハザード》を手札から捨てることで、モンスター効果を発揮しますわ! 《竜宮の白タウナギ:攻撃力1700・Lv4・チューナー》2体と《レインボー・フィッシュ:攻撃力1800・Lv4》2体を、デッキから特殊召喚!」


「レベル3《レインボー・フィッシュ》に、レベル3《竜宮の白タウナギ》をツイン・チューニング!」

「海王竜の召使いよ! わたくしの命に従い、現れなさい! シンクロ召喚! 《ポセイドン・フィッシュ:攻撃力2400・Lv6》!」

 《超古深海王シーラカンス》の雄叫びにより招集されたモンスターは、攻撃宣言ができない。シンクロやエクシーズ素材にすれば、デメリットなど埒外となるだろう。巨魚2匹が海底神殿から泳いできた。シンクロ召喚に成功すれば、《海》をデッキサーチできるようだ。海野幸子の手札に《伝説の都アトランティス》が集まりだす。

「《超古深海王シーラカンス》と《ポセイドン・フィッシュ》2体でアタック!」

 《超古深海王シーラカンス》が鈍重に泳いでいき、《ブラックフェザー・ドラゴン》を丸呑みにした。《BF-煌星のグラム》と《BF-アームズ・ウィング》も、《ポセイドン・フィッシュ》に捕食される。クロウのライフが700ポイントにまで追いつめられる。海野幸子が魔法を唱えると、光剣が雨嵐のように降ってきた。眩い牢獄が築かれていく。

「魔法カード《光の護封剣》を発動! 攻撃は完全封印される。もう、あなたに勝てるチャンスはありません。ターンエンド」



【6ターン目:クロウ】LP700、ドローフェイズ後の手札1枚

(フィールド)
海野:《超古深海王シーラカンス:攻撃力3000・Lv6》&《ポセイドン・フィッシュ:攻撃力2600・Lv5》2体が攻撃表示。通常魔法《光の護封剣》&フィールド魔法《伝説の都アトランティス》が発動中。

クロウ:《BF-ブラック・クレスト・トークン:守備力800・Lv2》&《スチーム・トークン:守備力100・Lv1》が守備表示。永続魔法《黒い旋風》が発動中。


「ライフが残っているかぎり、勝利のチャンスはあるんだろう? 俺のターン、ドロー。トークン2体をリリースして、《BF-激震のアブロオロス:攻撃力2600・Lv7》をアドバンス召喚! 《黒い旋風》により、《BF-月影のカルート》をデッキから手札へ加える」

「1000ポイントのパワーダウンをすることで、《BF-激震のアブロオロス》の特殊効果を発動! 相手の魔法・罠カード全てを手札へ戻す」

「《BF-激震のアブロオロス》で《ポセイドン・フィッシュ》に攻撃する。《月影のカルート》を手札から墓地送りにすることで、1400ポイントのパワーアップ!」

 梟の鳥戦士が、鉄棍棒を回してから振りおろした。激震が海中を走っていき、ボーリングのピンを倒すように《光の護封剣》を吹きとばす。フィールド魔法が消されたことで、《ポセイドン・フィッシュ》は攻撃力2400ポイントに戻された。《BF-激震のアブロオロス》は《月影のカルート》の支援風を浴びて、攻撃力3000ポイントにまで昂ぶっている。野良猫たちが物欲しそうに巨魚を見上げている。黒風が吹きすさぶような空中攻撃により、海王魚が潰された。

 ラストアタックを受けて、海野幸子の勝機は失われた。



「どこまでも、シグナ―は邪魔をしてくれるものだ」

 海野幸子が敗北すると同時に、彼女から魔人影が噴きだしてきた。赤眼が腹部に開いている。そいつがクロウを睨みおろす。ダークデュエルのダメージが圧し掛かり、体を思うように動かせない。宮田ゆまのデッキから、《M・HERO ディケイド》が様子を伺っている。何者かが飛びこんできた。ドン・サウザンドの影を殴りつけて、容赦なく霧散させた。

「お前は、アリト?」

 褐色肌の青年が、ウィンクを爽やかに煌めかせた。





【TFSP-その3】




テーマ : 遊★戯★王 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。